3連複フォーメーションで絶対押さえたい3パターン!印の打ち方まで含めて大公開!

僕は3連複だけで年間数十本の万馬券を的中させています。

それを目の当たりにしている周りの競馬好きによく「3連複で万馬券を当てるには何かコツがあるの?」と聞かれますが、結論から言えばコツはあります。

それは毎回、ほぼ決められた形で印を打ち、決められた3パターンのフォーメーションに当てはめ馬券を買うということです。

競馬ファンの多くは、馬券を買う時、予想をし、買い目を決め、という作業をしていると思います。

しかし、どの馬が来るのか予想し尚且つ買い方を的確に選ぶのは、出来れば確かに理想ですが、多くの競馬ファンにとっては難易度が高すぎる芸当だと思うのです。

もちろんそれは、僕でにとっても例外でありません。

だからこそ僕は、印の打ち方、フォーメーションの組み方を長年の試行錯誤の末にマニュアル化したのです。

結果、今では毎年、3連複だけで年間数十本の万馬券を的中させています。

この記事では、そんな僕がマニュアル化させた3連複についての考え方を公開します。

3連複の印の打ち方基本マニュアル

まずは印の打ち方から説明します。

下記が、僕が打つ印の基本構成です。

◎:1~3番人気馬
〇:1~5番人気馬
▲:4~6番人気馬
注:5~8番人気馬
☆:7~9番人気馬
△:10番人気以下馬

◎1頭軸の3連複フォーメーションを買う場合、対抗以下の馬がどれだけ好走しようが、◎が4着以下になった時点で馬券の外れが確定してしまいます。

ですから、◎は好走確率が高い馬を選ぶ必要があります。

そこで僕は、◎はよほどのことがない限り単勝1~3番人気馬の中から選びます。単勝1~3番人気馬は、全レースの80%前後で1頭は馬券に絡むという統計データがあるからです。

合わせて意識しているのが、単勝1~3番人気馬の内、1頭は無印にするということです。

単勝1~3番人気の3頭で決着すれば、3連複とはいえ配当は当然安いです。その安い馬券を的中させる魅力を僕はあまり感じません。安い配当を狙うなら、3連複よりもっと的中確率の高い単勝や複勝の方が効率が良いからです。

ですから、単勝1~3番人気馬の3頭で決着しそうなレースは馬券を控えます。

結果、3連複を買う時は、対抗以下の印は中穴馬中心になります。10番人気以下の馬は△までに留めるのは、こちらも統計上そう高い確率での好走は期待出来ないので「来たらラッキー」程度の気持ちで買っているからです。

基本印を6頭にしているのは、迷った時は馬コラボの指数上位6頭を重視したいという考えもあるからです。

詳細は「無料競馬予想の究極!驚愕の的中率を誇る馬コラボで競馬副業を実現!」で解説していますが、3連単ですら37.2%の的中率がある馬コラボを3連複で活用すればかなりの的中率を実現出来るからです。

お薦め3連複フォーメーションはこの3パターン!

次にフォーメーションについて説明します。

使っている3連複フォーメーションは以下の3パターンです。

・1-5-5(10点買い)
・1-3-7(18点買い)
・2-6-6(16点買い)

いずれのパターンでも共通した考え方は「ある程度の的中率を期待出来つつ買い目もあまり多くない」というものです。

この3パターンなら、最も多い買い目でも18点。1点300円の購入でも3~5,000円前後と賭け金がそこそこの範囲に収まります。競馬ファンが馬券を楽しむのにも適した点数でしょう。

以下にて、各フォーメーションについて説明します。

3連複フォーメーション【1-5-5】

まずは3連複フォーメーション1-5-5についてです。

印マニュアルで打った◎1頭軸から残り5頭へ流す買い方。前述馬コラボの6頭でもこと足りるとあって最も使う買い方です。

点数も10点と少ないので、3連複初心者にも使いやすいでしょう。

特に補足する点はありませんが、的中率と回収率のバランスが非常に優れている買い方です。

3連複フォーメーション【1-4-7】

次いで3連複フォーメーション1-4-7についてです。

これを使うのは、ヒモ荒れする可能性が高そうだと判断したレースです

印マニュアルでいうと△を1頭から3頭に増やし◎ー〇▲注☆ー〇▲注☆△△△の形で馬券を買います。

肝となるのは△同士の組み合わせは買い目から外すことです。

上でも書きましたが、統計的に単勝10番人気以下の馬が馬券に絡む確率は低いです。その馬が3着以内に2頭入る可能性はかなり低いと考えるからです。

仮に△が2頭馬券に絡めば当然配当は高くなりますが、点数を大きく増やしてまでそれをフォローするのはコスパが悪いと考え、その買い目については削って対応しています。

3連複フォーメーション【2-6-6】

最後に3連複フォーメーション2-6-6についてです。

これを使うのは注や☆など、中穴馬が高い確率で馬券に絡みそうだと判断したレースです。

そして、他2パターンと明確に違うのが一列目に◎だけでなく注か☆を置く点です。図にすると◎☆ー◎〇▲注☆△ー◎〇▲注☆△、こういった形になります。

◎1頭軸の場合、注目した注や☆の穴馬が3着以内に来ても、◎が4着以下となってしまえば馬券は不的中に終わってしまいます。

狙っていた穴馬が来たのに軸が飛んで馬券が外れる悔しさは、競馬ファンなら皆共感出来ますよね。それを避けるため、穴馬に自信がある時はこの買い方をよく使います。

僕が3連複万馬券を的中する時の、4~50%近く、このフォーメーションになっているかもしれません。

まずはマニュアルを覚え、そこから自己流にアレンジ!

仕事やスポーツ、何でもそうですが、上達するにはまず、マニュアルを覚え、それで繰り返し練習し、ある程度上達した段階で独自性を取り入れるのが最も効果が高いと僕は思います。

馬券にしてもそれは例外でなく、まだあまり馬券が上手でない人は、何らかマニュアルを取り入れるのが効果的だと思います。

勿論、それは必ずしも僕が今説明したものである必要はありません。

マニュアル通りに買って最も高い的中率を残せるということを考えると、さきほども挙げた「無料競馬予想の究極!驚愕の的中率を誇る馬コラボで競馬副業を実現!」で解説している馬コラボが今の無料競馬予想では最高峰でしょうし、3連複派から絶大な支持を集めているこちらの無料予想もチェックすべきものでしょう。

いずれにしても、なかなか結果が出ない人はその都度ブレた考えで馬券に取り組んでいる、というのが非常に多い印象です。

今日ここで会ったのも何かの縁ですから、もし僕のマニュアルが良さそうだぞと感じたら、良いなと思った部分だけでも使ってもらえれば嬉しい限りです。

「3連複は3連単より簡単に万馬券が取れる!その理由を徹底解説!」でも書いていますが、多くの競馬ファンにとって、3連単より3連複の方が儲けやすい馬券だと僕は思っています。

今週末から改めて、新たな気持ちで3連複と向き合い、より良い収支を目指して下さい。

メールアドレス登録
無料メールマガジン

毎週、重賞予想を抽選で100名様に提供しています。配信希望の人はこちらからメールアドレス登録をお願いします。

[contact-form-7 id=”162″ title=”無料会員登録”]

※過去登録されたメールアドレスも毎週抽選対象となりますので、一度登録した方の再登録は不要です。

フォローする