ワイドフォーメーションを組み合わせ点数からおすすめの組み方(買い方)まで分かりやすく解説

当記事では、競馬勝ち組の私がワイドフォーメーションを徹底解説する。

取り上げるテーマは以下の3つ。

  • 組み合わせ点数
  • おすすめの組み方(買い方)
  • 予想のコツ
  • ワイドフォーメーションで買う上で必要なテーマを、厳選して詰め込んだ。

    是非参考にして欲しい。

    菊花賞を当てたい人におすすめ『ホライズン』の無料予想。

  • 2020年G1:的中率62%!
  • 2021年G1:的中率50%!
  • G1最強無料予想の名に偽りなしの的中率!

    秋最初のG1スプリンターズSも、その期待に応え3連複90.5倍的中!

    G1は下手に自分で予想するより『ホライズン』の買い目に乗った方が儲かる!

    過去傾向からすると、菊花賞は勿論、天皇賞(秋)以降もG1全レース無料公開する公算大!

    秋G1で稼ぎたいなら、『ホライズン』の無料予想、必見だ。

    『ホライズン』の無料予想を見る

    ワイドフォーメーションの組み合わせ

    まずは、ワイドフォーメーションの組み合わせについて解説する。

    ワイドフォーメーションとは、「1頭目と2頭目に指定した全組み合わせのワイドを購入する」買い方である。

    1頭目:①②
    2頭目:①②③④

    1頭目2頭目を上のように指定した場合、組み合わせは『1-2』『1-3』『1-4』『2-3』『2-4』の5通り。

    1頭目:①②③
    2頭目:①②③④⑤

    このように指定した場合、『1-2』『1-3』『1-4』『1-5』『2-3』『2-4』『2-5』『3-4』『3-5』9通りの組み合わせとなる。

    買い目点数の計算方法

    ワイドフォーメーションには、買い目点数の計算式はない。

    買い目点数の計算は、JRA公式に用意されているフォーメーション組合せ数計算を使う事をおすすめする。

    リンク先に飛び、マークシートに塗る要領でツールにチェックを入れると、以下のように、買い目点数を弾き出してくれる。

    ワイドの欄はないが、ワイドフォーメーションの買い目点数は馬連フォーメーションと同じ。馬連欄の数字を確認すれば問題ない。

    組むパターンは実際いくつかに限られる。気付けば自然と、自分が組む形の買い目点数は暗記しているはずだ。

    ワイドフォーメーションおすすめの組み方(買い方)

    次に、ワイドフォーメーションのおすすめの組み方を解説する。

  • 買い目点数が9点以内
  • 買い目に穴馬が入っている
  • ワイドフォーメーションはどんな組み合わせも自由に組めるが、個人的には、この2つを満たしたものが最強だと考えている。

