馬連流しで儲ける方法は?軸馬や相手馬の選び方を簡単解説!

常に一定のファンのいる馬連。

昔は競馬入門=馬連でしたし、3連単が発売された今でも、競馬ファンから一定の支持を集め続けています。

そんな馬連の代表的な買い方と言えば、軸馬からの流し馬券でしょう。

「馬連を買う時はいつも軸馬流し!」

そんな人も多くいるほど、競馬ファンに浸透している買い方です。

そんな馬連軸馬流しですが、予想する際に大事なのは次の2点でしょう。

・どれを軸馬にするのか?
・相手馬は何にするのか?

この記事では、この2点を中心に、馬連軸馬流しの儲かる買い方について説明します。

とても簡単な解説となっていますので、馬連軸馬流しの買い方について悩んでいる人は、是非最後まで読んでみて下さいね。

馬連軸馬流しでの軸馬の選び方

馬連の軸馬を探す際、最も重要になのは連対可能性が高い馬を軸にすることです。

馬連軸馬流しは、軸馬が3着以下になった時点で全ての馬券が外れになることが確定します。何を差し置いてもまず、2着以内に入る軸馬を当てるのが重要になるのです。

では、その軸馬は具体的にどうやって選べば良いのか?

誰でも出来る、最も簡単な方法は次の2つです。

・1~2番人気のどちらかから選ぶ
・先行馬を選ぶ

以下で、それぞれについて解説します。

1~2番人気馬を馬連の軸にする理由

人気馬を軸馬にすると言うと「配当が低くてつまらない!」と言う人が必ず一定数います。

しかし、それでも僕は、軸馬は人気馬にすることを薦めます。

馬連で儲けるには、人気馬を軸馬にするのが最も簡単だからです。

繰り返しとなりますが、馬連は軸馬を当てなければ何も始まりません。

例えば、単勝1倍台の馬の連対率は毎年65~70%。何も考えずに軸馬にしても、10レースに7レースは2着以内に入ってくれる計算です。

単勝1~2番人気馬の連対率も、前者が約50%、後者が約35%と、以下の人気馬と比べ、圧倒的な連対率を誇っています。

穴馬を軸にするのは構いませんが、果たして貴方は、穴馬を軸馬にして、これだけの的中率を残すことが出来るでしょうか?

出来るのなら、穴馬を軸馬にしても良いでしょう。

しかし、仮に出来ないのなら、軸馬は素直に1~2番人気馬にし、穴馬はヒモで拾う方が長期的な回収率が上がるのは確実でしょう。

先行馬を馬連の軸にする理由

先行馬を馬連の軸に薦める理由も、人気馬同様、他の脚質の馬より連対率が高いことが統計的に証明されているからです。

脚質別の連対率を見ると、多くの条件で毎年、先行馬が最も高い数字を残しています。

サイレンススズカやディープインパクトのような圧倒的実力馬を除き、逃げ馬はハイペースになると、差し追込馬はスローペースになると、連対するのが難しくなります。

それと比べて先行馬は、ペースが早ければ少し離れた先団、ペースが遅ければ逃げ馬の真後ろにと、展開に合わせたレース運びをすることが出来ます。

先行馬の連対率が毎年高いのは、ただの偶然でなく、こうした有利さが原因になっていると考えます。

先行馬は直線で不利を受けづらいメリットもある為、人気馬の中でも、特に先行馬となれば、連対する可能性はより高くなってくる訳です。

馬連軸馬流しにおける相手馬の選び方

次に、馬連軸馬流しにおける相手馬の選び方を解説します。

意識して欲しいのは次の2点です。

・相手馬の人気を分散させる
・点数はなるべく絞る

1つずつ解説しましょう。

馬連の相手馬は人気を分散させる

馬連軸流しの軸馬は、人気馬を推奨すると説明しました。

この時に問題になるのは、仮に軸馬が1番人気だった際、相手に選ぶ馬が全て人気馬では、馬券が的中した時の配当が全て低くなってしまうことです。

いくら軸馬が人気馬だとしても、その馬が連を外す可能性はゼロではありません。

的中した時の配当が低いのが確実ならば、リスクとリターンが釣り合わなくてなってしまいます。

そこで必要となるのが、相手馬の人気を分散させることです。

中穴馬を1頭、大穴馬を1頭相手馬の中に入れれば、リスクとリターンのバランスが非常に良くなります。

だからこそ、馬連の相手馬は、人気を分散すると良いのです。

点数はなるべく絞る

勿論、だからと言って闇雲に、穴馬を相手馬に入れれば良いという訳ではありません。

馬連に限らず、馬券は、点数を増やせば増やすほど、回収率が伸びづらくなります。

穴馬が引っ掛かったとしても、相手馬を10点も買って的中させたのでは、人気馬同士の馬連1点買いを当てた時よりも、下手をすれば回収率は低くなってしまいます。それでは意味がありません。

穴馬を入れても点数を抑えるには、軸馬以外の人気馬で、馬券に絡む確率が低い人気馬が複数いるレースを選ぶと良いでしょう。

そうすれば必然的に、相手馬に中穴馬、ないし大穴馬が入ってきます。

やたらに点数を増やさずとも、買い目を絞ることに繋げることが出来ると思います。

馬連軸馬流しの理想は3点買い

総合的に考えると、馬連軸馬流しの理想は以下の通りになります。

・軸馬は1~2番人気馬
・相手は3点。内、最低1頭は穴馬。

軸馬選びについては、恐らく今週末から多くの人が実践することが出来るでしょう。

ですが、相手馬を3頭に絞る方は、難しいと感じる人もいるかもしれません。

そんな人は、次の方法を試すことをお薦めします。

今週末馬連3点買いで儲けるなら…

それは、競馬セブンの馬連3点無料予想の活用です。

2019年のNHKマイルCでの馬連172倍を筆頭に、重賞でも的中を量産している為、「競馬セブン=馬連の神」というイメージを持っている競馬ファンは多いでしょう。

自分で馬連を当てる自信がないなら、下手に自力で予想するより、競馬セブンの馬連無料予想を活用した方が、的中確率が上がる確率は遥かに高いと言えると思います。

詳しくは以下のリンク先を参考にしてもらえればと思いますが、彼らがここまで馬連を当てることが出来るのは、他にはない圧倒的な情報ネットワークを持っているからです。

メルマガを読めば分かる通り「トレセン」「馬主」「馬産地」から入手した独自情報はいずれも、非常に価値の高いものばかりです。

その情報を元にして導き出される馬連無料予想。

馬連を当てたい人なら、見ておいて損はありません!

競馬セブンの馬連無料予想を見る方法は…

1)こちらをクリック
2)ページ内のメールボックスにメールアドレスを登録
3)返信メール内にあるURLをクリック!

たったのこれだけ!

難しいことも、損することも何もありませんから、是非、登録してみることをお薦めします。

これを機に、1人でも多くの人が馬連の儲け方を学んでいただければ、嬉しい限りです。