馬単で儲かる買い方はこの2つ!その方法を簡単解説!

このレースは馬単と馬連どちらを買うべきなのか?

競馬ファンなら、誰しも一度は迷ったことがあるかと思います。

馬単を買って、裏を喰らって外すのはとても悔しいことです。迷ってしまう気持ちは痛いほど分かります。

しかし、残念ながら馬単を買う限り、裏を喰らう可能性は絶対に付いて回ります。馬単の裏を喰らわないのは、競馬プロでも絶対に不可能な芸当です。

馬単を買う上で大事なのは、裏を絶対に喰らわない買い方を探すのではなく、トータルで考えて、馬連よりも儲かる可能性が高い馬単の買い方を見つけることです。

そんな、馬連より馬単の方がトータルで儲かる買い方は次の2つです。

・勝率が75%以上ある馬を本命とした場合
・断然人気馬が2着になる場合

この記事では、その2つの買い方について解説していきます。馬単の買い方に悩んでいる人は、是非最後まで目を通してみて下さい!

たったの1日で…
1レース1万円以下の賭け金で…

2,151,810円
597,280円
241,080円

こうした払戻金を届けてくれる。

こういった情報を知るのと知らないので、競馬で生涯得られる払戻金に、大きな開きが出てきてしまいます。

あなたは、本当に価値のある競馬情報を手に入れていますか?

今週末、本当に価値ある阪神JFの予想を無料で手に入れたい方は…

こちらをクリックしメールアドレス登録!

勝率75%以上ある馬から買えば馬単は儲かる!

馬単で儲ける1つめの買い方は「勝率75%以上ある馬から買う」ことです。

理論上、馬単の配当は馬連の2倍です。勝率が51%以上ある馬を本命にすれば、トータルで考えて、馬連より馬単の方が儲かるように一見感じます。

しかし、ここに一つの罠があります。

「人気馬が1着になった時、馬単の配当は馬連の2倍以下になることが多い」ことです。

競馬ファンの多くは人気馬を本命にすることが多いでしょう。

つまり、馬連の的中率の半分程度しか残せないなら、馬単よりも馬連を買った方が儲かる可能性が高くなります。

逆に言うと、馬連の4分の3前後の的中率、本命馬の勝率が75%以上ある場合のみ馬単を買えば、トータル配当で、馬連より馬単の方が確実に大きくなるでしょう。

勝率75%以上ある馬の見分け方

ここでポイントとなるのは、自分では勝率75%以上あると思っていても、実際その馬の勝率が40%しかないのならば、何の意味もないどころかむしろ害になってしまうことです。

馬単で儲けるには、本命馬の勝率を、いかに正確に読めるかが重要となる訳です。

「なんだ。それじゃ俺にはこの買い方は無理だわ。自分の本命馬の勝率が75%以上あるのかどうか分からん」

今、そう思った人もいるでしょう。というより、殆どの人がそう思ったかもしれません。

でも、安心して下さい。どんな人でも簡単に、その馬の勝率が75%以上あるかどうか見分けられる教材を、馬単的中率82%を誇る競馬プロが、現在作成してくれています。

まだ作成段階なのでここでそれを公開することは出来ないのが残念ではあります。

ですが、草案をチラっと見せてもらった限り、「なるほど、これなら確かに誰でも勝率75%以上ある馬の見分けが出来そうだ」とかなり期待出来るものでした。

完成した暁には、その競馬プロが直接その教材を提供してくれるとのことですので、少しでも興味を持った方は、以下のメールボックスにメールアドレスを入力の上、送信ボタンを押下ください。

完成の時期は未定ですが、恐らくそう遠くはならないのではないかと僕は見ています。登録、配信は勿論無料ですので、希望する方は是非登録していって下さい!

断然人気馬が2着になる時に買えば馬単は儲かる!

馬単で儲ける2つめの買い方は「断然人気馬が2着になる時に買う」ことです。

断然人気馬が2着になった場合、馬単の配当は、馬連の3倍、時に4倍にもなります。

例えば、2006年の阪神ジュベナイルフィリーズ。

単勝1.6倍だったアストンマーチャンが2着になり、馬連が9.0倍、馬単28.6倍と、馬単の配当は馬連の3倍を超えました。馬連より馬単を買う方が儲かることが、誰の目にも明らかなほどの配当差です。

断然人気馬を負かせる馬がいる時のみに買う

この買い方のポイントは、「断然人気馬を負かせる馬がいる場合でなければ効果がない」ことです。

断然人気馬は、出走馬の中で能力が抜けているケースが殆どです。その馬が勝つ可能性は、当然、非常高くなっています。

断然人気馬が2着になった時の馬連と馬単の配当差が大きいと言っても、断然人気馬が出走する全てのレースでその馬を2着にした買い方をしていては収支はマイナスになるでしょう。

配当差の恩恵を充分に受けたいなら、断然人気馬が2着になる時、つまり、断然人気馬を負かせる馬がいる時のみ、この馬単の買い方をする必要があるということです。

先ほど例に挙げた2006年の阪神ジュベナイルフィリーズで1着になったのは、後に牝馬ながら日本ダービーを制し、引退までにG1を7勝した、歴史的名牝のウオッカです。

こうした、断然人気馬を負かせる馬がいる場合のみ、断然人気馬を2着にした馬単を買うと、馬単で儲かる可能性が上がる訳です。

断然人気馬を負かせる馬の見分け方

とはいえ、競馬ファンの中には、この時のウオッカのように、断然の1番人気馬を負かせる可能性がある馬を見つける自信がない人もいるでしょう。

でも、安心して下さい。

先ほど紹介した馬単の的中率82%を誇る競馬プロが作成中の教材の中に、それに該当する馬の見分け方もきちんと収録される予定だからです。

見分けるポイントはいくつかありますが、今回収録予定のものは、誰でも簡単に見つけられる方法に特化させたものと聞いていますので、恐らく、そう難しいものではないでしょう。

その教材は、先ほどお伝えした通り、以下のメールボックスにメールアドレスを入力の上、送信ボタンを押下くださった皆さんに、競馬プロが直接、無料で配布予定です。少しでも興味がある人は是非、登録をお薦めします!

馬単で儲かる買い方のまとめ

・勝率が75%以上ある馬を本命とした場合
・断然人気馬が2着になる場合

このような時に馬単を買えば、馬連を買うよりトータルで儲かる理由について解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

これまで馬単と馬連どちらを買えば良いのか迷うことのあった人に、その悩みの解消となる指針を少しはお届け出来たならば幸いです。

尚、当ブログでは、馬単に限らず、あらゆる馬券種の儲かる買い方について解説した記事をいくつも公開しています。

この記事を読んで、少しでも共感出来る部分があった人は、是非、他の記事も目を通していって下さい。

馬単だけでなく、他の馬券種での儲ける買い方を知れば、馬券で儲かる確率が更に上がること間違いありません。今後も、当ブログを宜しくお願いします!

「もうちょっとお小遣いを増やして欲しい」
「将来のお金について不安になることがある」

379,830円
364,640円
309,240円

こんな払戻金を得られたら、その悩み、全て解決すると思いませんか?

実は、この数字は、ある一週間において、全て5,000円以下の賭け金で、TAZUNAがお届けした払戻金です。

そんなTAZUNAが、今週末、今これを読んでいるあなたに、

阪神JFの予想を無料で提供してくれるキャンペーンを行っています。

キャンペーンに参加し、予想を無料で見たい人は…

こちらをクリックをしメールアドレス登録!

フォローする