競馬で生活できるの?その方法から年収まで徹底解説!

競馬生活って可能なの?

気になる競馬ファン、非常に多いはずです。

年々厳しくなる社会人生活。

辛い思いをして頑張っても大して給料が増えないなら、好きな競馬で生活する方が楽しそうだと考えるのは自然ですからね。

結論から言うと、競馬生活は可能です。

しかし、全ての人がそれを実現できる訳ではありません。

そして、意外かもしれませんが、競馬生活にはデメリットも複数存在します。

(1)競馬生活を実現する為に必要なもの
(2)競馬生活のデメリット

そこで当記事では、この2点を中心に、競馬生活について解説します。

競馬生活に興味ある人は、是非参考にして下さい。

2020年、無料予想で+1,123,800円を記録した『ARCANUM』。

先週日曜の福島5Rでも、馬連44.7倍/馬単66.6倍のダブルヒットで111,300円の払戻金を得る など、その勢いはまだまだ続いております。

◎1月:+767,300円!
◎2月:+115,500円!
◎3月:+665,600円!

48鞍中22鞍的中!
1~3月期に記録した50%近い的中率を見ての通り、安定感は健在。

◎白百合ステークス:馬単18,350円!
◎青嵐賞:馬単45,120円!

日本ダービー当日には、無料予想2鞍中2鞍で馬単万馬券的中と破壊力も抜群!

◎中山GJ:29,600円獲得!
◎ダービー卿CT:60,800円獲得!
◎金鯱賞:756,200円獲得!
◎弥生賞:186,600円獲得!
◎京都牝馬S:78,000円獲得!

時に提供する重賞無料予想でも安定感と破壊力を兼ね備えているとなれば、参考にしない手はありません!

『ARCANUM』が提供する無料予想は、毎週土日各2鞍、土日計4鞍!

これまで参考にしていなかった人は、今週からその予想を参考にし、夏競馬、バリバリに楽しんで下さいね!

予想を見る為に必要なのも、以下の3ステップだけととても簡単ですよ!

(1)こちらをクリック
(2)ページ上部からメールアドレスを送信
(3)返信メール内にあるURLをクリック

競馬生活をする為に必要なものは?

