馬連流しや馬連フォーメーションの儲かる買い方は?

馬連には、代表的な買い方が3つあります。

・ボックス
・流し
・フォーメーション

流しとフォーメーションについては、同じ買い方だと考えている人もいると思います。

でも、この2つは分けて考えるのが正解です。

馬連流しと馬連フォーメーションは、儲ける為の買い方が全く違うからです。

この記事では、馬連流しと馬連フォーメーション、それぞれの儲かる買い方を解説します。

馬連で儲けることに興味がある人は、是非最後までお読み下さい。

いよいよ競馬界にもAIが進出。

独自のデータマイニングを使っている人達は、2020年1月26日、たった1日でこんな払戻金を手にしています。

・小倉01R 3連単20点 1,690,050円
・中山06R 3連単12点 1,463,280円
・小倉03R 3連単12点  748,260円
・小倉10R 3連単10点  659,600円
・中山02R 3連単10点  429,250円

今週末は、その予想が無料で見れる特別キャンペーンが開催中!

少しでも興味がある人は、是非彼らの予想を参考にしてみて下さい。

無料で予想を見る

馬連流しで儲かる買い方は?

馬連流しとは、1頭の軸馬から、他の馬へ流す買い方です。

その方法で稼ぐ為に最も重要となるのは、軸馬を当てることです。

馬連流しは、軸馬が3着以下になった時点で、馬券の外れが確定するからです。

ですから、馬連流しで儲けるにはまず、高確率で軸馬を当てることが最低条件になる訳です。

軸馬の選び方は?

それでは、高確率で軸馬を当てる為にはどうすれば良いでしょうか?

最も簡単なのは「1番人気馬を軸馬にする」ことです。

単勝人気別の連対率を見ると、毎年、人気順に連対率が高くなっています。

中でも1番人気は約50%と、2番人気以下と比べ、高い連対率を誇っています。

軸馬を当てることを考えた時、これは非常に頼りになる数字です。

1番人気を軸にすれば、何も考えずとも、2回に1回は2着以内に入るのがデータで示されている訳です。

真剣に予想すれば、70%、80%と、その確率を更に高くすることも夢ではなくなってくる訳です。

相手馬の選び方は?

ただ、1番人気馬を軸馬にする方法には、1つデメリットがあります。

それは、的中した時の配当が安くなってしまうことです。

しかし、そのデメリットは、次の2つを意識することで解決できます。

1つめは、相手馬を3点以内にすること。

配当が安いと言っても、馬連ですから、7~20倍は充分に望めます。

勿論、時にそれ以下の配当に終わることもあるでしょう。

でも、平均で考えれば、極端に安い配当になることはありません。

それを3点以下で高確率で当てれば、収支はプラスに落ち着きます。

2つめは、相手に1頭は穴馬を入れることです。

1番人気馬が軸でも、相手馬が穴馬なら、先ほど挙げた20倍より高い配当になる可能性は充分あります。

時にそうした配当を当てることで、回収率が大きく伸びるのです。

買い目の中に穴馬がいなければ、高配当は絶対に当たりません。

それを当てる為に、相手馬の中に、穴馬を1頭入れることを意識することをおすすめします。

相手馬選びに自信のない人は…

・軸馬は1番人気
・相手は3点以内、内1頭が穴馬

多くの競馬ファンが馬連流しで儲ける最も簡単な方法は、ここまで解説してきたこの形です。

ただ、「そうは言われてもこの方法で稼げる自信がない」という人も、中にはいるでしょう。

そんな人には、競馬セブンの馬連3点予想を無料で見ることをおすすめします。

「トレセン」「馬主」「馬産地」等、圧倒的なネットワークを背景に、毎週のように的中の山を築いている競馬セブン。

2019年で言えば、NHKマイルCでの馬連172倍的中を筆頭に、G1でも数々の馬連を的中させました。

自分で馬連3点で当てる自信がない人も、競馬セブンの予想を見ることで、その悩みは解決するはずです。

ちなみに、競馬セブンは、今週末メールアドレス登録した人向けに、馬連3点予想を無料で提供する予定です。

馬連3点を、自分で予想して当てる自信がない人は是非。

今週末、競馬セブンの予想を参考にしてみて下さい。

無料で馬連3点予想を見る。

馬連フォーメーションで儲ける買い方とは?

