ワイドフォーメーションのおすすめの買い方を徹底解説!

ワイドフォーメーションの勝てる買い方が知りたい。

この記事ではそんな人に向け、ワイドフォーメーションのおすすめの買い方を解説します。

取り上げるのは以下の3点。

(1)何点買いがおすすめなのか?
(2)1頭目(軸馬)の選び方
(3)2頭目(相手馬)の選び方

これらについて、本文内で詳しく解説していきます。

2021年、無料予想で+1,123,800円を記録!

『ARCANUM』無料予想の勢いは、2021年に突入しても全く止まりません!

◎1月:+767,300円!
◎2月:+115,500円!
◎3月:+665,600円!

1~3月は48鞍中22レース的中と、実に50%近い的中率!

こんな素晴らしい予想を、毎週4鞍無料で見れるのだから、本当驚きです!

予想を見る為に必要なのも、以下の手順で無料会員登録するだけ!

(1)こちらをクリック
(2)ページ上部からメールアドレスを送信
(3)返信メール内にあるURLをクリック

今最も勢いがある『ARCANUM』の無料予想、是非参考にしてみて下さいね!

ワイドフォーメーションは何点買いがおすすめ?

まずは、ワイドフォーメーションは『何点買いがおすすめなのか?』について解説します。

結論から言うと、おすすめは5点買いです。

ワイドは、馬連や3連複と比べ、圧倒的に配当が低い馬券種です。

人気馬同士の場合、3~5倍。穴馬が絡んでも20~30倍までしか配当が伸びないこともザラにあります。

配当の伸びに限界が見える分、買い目点数が多いと、馬券が当たっても儲けが出づらい馬券種なのですね。

つまり、回収率を伸ばすには、買い目点数をある程度抑える必要がある。

かといって、減らし過ぎると今度は的中率が落ちてしまう。

的中率と回収率。

共に高い数字を残せる可能性が高いからこそ、5点買いをおすすめする訳です。

5点買いのワイドフォーメーションとは?

ワイドフォーメーション5点買いをする場合、組み方は以下のようになります。

1頭目:1、2
2頭目:1、2、3、4

1頭目(軸馬)が2頭。2頭目(相手馬)が4頭になる形ですね。

注意して欲しいのは、2頭目に選ぶ4頭の内2頭は、1頭目に選んだ馬と同じである点です。

つまり、相手馬として選ぶのは実質2頭。

予想する時は、この点をきちんと意識するよう注意して下さい。

ワイドを予想する際、もう一つ意識して欲しいことがあります。

『ホライズン』の予想を参考にすることです。

ホライズンとは、予想がとにかく当たると評判の競馬予想サイト。

例えば、2020年のG1成績を見て下さい。

◎桜花賞→回収率899%
◎皐月賞→回収率654%
◎天皇賞春→回収率1350%
◎Vマイル→回収率227%
◎東京優駿→回収率276%
◎菊花賞→回収率423%
◎マイルCS→回収率179%
◎有馬記念→回収率526%

※安田記念や天皇賞秋を含め、他5レース的中。

牡馬クラシック完全的中を筆頭に的中率62%を記録。

ホライズンの予想を参考にすることで、ワイドの的中率を更に上げられる可能性が生まれる訳ですね。

予想を見る為に必要なのは、以下の無料会員登録だけ。

(1)こちらをクリック
(2)ページ上部からメールアドレスを送信
(3)返信メール内にあるURLをクリック

一度登録してしまえば、ワイド予想を毎週無料で見ることが出来ます。

ワイドを買う人は、是非活用することをおすすめします。

1頭目の選び方は?

次に、『1頭目(軸馬)の選び方』について解説します。

当記事がおすすめするワイドフォーメーションは、1頭目を2頭指名する形です。

その2頭を選ぶ時に意識して欲しいのは、1頭を上位人気馬、1頭を穴馬にすることです。

そうすることで、的中率と回収率で両方、高い数字を残すことが期待できるからです。

2頭を選ぶ時、穴馬に関しては、普段の予想と同じ形で選んでもらえれば問題ありません。

ただ、上位人気馬に関しては、普段と少し意識を変えて選んで下さい。

というのも、上位人気馬が絡んだワイドの配当は、非常に安くなる傾向にあるからです。

複勝率が高い上位人気馬を選ぶ

上位人気馬が絡んだワイドの配当は、5倍前後、相手馬次第で3倍前後の配当になることも珍しくありません。

2~3点同時的中や10倍以上の配当になることもあるとはいえ、儲けるには、かなりの的中率が要求されます。

2頭目(相手馬)が抜ける可能性も考えると、1頭目をかなりの確率で当てないと、馬券で勝つのは厳しくなってしまう訳です。

どの位を目安にするかは人によって違ってくると思いますが、当記事では、1頭目に選ぶ上位人気馬は、70%以上の確率で3着以内に入ると判断した馬を選ぶことをおすすめします。

この位の的中率があれば、配当が低くても、一定の回収率を残すことを期待できるからです。

勿論、中にはそこまで高い複勝率のある馬を選ぶ自信がない人もいるでしょう。

そんな人は、『的中率が上がる軸馬選びのコツとは?』の記事を参照下さい。

そちらで、馬券に絡む確率が高い軸馬の簡単な見分け方を解説しています。

2頭目の選び方は?

