軸馬(本命馬)のおすすめの選び方とは?この3つを意識するだけで的中率はグンと上がる!

流しやフォーメーション等、軸馬を決めて買う馬券は人気が高いです。

しかし、そうした馬券には一つ、とても大きな欠点があります。

軸馬が外れると、購入した全馬券の不的中が確定してしまうことです。

そうした事態をなるべく避ける為、当記事では、競馬初心者でも簡単に的中率を上げられる、本当に役立つ軸馬(本命馬)選びの方法を紹介します。

軸馬を決めて馬券を買う機会が多い人は、是非参考にしてみて下さい!

2020年、無料予想で+1,123,800円を記録した『ARCANUM』。

先週日曜の福島5Rでも、馬連44.7倍/馬単66.6倍のダブルヒットで111,300円の払戻金を得る など、その勢いはまだまだ続いております。

◎1月:+767,300円!
◎2月:+115,500円!
◎3月:+665,600円!

48鞍中22鞍的中!
1~3月期に記録した50%近い的中率を見ての通り、安定感は健在。

◎白百合ステークス:馬単18,350円!
◎青嵐賞:馬単45,120円!

日本ダービー当日には、無料予想2鞍中2鞍で馬単万馬券的中と破壊力も抜群!

◎中山GJ:29,600円獲得!
◎ダービー卿CT:60,800円獲得!
◎金鯱賞:756,200円獲得!
◎弥生賞:186,600円獲得!
◎京都牝馬S:78,000円獲得!

時に提供する重賞無料予想でも安定感と破壊力を兼ね備えているとなれば、参考にしない手はありません!

『ARCANUM』が提供する無料予想は、毎週土日各2鞍、土日計4鞍!

これまで参考にしていなかった人は、今週からその予想を参考にし、夏競馬、バリバリに楽しんで下さいね!

予想を見る為に必要なのも、以下の3ステップだけととても簡単ですよ!

(1)こちらをクリック
(2)ページ上部からメールアドレスを送信
(3)返信メール内にあるURLをクリック

軸馬(本命馬)のおすすめの選び方とは?

・3番人気以内の馬
・先行馬
・上位騎手が乗った馬

結論から言うと、当記事がおすすめする方法は、この3つの条件を満たした馬を軸馬に選ぶことです。

3番人気以内から選ぶ

3番人気以内の馬から軸馬を選ぶことをおすすめする理由は、馬券に絡む確率が高いことが、統計的に証明されているからです。

競馬は毎年、何千レースと開催されます。

そんな沢山のレースが開催されていても、連対率や複勝率は、面白いように毎年、人気順に高くなるのです。

例えば1番人気馬は毎年、勝率約30%、連対率約50%、複勝率約60%を記録します。

以下、2番人気馬→3番人気馬の順で、それに準ずる数字を残しているのです。

3番人気馬までが馬券に絡む確率はとても素晴らしく、毎年、3頭全てが4着以下になるレースは10%前後しか現れません。

つまり、3番人気以内の馬を軸馬にしておけば、最大90%前後の確率で、軸馬を的中させることができるのです。

先行馬から選ぶ

先行馬から軸馬を選ぶことをおすすめするのは、全脚質の中で、先行馬が最も信頼のおける脚質だからです。

派手なレース振りから、差し追込馬のファンになる競馬ファンは多いです。

ただ、軸馬を決める観点から見ると、差し追込馬を軸馬にすることはおすすめできません。

差し追込馬は、スローペースで展開に泣かされたり、馬群に囲まれてしまったり、実力を充分に発揮出来ずにレースを終えてしまうケースも多いからです。

脚質別の馬券率を見ても、差し追込馬は毎年、逃げ先行馬より劣った成績となっています。

それに対し、様々な不利を受ける可能性が低い先行馬は、実力をきちんと発揮できる可能性が高いです。

高い確率で馬券に絡んで欲しい軸馬として、最適な存在と言える訳ですね。

上位騎手が乗っている馬から選ぶ

上位騎手が乗っている馬から選ぶことをおすすめするのは、いくら能力や先行力があっても、レースでそれが発揮出来なければ何の意味もないからです。

良いポジションを取ったり、レースの流れに対応する力がない騎手が乗っていた場合、競走馬はその実力を発揮することができません。

昔から『馬7:騎手3』という格言がある通り、レースの結果は、馬の力7割、騎手の力3割で決まる訳です。

軸馬には当然、馬の力をきちんと発揮させてくれる騎手が乗った馬を選ぶ方が良い訳です。

上位騎手の目安としておすすめなのは、リーディング20位以内に入っているかどうか。

G1や重賞など、プレッシャーが掛かる舞台の場合、その基準を10位以内に上げても良いかもしれません。

騎手のリーディング情報は、毎週、JRAの公式HPで最新情報が掲載されています。

騎手に詳しくない人は、そちらを参考に軸馬を選ぶようにして下さい。

軸馬(本命馬)の的中率を更に上げる方法とは?