次に、馬連フォーメーションで稼ぐ為の買い方を解説します。

馬連流しの軸馬が1頭なのに対し、馬連フォーメーションは、軸馬を2頭以上指定する買い方です。

そんな馬連フォーメーションで儲けるには、買い方を固定することが重要になります。

軸馬を2頭以上指定出来る分、馬連フォーメーションは、馬連流しと比べて、買い方の幅が広がります。

これは本来良いことなのですが、人によって、それが悪い方向へ作用してしまう可能性が生まれてしまうからです。

典型的なのは、買い方が自由だからといって、とんでない買い方で買い続けてしまう人。

そうなると、いくら頑張っても馬連フォーメーションで稼げるようにはなりません。

それを避ける為に、馬連フォーメーションは、稼げる買い方を知り、それに固定して買うことが重要になる訳です。

軸馬の選び方は?

では、馬連フォーメーションで稼ぐ為に、軸馬はどう選べば良いのでしょう?

ポイントは2つです。

1つめは、軸馬は2頭にすること。

馬連フォーメーションは、軸馬を2頭以上指定出来ます。

極端な話、5頭、6頭と指定することも出来る訳です。

ですが、軸馬を3頭以上指定するのは、馬連の配当に対して、買い目が多すぎと言わざるを得ません。

確かに、買い目を増やせば、的中率は確かに上がります。

でも、いくら高い確率で馬券が当たっても、肝心の収支がマイナスでは何の意味もありません。

馬連の配当を考えると、儲ける為には、買い目は10点以下に抑えたいところ。

その為に、軸馬は2頭以下に抑える必要がある訳です。

2つめは、軸馬は2頭共、3~7番人気から指定すること。

馬連フォーメーションは、馬連流しよりも買い目が増えます。

その上で回収率をプラスにするには、的中した時の配当が、ある程度大きくなる必要があります。

1~2番人気馬を軸馬にしても、相手が穴馬なら、それなりの配当になります。

しかし、穴馬は毎回毎回2着以内にくるものではありません。

ですから、相手に穴馬が来なくてもそれなりの配当を望める、3~7番人気馬を軸にすべきなのです。

相手馬の選び方は?

馬連フォーメーションで稼ぐ為に、相手馬はどう選んだら良いでしょうか?

人気馬から穴馬まで、幅広い馬をチョイスすることです。

先程、軸にする2頭は3~7番人気にすべきと説明しました。

その中から、仮に3番人気と7番人気を軸馬にするとしましょう。

その場合、相手を1~5番人気と人気サイドに絞ってしまえば、高配当になるのは、7番人気+4番人気、7番人気+5番人気の2つだけです。

それでも充分と言えば充分ですが、買い目の多さを考えると、回収率を大きくプラスにする為には、時にもっと大きな配当も当てたいところです。

相手馬を幅広くチョイスすれば、それが可能になります。

例えば、7番人気+10番人気の組み合わせなら、馬連でもかなりの確率で万馬券になります。

それどころか、200倍、300倍の配当も期待出来る組み合わせです。

更に人気薄の馬を相手に選べば、配当も、より大きくなる訳です。

勿論、そうした配当はたまにしか取れないとは思います。

でも、時々でも高配当が当たれば、全体の回収率は大きく上がります。

その可能性を残す為に、馬連フォーメーションにおいては、相手馬を幅広くチョイスすることをおすすめする訳です。

穴馬を簡単に見つける方法は?

ここで問題なのは、穴馬を見つける自信がない人です。

高配当を当てる為に穴馬を買うと言っても、闇雲に買っていれば当然馬券は当たりません。

ただ買い目を増やすだけでは、何の意味もない訳です。

ですから、もし貴方が穴馬を見つける自信がないなら、Mr.サンタ氏が予想する穴馬を参考にすることをおすすめします。

サンタ氏は、2017年に、年間341本の万馬券を的中させた、穴馬探しの専門家です。

土日各3鞍、計6鞍、ほぼ毎週無料で予想を公開していて、多くの競馬ファンがそれを参考に高配当を当てています。

予想を見る方法も、メールアドレス登録と、返信メール内にあるをクリックするだけと、とても簡単。

今週末、馬連で稼ぐ為の穴馬を知りたいという人は是非。

サンタ氏の穴馬予想、参考にしてみて下さいね。

サンタ氏の穴馬を無料で見る。