馬連フォーメーションのおすすめの買い方は?最強に儲けるにはどうしたら良い?

馬連フォーメーションって、どう買うのが最強なんだろう?

気になる人、多いと思います。

・本命党
・バランス党
・穴党

この記事ではそれぞれの人に向け、軸馬やヒモの選び方を中心に、馬連フォーメーションのおすすめの買い方を紹介しています。

馬連フォーメーションで儲けたい人は是非、参考にすることをおすすめします。

高配当がよく当たる無料予想ってあるのかな…。

そんな人におすすめなのが、「高配当XXX」の無料予想です。

富裕層と同じ馬券で勝負する「高配当XXX」。

毎週のように、こうした予想を提供してくれています。

今週末は、メールアドレス登録した人に向け、こんなに当たる予想を無料で提供することが決定!

高配当がよく当たる無料予想を探していた人は是非!

今週末、「高配当XXX」の無料予想を参考にすることをおすすめします!

無料予想を見る

本命党の人におすすめの馬連フォーメーションの買い方は?

本命党の人におすすめの馬連フォーメーションの買い方は以下の通りです。

・軸馬は人気馬2頭
・ヒモ馬は3頭まで

買い目を印で表すと◎〇-◎〇△△△。買い目点数の上限は7点になります。

軸馬は的中率を重視する

軸馬を共に人気馬にするのをおすすめするのは、的中率を上げる為には、それが最も簡単だからです。

1番人気から3番人気までの馬の連対率は、それ以下の人気の馬と比べて群を抜いています。

その中から2頭を軸馬に選べば、少なくとも軸馬に関しては、7~80%の確率で的中させることが出来ます。

本命党の人が求めるのは、高い確率で馬券が当たることでしょう。

軸馬を2頭共人気馬にすることで、その目的を、かなりの確率で達成できる訳です。

ヒモ馬の点数もある程度絞る

ヒモ馬を3頭までと制限するのは、そうでないと、回収率を残すのが難しくなるからです。

いくら馬券が当たっても、トリガミ、収支がマイナスでは何の意味もありません。

軸馬が2頭共人気馬となると、配当はあまり大きなものを望めません。トリガミを避けるには、買い目点数をある程度減らすことで対応するしかない訳です。

勿論、点数を減らしさえすれば、ヒモの3頭をどう買っても良い訳ではありません。

仮に軸馬2頭を1~2番人気で指名した場合、ヒモ馬3頭が3~5番人気では、回収率の伸びが全く見込ないからです。

回収率のことを考えると、ヒモ馬3頭は『1~3番人気から1頭』『4~6番人気から1頭』『7番人気以下から1頭』、こんな感じで幅広い人気馬から選ぶことをおすすめします。

バランス型の人におすすめの馬連フォーメーションの買い方は?

バランス型の人におすすめの馬連フォーメーションの買い方は以下の通りです。

・軸馬は人気馬と穴馬を各1頭
・ヒモ馬はバランスを意識して4頭

買い目を印で表すと◎〇-◎〇△△△△。買い目点数の上限は9点になります。

軸馬は人気馬1頭に穴馬1頭

軸馬を人気馬1頭、穴馬1頭でおすすめするのは、それにより、的中率と回収率のバランスが取れるからです。

軸馬の内、1頭を人気馬とすることで、ある程度、的中率を確保することが出来ます。

それを担保にもう1頭の軸馬を穴馬とし、こちらで回収率を狙いにいく訳です。それにより、的中率と回収率のバランスを上手く取ることが出来るようになります。

注意して欲しいのは、重要なのはあくまで的中率と回収率のバランスを取ることで、必ずしも、人気馬1頭、穴馬1頭を軸馬にしなくてはいけない訳ではないことです。

レースによって、例えば3~5番人気から2頭選ぶなどの買い方をしても問題はありません。

ヒモ馬はバランスを意識する

ヒモ馬も、的中率と回収率のバランスを意識して買うことをおすすめします。

『1~2番人気から1頭』『3~5番人気から1頭』『6~9番人気から1頭』『10番人気以下から1頭』。例えるならこうした選び方です。

ヒモ馬の上限を4頭とするのは、バランスを意識した買い方をしても、実際には、人気サイドの馬券が当たる確率の方が高くなるからです。

時に穴馬が絡んだ良い配当が当たるとしても、的中の多くが人気サイドのものになることを想定すると、買い目点数は10点以下に抑えたいところ。

軸馬2頭で10点以下とするのはヒモ馬4頭までとなりますから、時に若干増えるのは良いとしても、基本的には、ヒモ馬は4頭までと考えることをおすすめします。

穴党の人におすすめの馬連フォーメーションの買い方は?

