馬連フォーメーションを完全解説!最強におすすめの買い方(組み方)や予想のコツも大公開!

・買い方の説明
・おすすめの買い方
・予想のコツ

当記事では、競馬勝ち組の私が、馬連フォーメーションの全てを解説します。

これを読めば、馬連フォーメーションで勝つ確率がグンと上がること間違いなし!

興味ある箇所だけでも、是非目を通して下さい。

2020年、無料予想で+1,123,800円を記録した『ARCANUM』。

先週日曜の福島5Rでも、馬連44.7倍/馬単66.6倍のダブルヒットで111,300円の払戻金を得る など、その勢いはまだまだ続いております。

◎1月:+767,300円!
◎2月:+115,500円!
◎3月:+665,600円!

48鞍中22鞍的中!
1~3月期に記録した50%近い的中率を見ての通り、安定感は健在。

◎白百合ステークス:馬単18,350円!
◎青嵐賞:馬単45,120円!

日本ダービー当日には、無料予想2鞍中2鞍で馬単万馬券的中と破壊力も抜群!

◎中山GJ:29,600円獲得!
◎ダービー卿CT:60,800円獲得!
◎金鯱賞:756,200円獲得!
◎弥生賞:186,600円獲得!
◎京都牝馬S:78,000円獲得!

時に提供する重賞無料予想でも安定感と破壊力を兼ね備えているとなれば、参考にしない手はありません!

『ARCANUM』が提供する無料予想は、毎週土日各2鞍、土日計4鞍!

これまで参考にしていなかった人は、今週からその予想を参考にし、夏競馬、バリバリに楽しんで下さいね!

予想を見る為に必要なのも、以下の3ステップだけととても簡単ですよ!

(1)こちらをクリック
(2)ページ上部からメールアドレスを送信
(3)返信メール内にあるURLをクリック

馬連フォーメーションとはどんな買い方をする馬券?

馬連フォーメーションとは、1頭目と2頭目をそれぞれ指定し、その全組み合わせの馬連を買う買い方です。

例えば、1頭目に1~2番、2頭目に1~4番を指定したとします。

1頭目:1、2
2頭目:1、2、3、4

この場合、購入される馬連は、以下の5通りになります。

・1-2
・1-3
・1-4
・2-3
・2-4

買い目は全て、同じ金額で均等に購入されます。

この場合なら、1点100円で買うなら合計500円。1点400円なら合計2,000円になる訳です。

購入した組み合わせの内、どれか一つの結果となれば、馬券は的中となります。

買い目点数の計算方法は?

馬連フォーメーションは、買い目点数が何通りか計算しづらいです。

いざ買ってみたら、思った以上の買い目点数となる可能性もあるので、使い慣れるまで、買う前にきちんと買い目点数を計算することをおすすめします。

その為におすすめなのが、JRAが公式に発表している計算ツールです。

こちらをクリックした先にあるツールに、実際マークする買い目と同じ買い目を入力すると、買い目点数が何通りになるか一瞬で計算してくれる優れものです。

利用に料金は必要ありませんので、是非活用することをおすすめします。

メリットやデメリットは?

馬連フォーメーションのメリットは、組み方が自由自在にできる点です。

馬連流しの場合、1頭の軸馬から相手に選んだ全頭の組み合わせの購入。

馬連ボックスの場合、選んだ馬同士の全組み合わせの購入と、組み方が決まっています。

それに対し馬連フォーメーションは、自分の好きな形に、どんな組み方もできます。

つまり、自分の予想を完璧に、馬券に反映することが出来る訳ですね。

馬連フォーメーションのデメリットは、正直、特にありません。

今説明した通り、馬連フォーメーションは、自分の予想を完璧に、馬券に反映できます。

馬券の買い方としては理想的であり、デメリットらしいデメリットは特に存在しません。

強いてデメリットを挙げるなら、同じフォーメーション内で購入金額に強弱をつけられないこと位でしょう。

最強におすすめの馬連フォーメーションの組み方は?

今説明した通り、馬連フォーメーションのメリットは、どんな組み方も自由自在な点です。

ただ、あまりに自由過ぎる為、「どんな組み方が最も効果的なのか?」逆に迷ってしまう人もいると思います。

そこでここからは、当記事おすすめの馬連フォーメーションを紹介します。

結論から言うと、当記事が最強だと考える馬連フォーメーションは、1頭目2頭指名、2頭目7頭指名するもの。

1頭目:1、2
2頭目:1、2、3、4、5、6、7

何故この組み方を最強と考えるのか?