最後に、『2頭目(相手馬)の選び方』について解説します。

当記事がおすすめするワイドフォーメーションは、2頭目を4頭指名する形です。

とはいえ、先ほども説明した通り、4頭の内2頭は1頭目と同じ馬。

2頭目に選ぶ馬は、実質2頭です。

その2頭を選ぶ時、意識して欲しいのは、選ぶ馬の人気を偏らせないことです。

それにより、的中率と回収率のバランスを、より高めることができるからです。

幅広い人気の馬を選ぶ

1頭目に上位人気馬と穴馬を1頭ずつ選ぶことをおすすめするのは、それにより、的中率・回収率が共に高くなるからだと説明しました。

それを実行したとしても、仮に2頭目を何も考えずに選んでしまったらどうなるでしょう。

例えば、2頭目の2頭を共に人気馬で選んだ場合、今回おすすめしているワイドフォーメーションの組み合わせは以下のようになります。

・上位人気馬+穴馬
・上位人気馬+人気馬
・上位人気馬+人気馬
・穴馬+人気馬
・穴馬+人気馬
※左が1頭目。右が2頭目。

せっかく1頭目に穴馬を指名したにもかかわらず、全ての組み合わせが人気馬絡みになってしまうのです。

これでは、1頭目を共に人気馬にし、2頭目に穴馬を入れるワイドフォーメーションと変わりありません。

1頭目に穴馬を入れることをおすすめしたのは、回収率の上限を上げる為。

2頭目にも穴馬を入れて、最低1つは『穴馬+穴馬』の組み合わせを作ってこそ、1頭目に穴馬を入れた価値が生まれるのです。

かといって、2頭共を穴馬にしてしまえば、今度は的中率が落ちることが懸念される。

2頭目に選ぶ2頭の人気をバラけさせる意識を持つことで、的中率・回収率、共に良くなることを期待できる訳ですね。

自分で穴馬を見つける自信がない人には、『暴露王』の予想を参考にすることをおすすめします。

『暴露王』とは、2019年に万馬券350本的中、2020年に3連単100万馬券的中した実績がある、とにかく穴馬予想が上手い競馬予想サイト。

その『暴露王』が、毎週土日3鞍、週に計6鞍、予想を無料公開してくれているからです。

予想を見る方法はとても簡単。

(1)こちらをクリック
(2)ページ上部からメールアドレスを送信
(3)返信メール内にあるURLをクリック

この手順通りに無料会員登録するだけ。

完了後、今週末から誰でも、無料でその予想を見られるようになります。

最強のワイドフォーメーションとは?

当記事がおすすめするワイドフォーメーションを改めてまとめると、以下の形になります。

1頭目:1、2
2頭目:1、2、3、4

(1)1頭目は上位人気馬+穴馬
(2)2頭目の人気はバラけさせる
(3)買い目点数は5通り

ワイドフォーメーションの効果的な買い方を探していた人は、まずこの買い方を試すことをおすすめします。

全ての人にとって必ずしもベストとは言えないかもしれませんが、多くの人にとって結果が出やすいワイドフォーメーションであることは自信を持っています。

実際このワイドフォーメーションを買っていく中で、色んな気付きを得るでしょう。

その場合、その気付きを元に、このワイドフォーメーションにアレンジを加えて下さい。

貴方が得た気付きは、貴方の競馬の個性そのもの。

その気付きを反映させたワイドフォーメーションこそ、貴方にとっての最強のワイドフォーメーションとなるはずです。

その結果、貴方が競馬勝ち組になることに繋がったなら…。

その一役を買えたこと。当ブログとしても、嬉しく思います。

2021年、無料予想で+1,123,800円を記録!

『ARCANUM』無料予想の勢いは、2021年に突入しても全く止まりません!

◎1月:+767,300円!
◎2月:+115,500円!
◎3月:+665,600円!

1~3月は48鞍中22レース的中と、実に50%近い的中率!

こんな素晴らしい予想を、毎週4鞍無料で見れるのだから、本当驚きです!

予想を見る為に必要なのも、以下の手順で無料会員登録するだけ!

(1)こちらをクリック
(2)ページ上部からメールアドレスを送信
(3)返信メール内にあるURLをクリック

今最も勢いがある『ARCANUM』の無料予想、是非参考にしてみて下さいね!