ワイドボックスは何頭買いが最強?儲ける為におすすめの買い方は?

ワイドボックスの買い方、悩んでいませんか?

ワイドは、1レースに付き的中が3つあります。ボックス買いをすれば、その3つ全て、トリプル的中となることもあります。

ただ、ワイドは馬連などと比べ、配当が低い馬券です。

点数を増やし過ぎては儲からないし、かといって点数を減らしたら3点トリプル的中が難しくなります。

一体何頭のボックス買いをするのがベストなのか、悩みやすい問題なのです。

・ワイドは何頭ボックスが最強なのか?
・おすすめの買い方はあるのか?

その悩みを解決する為、この記事では主にこの2点を中心に、ワイドボックスについての解説をします。

高配当がよく当たる無料予想ってあるのかな…。

そんな人におすすめなのが、「高配当XXX」の無料予想です。

富裕層と同じ馬券で勝負する「高配当XXX」。

毎週のように、こうした予想を提供してくれています。

今週末は、メールアドレス登録した人に向け、こんなに当たる予想を無料で提供することが決定!

高配当がよく当たる無料予想を探していた人は是非!

今週末、「高配当XXX」の無料予想を参考にすることをおすすめします!

無料予想を見る

ワイドボックスは何頭で組むのが最強なのか?

最強のワイドボックスを考える際、候補となるのは、3頭から6頭のボックスです。

先ほども書いた通り、ワイドは、馬連などと比べ、配当が低い馬券です。

買い目点数が21通りになる7頭ボックスとなると、配当に対して、買い目が多すぎてしまうからです。

では、3頭から6頭のボックスの内、最強と言えるのはどの形でしょうか?

ワイド3頭ボックスが最強候補から外れる理由

まず、3頭ボックスは、最強候補から外れると考えます。

3頭ボックスは、人によっては最強のボックスとなる一面はあります。

ただ、それは、選んだ3頭で定期的に3点トリプル的中を出来る、とんでもなく高い予想力を持っている人だけの話です。

一般的な競馬ファンの中に、それが出来る人はほとんどいないでしょう。

儲けられる人が殆どいない買い方を最強と呼ぶには、違和感がある訳です。

ワイド6頭ボックスが最強候補から外れる理由

6頭ボックスも、最強候補から外れると考えられます。

ワイド6頭ボックスをした場合、買い目点数は15通りになります。

21通りになる7頭ボックスと比べると少なく感じますが、ワイドを買うことを考えると、まだ買い目点数が多すぎます。

この買い方で儲けるには、100%の的中率で15倍以上の配当を当てるか、配当の合計が15倍以上となるトリプル的中を続けなくてはなりません。

本命サイドの取捨が抜群に上手い、もしくは、穴馬探しが抜群に上手い、特別な予想能力を持っている人しか、そんな芸当は出来ないでしょう。

3頭ボックス同様、儲けられる人が殆どいない買い方なだけに、最強と呼ぶのは違和感が生まれる訳です。

最強なのは4頭か5頭のワイドボックス

以上の理由により、ワイドボックスの最強候補は、4頭ボックスか5頭ボックスとなります。

この2つの内、どちらを最強の買い方とするのか?

結論から言うと、一般的な競馬ファンにとっては、4頭ボックスが最強のワイドボックスになると思います。

4頭ボックスと5頭ボックスを比べると、前者の買い目点数が6通り、後者が同10通りと、大体2倍の差があります。

ここで考えて欲しいのは、果たして、買う馬を1頭増やした時に、馬券が的中する確率が倍になるかどうか?という点です。

仮に倍になるなら、5頭ボックスの方が回収率は上がる公算になります。そうでない場合は、4頭ボックスの方が回収率が上がる可能性が高いと見積もれます。

買う馬を1頭増やしただけで的中率を倍に出来る競馬ファンは、恐らく殆どいないと思われます。

それを考えると、5頭ボックスの方は最強としてやや物足りなく、結果、最後まで残る4頭ボックスこそが、ワイドボックスとして最強と結論づけられます。

ワイド4頭ボックスのおすすめの買い方は?

ワイドは4頭ボックスが最強。

ここで注意して欲しいのは、だからといって、ワイド4頭ボックスならどんな買い方をしても良い訳ではないということです。

例えば、毎回1~4番人気のワイド4頭ボックスを買っていては、理論上は儲けることが出来ません。

ワイド4頭ボックスが最強の組み方だとしても、それで儲けるには、買い方の工夫が必要になる訳です。

人気馬2頭+穴馬2頭の組み方をする

おすすめの買い方は、人気馬2頭+穴馬2頭で、計4頭ボックスにすることです。

この買い方をした場合、的中パターンとして、以下の3つが生まれます。

・人気馬+人気馬
・人気馬+穴馬
・穴馬+穴馬

人気馬+人気馬の組み合わせは、高い確率で当たります。穴馬+穴馬の組み合わせは、的中した時に大きな配当となります。人気馬+穴馬の組み合わせは、その中間になります。

買い目点数は6通りと多くないにもかかわらず、的中率と回収率のバランスが非常に良いのですね。

そうした意味で、多くの人にとって使いやすく買いやすい。だからこそ、最強のボックスと呼べる訳です。

穴馬はどうやって見つければ良いのか?

勘の良い方なら気付いたでしょうが、ワイド4頭ボックスで儲ける為の鍵は、馬券に絡む穴馬をいかに見つけられるかにかかってきます。

人気馬については、1~3番人気の中から選んでおけば、誰が予想してもそれなりに高い確率で的中することが出来るでしょう。

選んだ2頭が共に3着以内に入るケースも、それなりの確率で起こると思います。

ただ、穴馬の方は、一定の確率で当てる自信がない人もいると思います。

そんな人には、暴露王さんの穴馬予想をおすすめします。

暴露王さんは、年間に341本も万馬券を当てた実績を持つ、穴馬予想の天才です。

そんな天才が、土日に各3鞍、計6鞍の穴馬予想を無料で公開しているのですから、そこで推奨されている穴馬を買い目に入れれば、問題は解決するからです。

高確率で穴馬を当ててくれる予想を無料で見られるのですから、今は本当に良い時代ですね。

暴露王さんの穴馬予想を見るのに必要なのは、メールアドレスの登録のみ!

ワイドボックスで穴馬を当てる自信のない人は、暴露王さんの穴馬予想を参考にすることをおすすめします。

暴露王の穴馬予想を見る

ワイドボックスの儲かる買い方まとめ

ワイドボックスは人気馬2頭+穴馬2頭の4頭ボックスで組む。

一言で言うと、最強のワイドボックスの買い方はこれです。

注意して欲しいのは、あくまでこれは、一般的な競馬ファンが儲けられる確率が最も高いと考えられる、という意味での最強です。

人によって、レースによっては、違う場面もあるでしょう。その点は理解しておく必要があります。

ただ、これを意識してワイドボックスを買うようになれば、その過程において、貴方にとっての最強のワイドボックスの買い方も見えてきやすくなると思います。

そういう意味で、知っておいて損のない考え方と言えると思います。

後は、実践を通じ、貴方ならではの最強のワイドボックスを作り上げて下さいね。

競馬に役立つ更なる話を聞きたい方は、以下のメールボックスからメールアドレスをご登録下さい。

・今週末狙えるレース
・競馬プロの予想
・本当に使える馬券術
・競馬関係者の裏話

などなど。競馬予想サービスが配信する無料メールマガジンをお届けさせていただきます。