その理由については、以下で詳しく解説します。

1頭目2頭指名で的中率と回収率共に高い数字を期待できる

馬連フォーメーションを組む際、最も重要となるのは1頭目の指名馬です。

勿論、2頭目の指名馬が重要でない訳ではありません。

ただ、指名馬の数を比較した場合、2頭目より1頭目が少ないことが殆どです。

2頭目より1頭目が外れて不的中になる可能性が高いことを含め、1頭目の方が、的中率や回収率に与える影響が大きい訳です。

当記事がおすすめする1頭目を2頭指定する馬連フォーメーションは、その的中率と回収率、共に非常に高い数字を期待できる優れものです。

勿論、その為には、指名馬の選び方にコツが必要です。

的中率にも回収率にも優れた馬連フォーメーションを組む為に、1頭目に指名する2頭を、以下のように選んで下さい。

(1)高い的中率を期待できる馬を1頭
(2)高い回収率を期待できる馬を1頭

この選び方をすれば、(1)で的中率を、(2)で回収率を、それぞれ担保できます。

2頭の具体的な選び方については、記事の後半部分で解説します。

2頭目7頭指名で買い目のバランスが更に優れたものになる

2頭目7頭指名をおすすめする理由も、的中率と回収率のバランスを意識したものになります。

馬券を買う上で、ヒモ抜けを避けるには総流しをするしかありません。

しかし、総流しをすれば買い目が増える分、的中時の回収率は落ちてしまいます。

その為、ヒモを選ぶ時は、ヒモ抜けのリスクと回収率を天秤にかける必要がある訳です。

馬連フォーメーションにおいて、当ブログがそのバランスが最も良いと考えるのが、2頭目7頭指名。7頭中2頭は1頭目とする、実質5頭指名です。

2頭目を5頭選べば、一定の予想力がある人なら、ヒモ抜けの確率をある程度抑えられます。

また、この買い目点数なら、トリガミは勿論、的中時の回収率が低くなるケースも少なく済みます。

勿論、その為にはこちらも、選び方にコツが必要にはなります。

おすすめは、2頭目に選ぶ5頭の人気を分散させる方法。

こうすることで、1頭目に選ばれるであろう上位人気馬や穴馬と合わせ、以下のような様々な組み合わせの馬連が購入されるからです。

・上位人気馬×上位人気馬
・上位人気馬×人気馬
・上位人気馬×中人気馬
・上位人気馬×穴馬
・上位人気馬×穴馬
・上位人気馬×大穴馬
・穴馬×上位人気馬
・穴馬×人気馬
・穴馬×中人気馬
・穴馬×穴馬
・穴馬×大穴馬

これにより、堅い決着から大波乱の決着まで様々な的中に対応出来る、的中率にも回収率にも高い期待を持てる馬連フォーメーションが完成する。

人気を分散させて5頭を予想するコツは、次の項目で具体的に解説します。

馬連フォーメーションの予想のコツは?

ここまで、当記事がおすすめする馬連フォーメーションの組み方を解説してきました。

本文内で触れた通り、このフォーメーションを最大限に活かすには、1頭目と2頭目、それぞれを選ぶ予想のコツが必要となります。

ここからは、その具体的な予想法について解説します。

1頭目を予想するコツは?

(1)高い的中率を期待できる馬を1頭
(2)高い回収率を期待できる馬を1頭

先ほど解説した通り、1頭目の2頭は、これを意識して選ぶことが重要となります。

(1)については、あまり問題ないでしょう。

ほとんどの人は、普段馬券を買う時も、「そのレースの中で馬券に絡む確率が最も高いと判断した馬」を中心に馬券を組んでいるはずだからです。

この馬連フォーメーションを組む時も、その意識で予想し、本命馬を(1)に選べば問題ありません。

・普段の本命馬(軸馬)の的中率があまり良くない
・高い的中率を期待できる馬を選ぶ自信がない

そういった人の場合は、『軸馬(本命馬)のおすすめの選び方とは?この3つを意識するだけで的中率はグンと上がる!』を参考にしてみて下さい。

そちらの記事で、2着以内に入る可能性が高い馬の具体的な見つけ方を解説しています。

(2)の方は逆に、選ぶのを悩んでしまう人も多いと思います。

高い回収率を期待できる馬とは、ごく単純に言えば穴馬です。

穴馬は、普段意識して予想していない人も多い、もしくは、予想していたとしても当てるのが難しいと感じる人が多いでしょう。

そこでおすすめなのが、『暴露王』の穴馬予想を参考にすること。

『穴馬のおすすめの見つけ方とは?3つの激走パターンと穴馬予想の裏技を大公開!』でも解説している通り、『暴露王』の穴馬予想は本当によく当たる。

「毎年万馬券を300本的中させることを公約とし、何年も連続でその公約を達成し続けている」と言えば、その穴馬予想がいかによく当たるか分かるでしょうか?

以下の手順でメールアドレス登録するだけで、毎週土日3鞍、週に計6鞍、『暴露王』の穴馬予想を無料で見ることが出来ます。

(1)こちらをクリック
(2)ページ上部からメールアドレスを送信
(3)返信メール内にあるURLをクリック

穴馬予想に自信がない人は、是非参考にしてみて下さいね。

2頭目を予想するコツは?