・3番人気以内の馬
・先行馬
・上位騎手が乗った馬

これらを意識して選ぶだけでも、軸馬の的中率は大きく向上するはずです。

ただ、驚くべきことに、これより更に簡単に、軸馬の的中率を上げる方法が存在します。

競馬予想サービス『ターフビジョン』内で無料公開されている、『ぐりぐりくん』の予想を参考にすることです。

『ぐりぐりくん』とは?

『ぐりぐりくん』では、毎週土日2鞍ずつ、馬券に絡む確率が特に高い馬が無料で公開されています。

3場所開催の場合、1日に行われるレースは36レース。

軸馬選びのプロが、中でも特に馬券に絡む確率が高い馬を選んでいるのですから、その的中率がどれほど高くなるかは想像に難くありません。

それを無料で見られるとなれば、何も難しい予想をして軸馬を決める必要はなく、そこで推奨されている馬をそのまま、馬券の軸馬にしてしまえば良い訳です。

単純かつ効果的。

実際、競馬勝ち組の私も、『ぐりぐりくん』の予想は毎週土日必ず確認しています。

尚、『ぐりぐりくん』の予想を見る為には、競馬予想サービス『ターフビジョン』に会員登録(メールアドレス登録)する必要があります。

方法は以下の通り。料金はもちろん無料です。

(1)こちらをクリック
(2)ページ上部からメールアドレスを送信
(3)返信メール内にあるURLをクリック

会員登録後は毎週、『ぐりぐりくん』の予想を見ることが出来ます。

流し馬券やフォーメーション等、軸馬を決める馬券をよく買う人は、今週末から早速、『ぐりぐりくん』の予想を参考にすることをおすすめします。

軸馬(本命馬)予想を制する者が馬券を制す!

「軸馬(本命馬)予想を制する者が馬券を制す」

私を含めた競馬勝ち組の中には、こうした考えを持つ人が少なくありません。

軸馬予想が上手くなればなるほど、馬券の買い目点数を減らすことが出来ます。

それでいて高い的中率を残せるなら、馬券で勝てる可能性が大きく上がるからです。

当記事で紹介したものはいずれも、自信を持っておすすめできる軸馬選びの方法です。

今週末から早速、当記事がおすすめした軸馬選びを試してみて下さい。

2020年、無料予想で+1,123,800円を記録した『ARCANUM』。

先週日曜の福島5Rでも、馬連44.7倍/馬単66.6倍のダブルヒットで111,300円の払戻金を得る など、その勢いはまだまだ続いております。

◎1月:+767,300円!
◎2月:+115,500円!
◎3月:+665,600円!

48鞍中22鞍的中!
1~3月期に記録した50%近い的中率を見ての通り、安定感は健在。

◎白百合ステークス:馬単18,350円!
◎青嵐賞:馬単45,120円!

日本ダービー当日には、無料予想2鞍中2鞍で馬単万馬券的中と破壊力も抜群!

◎中山GJ:29,600円獲得!
◎ダービー卿CT:60,800円獲得!
◎金鯱賞:756,200円獲得!
◎弥生賞:186,600円獲得!
◎京都牝馬S:78,000円獲得!

時に提供する重賞無料予想でも安定感と破壊力を兼ね備えているとなれば、参考にしない手はありません!

『ARCANUM』が提供する無料予想は、毎週土日各2鞍、土日計4鞍!

これまで参考にしていなかった人は、今週からその予想を参考にし、夏競馬、バリバリに楽しんで下さいね!

予想を見る為に必要なのも、以下の3ステップだけととても簡単ですよ!

(1)こちらをクリック
(2)ページ上部からメールアドレスを送信
(3)返信メール内にあるURLをクリック