馬連ボックスを徹底解説!最強におすすめの買い方(組み方)や予想のコツも完全公開!

当記事は、馬連ボックスのあらゆることを徹底解説した記事です。

「どんな買い方なの?」という初歩的なものから、「どう買えば儲かるの?」という気になるものまで、競馬勝ち組の私が、あらゆる疑問に回答していきます。

これを読めば、馬連ボックスで勝つ為に必要な知識が全て身に付くでしょう。

興味ある箇所だけでも、是非読んでみて下さい。

菊花賞を当てたい人におすすめ『ホライズン』の無料予想。

  • 2020年G1:的中率62%!
  • 2021年G1:的中率50%!
  • G1最強無料予想の名に偽りなしの的中率!

    秋最初のG1スプリンターズSも、その期待に応え3連複90.5倍的中!

    G1は下手に自分で予想するより『ホライズン』の買い目に乗った方が儲かる!

    過去傾向からすると、菊花賞は勿論、天皇賞(秋)以降もG1全レース無料公開する公算大!

    秋G1で稼ぎたいなら、『ホライズン』の無料予想、必見だ。

    『ホライズン』の無料予想を見る

    馬連ボックスとは?

    ・どんな買い方?
    ・買い目点数の計算方法は?
    ・メリットやデメリットは?

    まずは、馬連ボックスの基礎知識について解説します。

    競馬初心者の人は、まずこれを読み、馬連ボックスの基本を身につけて下さい。

    馬連ボックスの基本を理解している人は、この項目は読み飛ばして大丈夫です。

    どんな買い方?

    馬連ボックスとは、選択した馬の全組み合わせの買う馬連の買い方です。

    例えば、5~8番で馬連ボックスを組む場合、以下の6つの買い目が購入されます。

    ・5-6
    ・5-7
    ・5-8
    ・6-7
    ・6-8
    ・7-8

    選択した馬の内2頭が、1着2着に入線すれば馬券的中です。

    購入する際は、全ての組み合わせを同じ金額を賭ける形になります。

    この例の場合、1点100円なら計600円。1点500円なら計3,000円となります。

    買い目点数の計算方法は?

    馬連ボックスの買い目点数は、『n×(n-1)÷2』通りになります。

    nには選択した頭数が入ります。

    4頭ボックスを組むなら6通り、5頭ボックスを組むなら10通りです。

    この計算式は、正直、覚えなくても問題ありません。

    買う機会がある馬連ボックスは、ある程度限定されるからです。

    ・馬連3頭ボックス=3通り
    ・馬連4頭ボックス=6通り
    ・馬連5頭ボックス=10通り
    ・馬連6頭ボックス=15通り

    都度計算式で買い目点数を求めるより、買う機会の多い、この4つを暗記してしまった方が使い勝手が良いでしょう。

    先ほどの計算式は、7頭以上で馬連ボックスを組みたい時に活用して下さい。

    メリットやデメリットは?

    馬連ボックスのメリットは、軸馬を決める必要がない点です。

    馬連流し馬券を買う場合、軸馬が3着以下になってしまった時点で、購入した全馬券の不的中が確定してしまいます。

    軸馬選びが苦手な人の場合、的中率が下がったり、縦目で悔しい思いをするケースが増えてしまうのです。

    それに対し馬連ボックスは、1頭の影響で購入した全馬券が不的中になることはありません。

    縦目で不的中といった悔しい結果になることもありません。

    馬連ボックスのデメリットは、買い目点数が増えやすい点です。

    選んだ6頭で馬連流しを買う場合、軸馬1頭に相手馬5頭で、買い目点数は5通りです。

    それに対し6頭で馬連ボックスを買うと、買い目点数は15通りと3倍にも増えてしまいます。

    5通りの馬連ならトリガミになることは殆どありません。

    15通りとなると、買い目点数が増える分、トリガミになることも出てきてしまいます。

    馬連ボックスの最強におすすめの買い方(組み方)は?

    ・何頭ボックスにするか?
    ・どんな馬を買うか?

