馬連ボックスを点数計算からおすすめの買い方まで徹底解説!

当記事では、以下を中心に馬連ボックスを徹底解説する。

  • 馬連ボックスとはどんな買い方か?
  • 買い目点数の計算方法は?
  • おすすめの買い方は?
  • これを読めば、馬連ボックスの買い方の基本が身につく。

    項目ごとに解説しているので、興味ある項目だけ読む形でも問題ない。

    馬連ボックスで勝つ為に必要な知識を、一つでも多く得ていって欲しい。

    参考 月50万円以上稼げる!?馬単(馬連)ボックス最強の予想法を公開!

    『神戸新聞杯』儲けたければこの無料予想に乗れ!

    いよいよ来週から秋のG1戦線が開幕。

    存分に馬券を楽しむ為、多くの軍資金を作っておきたいと考える競馬ファンも多いはずだ。

    そんな人におすすめしたいのが、『横綱ダービー』の無料予想!

    期間:2022/3/5~2022/5/22
    的中:16鞍中14鞍
    投資:82,000円
    払戻:314,090円
    収支:+232,090円
    的中率87.5%、回収率383%(最高回収率1383%)

    実績を見ての通り、重賞予想の精度はとにかく抜群!

    先々週の『セントウルS』3連複41.2倍、先週の『セントライト記念』3連複14.6倍を楽々的中しているよう、秋競馬でも、飛びぬけた予想力を存分に見せつけている。

    今週は、そんな『横綱ダービー』が『神戸新聞杯』の予想を無料公開する事が決定!

    絶対主役不在のこのレースも、『横綱ダービー』なら、ズバリ馬券を的中させてくれるはずだ。

    『神戸新聞杯』で儲け、来週から始まるG1戦線に弾みを付けたい人は、『横綱ダービー』の無料予想を参考にする事、強くおすすめする。

    無料で『横綱ダービー』の予想を見る

    馬連ボックスとはどんな買い方か?

    馬連ボックスとは、「選択した馬番の全組み合わせを購入する馬連の買い方」のこと。

    例えば馬番1~3を選択して馬連ボックスを買う場合、買い目は、その全ての馬番を組み合わせた以下の3通りとなる。

    ・1-2
    ・1-3
    ・2-3

    選ぶ頭数が何頭になろうが要領は変わらない。

    例えば馬番4~7を選択して馬連ボックスを買うなら、組み合わせは以下の6通りとなる。

    ・4-5
    ・4-6
    ・4-7
    ・5-6
    ・5-7
    ・6-7

    各買い目、賭け金は全て同じとなる。

    上の例を1点100円で買うなら、計3点で300円の馬券代。下の例を1点200円で買うなら、計6点で1,200円の馬券代が必要となる。

    組み合わせ毎に賭け金を変える事は出来ないので注意して欲しい。

    馬連ボックスの買い目点数計算方法

    馬連ボックスの買い目点数は、『n×(n-1)÷2』の計算式で求められる。

    nに入るのは選んだ馬の頭数。

    馬連4頭ボックスなら『4×(4-1)÷2』。つまり『4×3÷2』で6通りの買い目点数となる。

    一般的によく使われる馬連ボックスについては、買い目点数を暗記する方が楽かもしれない。

  • 馬連4頭ボックス=6通り
  • 馬連5頭ボックス=10通り
  • 馬連6頭ボックス=15通り
  • 暗記や計算が苦手な人は、JRA公式HPにある買い目点数早見表を参照にするのもおすすめだ。