競馬生活をする為に必要なものは、大きく分けて次の2つになります。

(1)回収率100%以上の予想
(2)生活費を捻出するだけの馬券費用

2つの内どちらかを欠いた状態であるなら、競馬生活を始めるのはおすすめしません。

競馬生活をするには回収率100%以上の予想が必要

競馬生活をするには、回収率100%以上の予想が必要です。

生活するにはお金を稼がなくてはならないのに、99%以下の回収率でお金を減らしてしまうでは話にならないからです。

極端な話1%でも良いので、競馬生活を実現するには回収率100%以上を残せる予想が絶対条件になります。

この時注意して欲しいのは、短い期間でも安定的に回収率100%以上を残せる予想力を身につけることです。

1年に一回WIN5で1000万円を超える配当、数か月に一回3連単100万馬券を当てることでも、回収率100%を超えることは可能だと思います。

しかし、その方法では生活が全く安定しません。

狙い通りの高配当を的中できなかった場合、収入が非常に少ないものになってしまうからです。

月間回収率が100%を下回る時がたまにある程度なら良いと思います。

ただ、なるべく短期間。少なくとも3~4か月の集計では安定して回収率100%を超えるのが理想です。

それを実現する為、競馬生活者の多くは、以下のどちらかの買い方を実践していることが多いですね。

・的中率が高い単複の購入
・3連系の馬券を全レース購入

競馬生活できるほどの予想力を持つ人の場合、単複なら非常に高い的中率を残せます。多少のブレはあれど、安定した回収率を残しやすい訳です。

的中率にブレが起きやすい3連系の馬券を買う人の場合、なるべく多くのレースを購入することで、そのブレ幅をなるべく小さく抑える工夫をしています。

最近流行りの、プログラムによる自動売買をしている人の場合、後者を使う人が多いですね。

競馬生活をするには生活費を捻出するだけの馬券費用が必要

競馬生活をするには、生活費を捻出するだけの馬券費用も必要です。

1か月に必要な生活費を仮に30万円とします。

払戻金でそのお金を得るには、貴方の回収率が150%だった場合で、60万円分の馬券購入が必要となります。

その馬券資金を用意できなければ、競馬生活は成り立ちません。

ここで注意して欲しいのは、実際必要な馬券資金は、その60万円よりずっと多いことです。

仮に年間の回収率が150%だとしても、毎月の回収率も同じ150%であるとは限りません。

回収率100%を下回る月もあれば、200%や250%になる月もあって、そのトータルが回収率150%になっている訳です。

仮に60万円の馬券費用しか用意しないで競馬生活を始めた場合、開始数か月の間に運悪く見込み回収率を下回る月が来てしまった場合、資金が減ってしまいます。

資金が減れば、期待していた払戻金を得ることは難しくなり、結果、競馬生活が破綻する可能性は高まります。

それを避ける為に、月の生活費を捻出するために必要な馬券費用の最低5倍は用意してから、競馬生活を始めることをおすすめします。

尚、資金計画が狂って競馬生活を失敗に終わらせない為には、競馬生活を始める前に、以下の2つをきちんと検証すると良いでしょう。

・毎月最低限必要な生活費
・あなたの予想の回収率

この時おすすめなのは、生活費も回収率も余裕を持った見積もりをすることです。

毎月必要な生活費が25万円だとしたら、何かあった時の為に30万円と見込んでおく。

回収率が150%だとしたら、下振れするリスクを織り込んで130%と見込んでおく。

こうすることで、競馬生活が破綻するリスクを軽減することができるでしょう。

競馬生活のデメリットとは?

多くの人が憧れる競馬生活ですが、意外なことにデメリットも多数存在します。

それを知らずに競馬生活を始めると、後悔してしまうこともあるでしょう。

(1)安定収入がない
(2)精神的なプレッシャーが厳しい
(3)世間の印象はあまり良くない

そうした後悔をする人を減らす為に、ここからは、競馬生活の代表的なデメリットであるこの3点について、詳しく解説していきます。

競馬生活は安定収入がない

競馬生活最大のデメリットは、安定収入がないことです。

会社員の場合、給料日に必ず、決まった給料が振り込まれます。

その月、仕事でどんな大きなミスしても、必ずです。

それに対し競馬生活には、決まった収入は一切ありません。

馬券を外すというミスをすれば、収入がないどころかお金が減ることすらあるのです。

事業経験者なら、似たような経験をしたことがある分、ショックは少なく済みます。

ただ、これまで会社員しか経験したことがない人の場合、いざその事態に直面すると、毎月決まった給料が入ってくる会社員の方が良かったと感じる人も少なくないでしょう。

競馬生活は精神的なプレッシャーが厳しい

競馬生活は、精神的なプレッシャーが厳しいのもデメリットです。

今説明したように、競馬生活には安定した収入がありません。

この現実が精神に与えるプレッシャーは、想像以上のものなのです。

仮に長期的に見れば必ず結果が出るノウハウを持っていたとしても、2週間連続で回収率0%が続けば、正常な精神を保てる人の方が少ないです。

冷静な判断が出来なくなり普段と違う買い方をし、結果、馬券を外してしまう負のループにハマってしまう人も珍しくありません。

「競馬生活=好きな競馬で楽しい生活」をイメージする人も多いと思います。

しかし、現実の競馬生活はその真逆。

あまりに厳しい日々のプレッシャーから、競馬生活が成り立っている人の中にも、それを手放し会社員生活に戻る人も少なくないのです。

世間の印象はあまり良くない

競馬生活は、世間の印象が良くないデメリットもあります。

競馬ファンからすれば、競馬生活をしている人は憧れの存在。

競馬で生活することの難しさを知っている分、競馬生活者を尊敬する人も多いでしょう。

しかし、競馬ファン以外の人からすれば、競馬はギャンブルのイメージが強いものです。

ギャンブルを毛嫌いする人は一定以上いて、そういう人の中には「競馬生活者=ダメ人間」というレッテルを貼っている人も少なくありません。

身近の人からそうした目で見るのが耐えられない、結婚相手やその家族からそうした目で見られるリスクを背負いたくない人には、競馬生活は向かないかもしれません。

会社員生活に復帰したいと考えた時に、競馬生活時の職歴が空白になる点も、人によってはデメリットでしょう。

競馬生活をすることには高い能力が必要であることを理解している企業の採用担当者は殆どいません。

就職にあたって競馬生活の経験に高い評価を与えてくれるのは、特殊な企業だけですからね。

競馬生活者の年収は意外と低い

競馬生活に興味を持っている人にもう一つ知っておいて欲しいことは、競馬生活者の年収は、イメージほど高くないことです。

WIN5では時に億の配当が出ます。3連単も1000万を超える配当は珍しくありません。

税金の申告に関して馬券裁判を起こした人も年間数億円の利益を出していましたから、「競馬生活者は数千万円以上儲けてるんだろうな」とイメージを持っている人もいるでしょう。

しかし、競馬生活で年収1000万円を超える人は決して多くありません。

勿論、仮に500万円の年収でも、楽しい競馬生活を送れるなら、辛い会社員生活より圧倒的にマシと考える人も多いとは思います。

ただ、先ほど挙げたように、競馬生活には様々なデメリットがあります。

そうしたデメリットを抱えた中で、イメージほど多くない年収。

そう考えると、それに魅力を感じなくなる人もいるのではないでしょうか?