    馬連ボックスで儲けるには、この2つを適切に選ぶことが重要となります。

    これらには色んな考え方があり、どれか一つ、絶対的な正解がある訳ではありません。

    それを前提とした上で、当記事では、競馬勝ち組の私が実際によく組む、個人的に最強と考える馬連ボックスの買い方を紹介します。

    ・5頭ボックスにする
    ・選ぶ5頭の人気を分散させる

    結論から言うと、意識すべきはこの2点。その理由について以下で詳しく解説します。

    馬連は5頭ボックスがおすすめ!

    馬連5頭ボックスにするのをおすすめするのは、買い目点数と的中率や回収率のバランスが優れているからです。

    馬連ボックスは買い目点数が増えやすい買い方です。

    例えば6頭ボックスとなると買い目点数は15点にもなり、こうなると、一定以上の確率でそれなりの配当の馬連を的中させないと、トータルで稼ぐのが難しくなってしまいます。

    そうした意味で、6頭以上の馬連ボックスは、穴馬予想の実力が高い人以外、おすすめしづらい買い方と言えます。

    また、3頭や4頭の馬連ボックスの場合、少ない頭数で馬券を当てる必要が出てきます。

    これはこれで、ある程度高い予想能力が必要となります。

    そうした意味で、多くの人におすすめするのはちょっと難しい買い方となるのです。

    その中間となる5頭ボックスであれば、そこそこの的中率で時にそれなりの配当を的中させれば儲けることが充分できます。

    そうした理由で、当ブログでは馬連5頭ボックスをおすすめしているのです。

    選ぶ5頭の人気を分散させる

    5頭の馬連ボックスをおすすめしているからといって、その5頭をどんな選び方をしても良い訳では勿論ありません。

    今説明したように、馬連5頭ボックスをおすすめするのは、そこそこの的中率で時にそれなりの配当を的中させれば儲けることが充分できるという理由です。

    ですから、例えば、的中率はある程度期待できても配当の伸びに限界がある1番人気~5番人気の5頭ボックスのような買い方では駄目な訳です。

    では一体、その5頭をどんな選び方をすれば良いのか?

    簡単に言えば、選ぶ5頭の人気を分散させることです。

    例えば18頭立ての場合、以下のように相手を選んでみましょう。

    (1)1~3番人気から1頭
    (2)4~6番人気から1頭
    (3)7~9番人気から1頭
    (4)10~12番人気から1頭
    (5)13~15番人気から1頭

    ※3着以内に入る確率が低い16番人気以下の馬は、買い目の候補から外します。

    馬券に絡む確率が高い(1)や(2)を選ぶことで、的中率の向上が期待できます。

    高配当に期待が出来る(4)や(5)を選ぶことで、回収率の向上が期待できます。

    (3)は、そのどちらもフォローすることができます。

    これにより、堅い決頭目から大波乱の決頭目まで様々な的中に対応出来る、的中率にも回収率にも高い期待を持てる馬連5頭ボックスが完成する訳ですね。

    これはあくまで例ですので、毎回3番人気毎に区切ってグループ分けをし、その中から1頭ずつ相手馬を選ぶ必要はありません。

    堅く決着しそうなレースなら人気馬を重視したり、波乱決着となりそうなレースなら穴馬を重視したり、その辺は臨機応変に対応した方が馬券成績は良くなります。

    ただ、馬連ボックスを買う場合、人気を分散させた5頭を選ぶのが基本だと理解しておくと、的中率と回収率は大きく向上するはずです。是非、この考えを取り入れてみて下さい。

    人気を分散させた5頭を選ぶおすすめの方法

    尚、人気を分散させて相手馬を5頭選ぶのが難しそうだなと感じる人には、『シンクタンク』の予想を参考にすることをおすすめします。

    『シンクタンク』とは、日本競馬のレジェンド達が携わっている競馬予想サイト。

    圧倒的1番人気アーモンドアイの評価を落とし、本命リスグラシューからド本線的中させた2019年の有馬記念が大きな話題となりましたから、知っている人も多いかもしれませんね。