    買い目点数は9点以下に抑える

    買い目点数を9点以内に抑える事をおすすめするのは、ワイドは配当が高くないからだ。

    ワイドフォーメーションは、予想がハマれば3点的中になる買い方ではある。

    しかし、毎回必ず3点的中を望むのは現実的に不可能。

    3点的中した場合も、全て人気馬同士の組み合わせなら、配当の合計に上限も見える。

    買い目点数を増やし過ぎると、馬券で儲けるのが難しくなってしまう訳だ。

    個人的には、最大9通り以内に抑えることをおすすめしている。

    買い目に穴馬を入れる

    買い目に穴馬を入れる事をおすすめするのは、ワイドフォーメーションは、時に穴馬との組み合わせを的中しないと儲けるのが難しいからだ。

    繰り返しとなるが、ワイドの配当は決して高くない。

    買い目が複数点になる場合、人気馬同士の組み合わせだけで儲けるには、高い確率で3点的中を続ける事が求められる。

    それが可能なのは、予想力がかなりのレベルにある人だけだろう。

    普通の競馬ファンがワイドフォーメーションで儲けるには、ある程度の配当になる事が期待できる、穴馬との組み合わせを的中させることが必須条件になる訳だ。

    最強におすすめのワイドフォーメーション

    以上2つの理由から、多くの競馬ファンにとって、以下のワイドフォーメーションが最強だと考えている。

    1頭目:①②
    2頭目:①②③④⑤

    買い目点数は7通りと許容範囲。

    選ぶ馬が5頭と多少余裕がある分、買い目に穴馬を入れやすい。

    2頭目を①②③④の4頭に絞れれば尚理想だが、それで結果を出すには一定の予想力が要る。

    多くの競馬ファンにとっては、2頭目5頭のこのワイドフォーメーションの方が、的中率・回収率が良い結果になるだろう。

    ワイドフォーメーション予想のコツ

    勿論、そのワイドフォーメーションを組めば、どんな馬を選んでも良い訳ではない。

  • 1頭目は的中率重視して選ぶ
  • 2頭目には最低1頭穴馬を選ぶ
  • 儲ける確率をより上げる為に、この2つを意識するのが予想のコツだ。

    1頭目は的中率重視

    1頭目の2頭は、的中率重視で選ぶのがコツになる。

    的中時の配当が高くないワイドの場合、買い目点数が7通りともなると、一つの不的中が与える回収率への悪影響が大きい。

    儲けるには、安定して高い的中率を残す事が必要になってくる。

    それを実現する最適な方法が、高い確率で1頭目を当てる事。

    1頭目を2頭的中させれば、3点的中に繋がる可能性も高まるので、良い事づくめである。

    軸馬の的中率を上げる具体的な予想法は、『軸馬の的中率を上げる方法』で解説したので参考にして欲しい。

    それと合わせて、『グリグリくん』の予想も参考にすると良いだろう。

    『グリグリくん』では、毎週土日、競馬予想サイト『ターフビジョン』内で、その日に開催される全レースの中から、3着以内に入る確率が特に高い2頭の予想が無料で公開されている。

    2021年8月から9月は、推奨馬26頭中22頭が3着以内で複勝率85%。精度抜群だ。

    競馬勝ち組の私も、予想を始める前に必ず、『グリグリくん』の予想を確認している。

    軸馬を高確率で当てたい人は、ここからメールアドレス登録して参考にすると良い。

    2頭目に最低1頭穴馬を選ぶ

    2頭目には、最低1頭穴馬を選ぶのがコツだ。

    先ほど書いた通り、ワイドフォーメーションで儲けるには、時に穴馬が絡んだ馬券を当てるのが必須になる。

    的中率を重視して1頭目を選ぶと、そこは人気馬になる事が増える。

    穴馬が絡んだ馬券を当てるには、2頭目に必ず穴馬を入れる必要が出てくる訳だ。

    2頭目③④⑤の内、3点的中の可能性を上げる為に1頭は人気馬にし、もう1頭を必ず穴馬、最後の1頭を臨機応変にすると良いバランスになると思う。

    穴馬の選び方は、『穴馬のおすすめの見つけ方』の記事を参考にして欲しい。

    競馬勝ち組の私も長年穴馬予想のお世話になっている、『暴露王』の穴馬予想を参考にするのもおすすめだ。

    『暴露王』は毎年300本以上の万馬券を当てている穴馬予想のプロ。

    下手に自分で探すより、彼らの予想を参考にした方が、穴馬が当たる確率は高まるだろう。

    『暴露王』の穴馬予想は、こちらからメールアドレス登録すると、毎週土日各3鞍、週計6鞍無料で見れるようになる。

    ワイドフォーメーションを組んで儲ける方法

    1頭目:①②
    2頭目:①②③④⑤

  • 1頭目は的中率重視で選ぶ(『グリグリくん』を参考)
  • 2頭目には最低1頭穴馬を入れる(『暴露王』を参考)
  • 本文の内容を改めて一言でまとめると、私がおすすめするワイドフォーメーション最強の儲け方はこの形になる。

    まずはこれを意識してワイドフォーメーションに取り組むと良いだろう。

    的中率・回収率、共に今より良い数字を残せるはずである。

    尚、スクロール先の関連記事では、フォーメーションの他にもボックスや流し等、他のワイドの買い方についても同様に解説している。

    合わせてそちらも参考にし、ワイドでの稼ぎ方の幅を広げる事をおすすめする。

    高確率で馬券を当てたい人におすすめ無料予想。

    9/25 中山2R→66,600円/333%
    10/2 中山3R→32,900円/235%
    10/3 中山2R→26,400円/189%
    10/9 新潟3R→37,200円/248%
    10/17 阪神1R→16,400円/205%

    直近8戦6勝!

    驚きは10/16東京2R。

    10番人気2着馬を拾い、馬連105倍/3連複138.4倍の万馬券ダブル的中!

    こうした的中を量産できるのは、全ての牧場から取材許可を得ている現役牧場関係者の情報ならでは。

    堅実且つ爆発力ある予想を知りたいなら、ノースインパクト、必見だ。

    無料で予想を見る