馬連ボックスで好配当を当てて儲ける為に必要な3つのこと!

馬連の代表的な買い方の1つ、ボックス買い。

軸馬流しと比べて買い目が増えやすい為、儲ける為には好配当を当てなくてはなりません。

「好配当を当てる必要がある」と聞くと、特に競馬初心者の人など「自分には難しそうだ」と感じてしまう人も多くいると思います。

しかし、実際に馬連ボックスで好配当を当てるのは、イメージより簡単です。

・買い目の上限を決める
・買うレースを絞る
・穴馬を見つける

この3点さえ守れば、意外と簡単に好配当を当てることは出来るのです。

この記事ではそんな、馬連ボックスで好配当を当てる為に必要な3つのことを解説します。

馬連ボックスで好配当を当てて儲ける為に必要な3つのこと

馬連ボックスの買い目の上限は?

まずは1つめ「買い目に上限を決める」ことです。

好配当を狙うなら、点数をいくら増やしても良いと考える競馬ファンがいます。

しかし、いくら好配当が当たっても、買い目が多すぎれば回収率が上がりません。

例えば、馬連10頭ボックス(45点買い)で90倍を当てても、回収率は200%止まりです。これでは、2倍の馬連を1点で当てたのと変わりありません。

良い回収率を残すには、好配当を狙うとしても、買い目に上限を設ける必要があるのです。

その上限は6頭ボックスの15点。5頭ボックスの10点買いまで絞れれば理想と考えます。

馬連ボックスで買うべきレースは?

2つめは「買うレースを絞る」ことです。

好配当を狙うなら、それ相応のレースに絞って馬券を買う必要があります。

例えば、1~2番人気の2頭でガチガチだと思われるレースで好配当を狙っても、お金をドブに捨てるだけです。

好配当を狙うなら、そういう結果になる可能性が少しでも高いレースを選んで買うことが必要になる訳です。

・単勝1倍台の馬が3着以下になりそうなレース
・4番人気以下の2頭で決まりそうなレース
・単勝10番人気以下の馬が絡みそうなレース

具体的に言うと、このようなレースが好配当になりやすいです。

この内最低1つ、理想は2つを満たすレースに絞って、馬連ボックスを買うと良いでしょう。

馬連ボックスで穴馬を見つける方法は?

3つめは「穴馬を見つける」ことです。

馬連ボックスで儲けるには、ある程度配当が付く穴馬を見つけることが重要になります。

3~6番人気同士の組み合わせで好配当になることもありますが、穴馬を見つけることが出来れば、より良い配当を当てることに繋がるからです。

穴馬を探す時にお薦めなのは、万馬券ハンターの予想を参考にすることです。

2017年、341本の万馬券を的中させたことが競馬メディアで話題になったのを覚えている人も多いでしょう。

「穴党=万馬券ハンターの予想を参考にする」と思い浮かべる人もいるほど、多くの競馬ファンに指示されているあの予想家達です。

普通の競馬ファンなら、自分で穴馬を探すより、彼らのような穴馬専門家の予想を参考にする方が、好走する穴馬を見つけやすいでしょう。

1)こちらをクリック
2)ページ中ほどからメールアドレス登録
3)返信メール内にあるURLクリック!

万馬券ハンターの穴馬無料予想は、これをするだけでほぼ毎週見ることが出来ます。

穴馬探しに自信がない方は是非!彼らの穴馬予想を参考にしてみて下さい!

今週末から馬連ボックスで儲けよう!

・好配当になりそうなレースで
・穴馬を買い目に入れ
・6頭ボックス以内で買う

馬連ボックスで儲ける方法。
改めてまとめると、以上の通りです。

非常にシンプルな方法なので、これなら自分にも出来そうだと感じてもらえる人が多ければ嬉しい限りです。

尚、馬連ボックスで儲ける方法について、更に具体的に知りたい人には、以下のメールマガジンに登録することをお薦めします。

配信しているのは、2018年、馬連ボックス(15点以内)の的中率48%、的中時の平均配当7,280円を記録した、ある競馬プロです。

馬連ボックスで儲けたい人は、読んでみて損はないと思います。登録、配信は勿論無料です。

メルマガを読むのに必要なのは、以下のメールボックスにメールアドレスを入力の上、送信ボタンを押すだけ。

後は、一定期間後に彼から直接メルマガの配信がありますので、その到着を待っているだけでOKです。

今回の解説に、彼の解説が加われば鬼に金棒。

貴方も今週末から、馬連ボックスで思う存分儲けてしまって下さいね!