2頭目に選ぶ5頭は、人気を分散させることを意識すると解説しました。

普段からそれを意識している人は、いつも通りの予想で問題ありません。

逆に、普段人気の分散を考えていない人は、慣れるまで、人気馬がヒモに並びがちになってしまうと思います。

その場合におすすめなのは、出走馬を人気別にグループ分けした予想を意識することです。

18頭立て説明すると、例えば以下のような形です。

(1)1~3番人気から1頭
(2)4~6番人気から1頭
(3)7~9番人気から1頭
(4)10~12番人気から1頭
(5)13~15番人気から1頭

これはあくまで一例ですので、実際には、3頭ずつの単純なグループ分けをしなくても問題ありません。

堅い決着になる可能性が高いレースであれば、1~6番人気から3頭選ぶなど、上位人気馬を多少重視する形をとるのも良いでしょう。

逆に波乱ムードのレースであれば、この例では除外している16番人気以下の馬を選ぶのも良いと思います。

『シンクタンク』が選ぶ5頭を2頭目にする

今週の重賞に関して言えば、『シンクタンク』の予想に丸乗りするのも良いと思います。

『シンクタンク』とは、日本競馬のレジェンド達が携わっている競馬予想サイト。

26年も運営が続いていることからも、多くの競馬ファンから高い支持を集めているのがよく分かります。

ここ3年で最も話題となった的中は2019年の有馬記念。

圧倒的1番人気アーモンドアイの評価を落とし、本命リスグラシューからド本線的中!

元騎手、元調教師、大物馬主、牧場関係者、騎手エージェント等。

各分野のプロフェッショナルが入手する関係者情報を分析することで、毎週数々の的中を生み出しています。

そんな『シンクタンク』が今週末、当記事から以下の手順でメールアドレス登録した人限定で、その予想を無料提供してくれることが決定!

(1)こちらをクリック
(2)ページ上部からメールアドレスを送信
(3)返信メール内にあるURLをクリック

提供するのは、『シンクタンク』が得意とする「信頼すべき有力馬!狙うべき穴馬!」を混ぜた5頭。

当記事がおすすめする馬連フォーメーションと相性バッチリの予想ですので、是非参考にしてみて下さい。

馬連フォーメーションを攻略して競馬で稼ごう!

今回紹介した馬連フォーメーションは、買い目点数が11通り。

1点100円なら、約1,000円で購入することができます。

馬券予算が多くない人でも気軽に買えるという意味でも、本当におすすめの買い方です。

これまで、どんな馬連フォーメーションが効果的か分からず悩んでいた人は、今週末から是非、この組み方を試してみて下さい。

勿論、当記事が紹介した組み方に、アレンジを加えた買い方をしても問題ありません。

競馬初心者の人にとっては、当記事の内容で、難しい部分もあったかもしれません。

その場合、大変かもしれませんが、何度か読み返して、当記事の内容をきちんと理解することをおすすめします。

当記事の内容を理解できれば、馬連フォーメーションで勝つ為に必要な知識が、最低限身に付くからです。

そこで身に付いた知識は必ず、これからの馬券生活において、長い間役に立ってくれます。

当記事の内容が、一人でも多くの人に参考になれば嬉しい限りです。

2020年、無料予想で+1,123,800円を記録した『ARCANUM』。

先週日曜の福島5Rでも、馬連44.7倍/馬単66.6倍のダブルヒットで111,300円の払戻金を得る など、その勢いはまだまだ続いております。

◎1月:+767,300円!
◎2月:+115,500円!
◎3月:+665,600円!

48鞍中22鞍的中!
1~3月期に記録した50%近い的中率を見ての通り、安定感は健在。

◎白百合ステークス:馬単18,350円!
◎青嵐賞:馬単45,120円!

日本ダービー当日には、無料予想2鞍中2鞍で馬単万馬券的中と破壊力も抜群!

◎中山GJ:29,600円獲得!
◎ダービー卿CT:60,800円獲得!
◎金鯱賞:756,200円獲得!
◎弥生賞:186,600円獲得!
◎京都牝馬S:78,000円獲得!

時に提供する重賞無料予想でも安定感と破壊力を兼ね備えているとなれば、参考にしない手はありません!

『ARCANUM』が提供する無料予想は、毎週土日各2鞍、土日計4鞍!

これまで参考にしていなかった人は、今週からその予想を参考にし、夏競馬、バリバリに楽しんで下さいね!

予想を見る為に必要なのも、以下の3ステップだけととても簡単ですよ!

(1)こちらをクリック
(2)ページ上部からメールアドレスを送信
(3)返信メール内にあるURLをクリック