    以下のリンクをクリックすると、上図のように馬連ボックスの買い目点数が一覧表示される。そちらをブックマークしておくと役立つだろう。

    出典 JRA公式買い目点数早見表

    馬連ボックスのおすすめの買い方

    当サイトがおすすめする馬連ボックスの買い方は、以下の2つを満たしたものだ。

    ・4~6頭のボックス
    ・選ぶ馬を人気順にしない

    4~6頭の馬連ボックスにする

    馬連ボックスで選ぶ頭数は4~6頭がおすすめだ。

    馬連ボックスの場合、7頭ボックスとなると、買い目点数が21通りと、20を超えてくる。

    この買い目点数で儲けるには、25%とまずまずの的中率を残したとしても、的中時の平均配当が100倍を超える事が必要となってくる。

    よほど穴馬予想が上手い人でない限り、儲け続けるのは現実的ではない。

    逆に買い目点数が3通りと少ない馬連3頭ボックスにした場合、今度は的中率が極端に落ちる可能性が高くなる。

    買い目点数が減る分、多少的中率が落ちても回収率をカバーできるのは事実だ。

    ただ、これまで色んな人を見てきた結果、そこまで買い目点数を減らすと、回収率をカバーしきれない位、的中率が落ちてしまうケースが多い。

    的中率と回収率、一般的な予想能力のバランスを考えると、多くの競馬ファンにとって、馬単ボックスは4~6頭ボックスの範囲で買うのがベストとなる。

    選ぶ馬を人気順にしない

    4~6頭馬連ボックスを買う時、選ぶ馬全てを人気順にしない事がおすすめだ。

    ・4頭ボックスで1~4番人気馬の4頭を選ぶ
    ・6頭ボックスで1~6番人気馬の6頭を選ぶ

    こうした選び方はしないように気を付けて欲しい。

    買い目に人気馬をズラリと並べれば、的中率は確かに上がる。

    しかし、先ほど触れた通り、馬連ボックスで儲けるには、的中率と回収率のバランスを取るのが重要となる。

    買い目点数が増えやすい馬連ボックスの場合、安い配当だけを当て続けたのでは、儲けるのが難しいわけだ。

    馬券が当たりさえすれば満足の人ならともかく、馬連ボックスで儲けたい気持ちが少しでもある人は、人気順通りの馬連ボックスは組まない事をおすすめする。

    馬連ボックスの買い方はこれで完璧!

    ここまで読み進めたなら、馬連ボックスの買い方は概ね理解できたと考えてOKだ。

    後は当記事を参考に、馬連ボックスを買ってみて欲しい。

    実際馬券を買うことでより、貴方に合った馬連ボックスの買い方が見えてくるはずだ。

  • 馬連ボックスを使いこなす自信がない
  • 馬連ボックスを買ったが思ったように結果が出ない
  • 簡単に儲かる馬連ボックスの買い方を知りたい
  • 尚、このどれかに該当する人は、月50万円以上稼げる!?馬単(馬連)ボックス最強の予想法を公開!の記事を合わせて読んで欲しい。

    馬連ボックスで勝つための即効性のある方法を紹介しているので、馬連ボックスで勝てる確率が大きく上がるはずだ。

    『神戸新聞杯』儲けたければこの無料予想に乗れ!

    いよいよ来週から秋のG1戦線が開幕。

    存分に馬券を楽しむ為、多くの軍資金を作っておきたいと考える競馬ファンも多いはずだ。

    そんな人におすすめしたいのが、『横綱ダービー』の無料予想!

    期間:2022/3/5~2022/5/22
    的中:16鞍中14鞍
    投資:82,000円
    払戻:314,090円
    収支:+232,090円
    的中率87.5%、回収率383%(最高回収率1383%)

    実績を見ての通り、重賞予想の精度はとにかく抜群!

    先々週の『セントウルS』3連複41.2倍、先週の『セントライト記念』3連複14.6倍を楽々的中しているよう、秋競馬でも、飛びぬけた予想力を存分に見せつけている。

    今週は、そんな『横綱ダービー』が『神戸新聞杯』の予想を無料公開する事が決定!

    絶対主役不在のこのレースも、『横綱ダービー』なら、ズバリ馬券を的中させてくれるはずだ。

    『神戸新聞杯』で儲け、来週から始まるG1戦線に弾みを付けたい人は、『横綱ダービー』の無料予想を参考にする事、強くおすすめする。

    無料で『横綱ダービー』の予想を見る