穴党の人におすすめの馬連フォーメーションの買い方は以下の通りです。

・軸馬は穴馬を2~3頭
・ヒモ馬は穴馬を含めて4~6頭

軸馬が2頭ならヒモは6頭前後、軸馬が3頭ならヒモは4頭前後。買い目点数の上限を15点前後として考えて下さい。

軸馬は全て穴馬にする

軸馬を全て穴馬にするのをおすすめするのは、狙った穴馬が2着以内に来た場合に馬券が当たる確率をなるべく高めたいからです。

人気馬を軸馬にして、気になる穴馬は全てヒモ馬で押さえるという考え方もあります。

ただその場合、仮に狙った穴馬が2着以内に来ても、軸馬が凡走してしまえば、馬券は外れてしまいます。

穴党の人にとって、狙った穴馬が馬券に絡んでいるのに馬券が外れるのは、悔やんでも悔やみきれない馬券の外し方でしょう。

それを避ける為には、狙った穴馬の方を軸馬にし、そこから手広く流すことで抜ける可能性を減らす方が得策な訳です。

気になる穴馬の全てを軸馬していたら買い目点数が増えすぎてしまいますが、ある程度強く狙いたい穴馬がいた場合、最大3頭までなら、軸馬にして良いと考えます。

ヒモ馬にも穴馬を積極的に入れる

ヒモ馬にも穴馬を積極的に入れるのをおすすめするのは、それにより、かなり高配当の馬連が当たる可能性が生まれるからです。

軸馬を全て穴馬としている時点で、馬券が当たれば、それなりの配当になることは保証されています。

それに加えてヒモ馬にも積極的に穴馬を入れることで、穴馬+穴馬の組み合わせの馬連が当たる可能性も大きく生まれてくる訳です。

この馬連フォーメーションの最大の狙いはその馬券を取り逃さないことであり、その為には、ヒモ馬にも積極的に穴馬を入れることをおすすめしたいのです。

だからといって、ヒモ馬の全てを穴馬にしては、せっかく軸の穴馬が来たのにヒモ抜けで外れたというケースが増えてしまいます。それは避けた方が賢明です。

意識としては、人気馬と穴馬を半々でヒモ馬を構成するのがベストだと言えます。

最強の馬連フォーメーションとは?

『本命党』『バランス党』『穴党』それぞれの人向けた馬連フォーメーションのおすすめの買い方を紹介してきました。

ある程度慣れるまで、これをそっくりそのまま使った馬連フォーメーションを買うと良いと思います。

でも、最終的におすすめするのは、そこに自分流のアレンジを加え、貴方にとっての最強の馬連フォーメーションを生み出すことです。

分かりやすくするために『本命党』『バランス党』『穴党』と分類をしましたが、本来人間は、単純に3つのパターンに分類できるものではありません。

貴方という唯一の存在には貴方だけの最強の馬連フォーメーションがあるはずであり、それは貴方でないと見つけることは出来ないのです。

今回紹介した馬連フォーメーションの考え方は、それを見つける為の、大きな参考になることは間違いありません。

良いところは吸収し、後は自分でアレンジを加える。

そうすることで、最終的には、貴方ならではの最強の馬連フォーメーションも作って下さいね!

今週末買うべき馬連の買い目を知りたい?

そんな人におすすめなのは、競馬セブンの馬連予想です。

2019年、G1の馬連だけで374万3000円の払戻金を得た競馬セブン。

その馬連予想を今週末無料で見られるのですから、使わない手はありません!

予想を無料で見る為に必要なのは、メールアドレスの登録のみ!

今週末おすすめの馬連買い目を知りたい人は是非!

競馬セブンの馬連予想、参考にしてみて下さいね!

競馬セブンの馬連予想を見る