    元騎手、元調教師、大物馬主、牧場関係者、騎手エージェント等。

    各分野のプロフェッショナルが入手する関係者情報を分析することで、そうした的中を毎週数々生み出している『シンクタンク』。

    今週末は、当記事から以下の手順でメールアドレス登録した人限定で、「信頼すべき有力馬!狙うべき穴馬!」を混ぜた5頭の予想を無料提供することが決定しています。

    (1)こちらをクリック
    (2)ページ上部からメールアドレスを送信
    (3)返信メール内にあるURLをクリック

    26年を超える運営歴を見ての通り、多くの競馬ファンから、その予想を高く評価されている『シンクタンク』。

    その素晴らしい予想。貴方も今週末、無料で試してみて下さいね!

    馬連ボックス最強の必勝法とは?

    ここまでの内容を理解できたなら、馬連ボックスで勝つ為に必要な知識は身に付いたと考えて問題ありません。

    まずは当記事を繰り返し読み、不明な部分を無くして下さい。

    そして、理解した後は、当記事を参考に、実際馬連ボックスを購入してみて下さい。

    その中で気付くことがあれば、貴方なりの改良を加えることに、もちろん問題はありません。

    それらを繰り返していくことで、馬連ボックスで稼げる確率がどんどん上がるでしょう。

    ・内容がちょっと難しかった
    ・自分で馬連ボックスで稼ぐ自信を持てない

    当記事を読んでそんな感想を持った人には、馬連ボックスで稼ぐ為のとっておきの裏技を紹介します。

    誰でも簡単に、毎週土日数分で出来るので、ある意味、馬連ボックス最強の必勝法かもしれません。

    『ARCANUM』の馬連ボックス予想を参考にする方法です。

    2020年、無料予想で+1,123,800円を記録した『ARCANUM』。

    ◎1月:+767,300円!
    ◎2月:+115,500円!
    ◎3月:+665,600円!

    48鞍中22鞍的中!
    1~3月期に記録した50%近い的中率を見ての通り、2021年になっても予想は安定感は健在。

    ◎白百合ステークス:馬連18,350円!
    ◎青嵐賞:馬連45,120円!

    日本ダービー当日には、無料予想2鞍中2鞍で万馬券的中と破壊力も抜群!

    ◎中山GJ:29,600円獲得!
    ◎ダービー卿CT:60,800円獲得!
    ◎金鯱賞:756,200円獲得!
    ◎弥生賞:186,600円獲得!
    ◎京都牝馬S:78,000円獲得!

    時に提供する重賞無料予想でも安定感と破壊力を兼ね備えているとなれば、参考にしない手はありません!

    『ARCANUM』が提供する馬連ボックスの予想は、毎週土日各2鞍、土日計4鞍!

    勿論、それら全て、無料で見ることができます。

    予想を見る為に必要なのも、以下の手順でメールアドレス登録するだけととても簡単。

    (1)こちらをクリック
    (2)ページ上部からメールアドレスを送信
    (3)返信メール内にあるURLをクリック

    最強の馬連ボックス必勝法とも言える、『ARCANUM』の馬連ボックス無料予想。

    今まで知らなかった人は、今週末から是非参考にして下さいね!

    高確率で馬券を当てたい人におすすめ無料予想。

    9/25 中山2R→66,600円/333%
    10/2 中山3R→32,900円/235%
    10/3 中山2R→26,400円/189%
    10/9 新潟3R→37,200円/248%
    10/17 阪神1R→16,400円/205%

    直近8戦6勝!

    驚きは10/16東京2R。

    10番人気2着馬を拾い、馬連105倍/3連複138.4倍の万馬券ダブル的中!

    こうした的中を量産できるのは、全ての牧場から取材許可を得ている現役牧場関係者の情報ならでは。

    堅実且つ爆発力ある予想を知りたいなら、ノースインパクト、必見だ。

    無料で予想を見る