競馬生活ではなく競馬副業を目指す

総合的に考えると、競馬勝ち組の私ですら、多くの人に競馬生活を薦めるのは戸惑います。

向き不向きも大きい世界ですし、成功した人が必ず、幸福感を得る訳ではないからです。

そうした意味で、多くの人が満足感が高まる可能性が高いのは、競馬生活よりも競馬副業のように思います。

競馬副業の場合、会社員を辞めるなど、今の生活を手放す必要もありません。

リスクらしいリスクが、特にないのです。

毎月30万円を稼ぐことを目標とした予想を提供してくれる『逆境ファンファーレ』の予想を参考にすれば、高い予想力や、勉強のための時間も必要ありません。

競馬副業は、競馬生活に比べ、成功のハードルが圧倒的に低いのです。

『逆境ファンファーレ』が目標としている月30万円の馬券収入があれば、競馬生活とまではいかなくとも、今の生活を豊かにすることは充分できるでしょう。

賃貸の人なら少し広い部屋に引っ越せるでしょうし、車や時計などの購入品を除いた日用品なら、値段を気にせず購入できるようになると思います。

これまで、2,000人の競馬ファンに競馬副業を成功させてきた『逆境ファンファーレ』。

その予想を参考に、まずは競馬副業を試してみるのはどうでしょうか?

『逆境ファンファーレ』の予想を見る方法は、以下の通りとても簡単です。

(1)こちらをクリック
(2)ページ上部からメールアドレスを送信
(3)返信メール内にあるURLをクリック

無料会員登録するだけで、今週末から毎週、その予想を無料で見れる。

使わないのは、本当に勿体ないですよ。

競馬生活は可能だが…?

(1)競馬生活を実現する為に必要なもの
(2)競馬生活のデメリット

これらを中心に、競馬生活に関する様々なことを解説してきました。

冒頭でも書いた通り、競馬生活そのものを実現することは可能です。

競馬ファン全体の数からすると、競馬生活を実現しているのはほんの一部に過ぎませんが、実際競馬生活者が存在するのですから、不可能ということはありません。

ただ、本文内で触れた通り、競馬生活の実態は、多くの競馬ファンがイメージするものと異なります。

会社員が嫌という理由だけで競馬生活を目指すと、後悔することになりかねません。

本文内で指摘したデメリット等を充分考慮した上で、競馬生活にチャレンジするかどうか、冷静な判断を下すことをおすすめします。

繰り返しとなりますが、当ブログとしては、多くの競馬ファンにとっては、競馬生活より競馬副業の方が、幸福感を高める可能性は高いと考えています。

2020年、無料予想で+1,123,800円を記録した『ARCANUM』。

先週日曜の福島5Rでも、馬連44.7倍/馬単66.6倍のダブルヒットで111,300円の払戻金を得る など、その勢いはまだまだ続いております。

◎1月:+767,300円!
◎2月:+115,500円!
◎3月:+665,600円!

48鞍中22鞍的中!
1~3月期に記録した50%近い的中率を見ての通り、安定感は健在。

◎白百合ステークス:馬単18,350円!
◎青嵐賞:馬単45,120円!

日本ダービー当日には、無料予想2鞍中2鞍で馬単万馬券的中と破壊力も抜群!

◎中山GJ:29,600円獲得!
◎ダービー卿CT:60,800円獲得!
◎金鯱賞:756,200円獲得!
◎弥生賞:186,600円獲得!
◎京都牝馬S:78,000円獲得!

時に提供する重賞無料予想でも安定感と破壊力を兼ね備えているとなれば、参考にしない手はありません!

『ARCANUM』が提供する無料予想は、毎週土日各2鞍、土日計4鞍!

これまで参考にしていなかった人は、今週からその予想を参考にし、夏競馬、バリバリに楽しんで下さいね!

予想を見る為に必要なのも、以下の3ステップだけととても簡単ですよ!

(1)こちらをクリック
(2)ページ上部からメールアドレスを送信
(3)返信メール内にあるURLをクリック