『3連複フォーメーション』最強の組み方は2-4-7!その理由とおすすめの買い方を解説!

「3連複フォーメーションって、どの組み方が最強なの?」

当ブログが出した結論は「2-4-7」。

理由は以下の3つ。

・的中率が高い
・買い目点数が適切
・超高配当も当てられる

『3連複フォーメーション』を組む時に重要な問題を全てクリアしているからだ。

本文ではその根拠と、馬券を買う時に意識して欲しいポイントを解説する。

馬券が当たるのは勿論、超高配当も獲れるようになるので是非参考にして欲しい。

【無料】半年で200万円稼ぎたい人におすすめリホラボの無料予想!

昨年の上半期、200万円以上稼いだリホラボの無料予想。

「AJCC」3連複33.2倍的中など、今年も着実に的中を重ねている。

そんなリホラボが今週無料公開するのは「中山記念」の予想。

「AJCC」と同じく、得意とする古馬中距離路線の予想なだけに、的中に絶大な期待を持てる。

自分の予想によほど自信がある人以外、「中山記念」の馬券は自分で予想するより「リホラボ」に乗る方が儲かる可能性は圧倒的に上だろう。

予想を見るのに必要なのは、以下のボタンをクリックしてメールアドレス登録するだけ。

上半期だけで200万円以上稼ぎたい人は、今週の「中山記念」。「リホラボ」と同じ買い目で馬券を買う事、心よりおすすめする。

【無料】でリホラボの【中山記念予想】を見る

『3連複フォーメーション』2-4-7は「的中率が高い」から最強!

2-4-7が最強の『3連複フォーメーション』である1つ目の理由は、的中率が高い点。

『3連複フォーメーション』を組む時、1頭目1頭指定の買い方をする人は多い。

それには勿論良さもある。

が、「その馬が4着以下になった時点で購入した全馬券の不的中が確定してしまう」のは、人によってはかなり大きな欠点となる。

よほどの確率で1頭目を当てないと、ただでさえ当てるのが難しい『3連複フォーメーション』の的中率が、かなり落ちてしまう事だ。

2-4-7の『3連複フォーメーション』は、その問題を簡単に解決してくれる。

1頭目2頭指定の『3連複フォーメーション』は、何もせずとも、1頭目1頭指定の『3連複フォーメーション』より的中率が2倍上がるからだ。

予想力を鍛えて的中率を2倍にするのは、恐らく殆どの人にとって不可能。

そんな不可能な芸当を、誰でも出来る単純な方法で叶えてくれる。

だからこそ当ブログでは、2-4-7を最強の『3連複フォーメーション』と結論付けている訳である。

『3連複フォーメーション』2-4-7は「買い目点数が適切」だから最強!

2-4-7が最強の『3連複フォーメーション』である2つ目の理由は、買い目点数が適切な点。

「1頭目を2頭指定すると買い目点数がかなり増える」イメージを持っている人は非常に多い。

だが実際はイメージほど、その買い目点数は増える事はない。

例えば、「1-3-6」と「2-4-7」、2つの似た組み方で比較してみよう。

1-3-6
1頭目:1
2頭目:2.3.4
3頭目:2.3.4.5.6.7

2-4-7
1頭目:1.2
2頭目:1.2.3.4
3頭目:1.2.3.4.5.6.7

ぱっと見だと「2-4-7」の点数の方が圧倒的に多そうに見えるが、実際は「1-3-6」が12通り、「2-4-7」19通りと、そこまで大きな差はない。

この差で的中率が2倍上がるのは、3連複の配当を考えると大きな魅力になる。

また、19通りという事は、1点100円で買えば計1,900円と、合計投資金を2,000円以下に抑えられる。

この金額なら、お小遣いの範囲で馬券を楽しんでいる人でも買いやすいだろう。

いくら良い『3連複フォーメーション』があったとしても、一部の人以外買いづらいものであれば、それは「最強」と呼ぶに相応しくない。

誰でも買いやすい組み方になっているからこそ、当ブログでは2-4-7を最強の『3連複フォーメーション』と結論付けている訳である。

『3連複フォーメーション』2-4-7は「超高配当も当てられる」から最強!

2-4-7が最強の『3連複フォーメーション』である3つ目の理由は、超高配当も当てられる点。

さっき書いた通り、1頭目1頭指定の『3連複フォーメーション』を買う場合、その馬が4着以下になった時点で馬券の不的中が確定してしまう。

その分どうしても、その1頭を確実に当てにいく意識が働く。

勿論、それ自体は悪い事ではない。

的中率が上がるほど馬券が儲かる確率も上がるし、当ブログでも、軸馬から買う馬券は、高い確率で軸馬を当てる意識を持つ事を強くおすすめしている。

ただ、3連複を買う人には必ず、「超高配当を当てたい」気持ちがどこかにあるはず。

そうでなければ、当てるのが難しい3連複をわざわざ買う訳がないからだ。

その願望を実現する観点から考えると、1頭目を1頭指定で確実に当てにいく気持ちは、マイナスとして働いてしまう部分もある。

1頭指定で確実に当てる必要がある中、1頭目に穴馬指定できるのは、よほど穴馬予想に自信がある人でないと難しいからだ。

その分、1頭目1頭指定だと、超高配当を当てられる可能性が殆どなくなってしまう。

1頭目を2頭指定すると、その問題も解決する事が出来る。

1頭目を2頭指定できるなら、1頭を普段通り的中率重視で予想しておけば、もう1頭は穴馬で冒険してみるかという気持ちにもなりやすいからだ。

1頭目に穴馬を指定する事が出来れば、1着から3着全てに穴馬が入線した場合の、超高配当3連複が当たる可能性が生まれる。

つまり、高い的中率を維持しつつ、手頃な点数で、超高配当の的中まで期待が持てる訳だ。

だからこそ当ブログでは、2-4-7を最強の『3連複フォーメーション』と結論付けている訳である。

G1の馬券が当たりまくる『3連複フォーメーション』の買い方を紹介!

G1シーズンにこの記事を読んでいる人は本当にラッキー。

『3連複フォーメーション』には、G1の馬券が当たりまくる買い方がある。

ホライズンの買い目と、同じ馬券を買うことだ。

  • 的中率:62%(21戦13勝)
  • 回収率:256%!
  • 収支総額:+169,490円
  • 2020年、ホライズンのG1予想は3連複としては驚異の的中率62%を記録!

    翌2021年もG1の3連複予想で50%以上の的中率を記録したよう、G1での安定感がとにかく抜群なのだ!

    しかもその予想は、以下のボタンをクリックしてメールアドレス登録すれば、誰でも無料で見ることが出来る。

    こんな最強の方法があるのだから、G1で3連複を買う人は、ホライズンの予想を参考にしないのは、本当に勿体ないぞ!

    また、ホライズンは、「2021年京王杯SC3連複167.4倍」「2021年エプソムC3連複130.9倍」「2021年シリウスS3連複167.7倍」等、G1シーズンとなると3連複の万馬券的中も日常茶飯事となる。

    重賞で稼ぎ、その資金を使ってG1で大勝負って戦略も、ドでかく勝ちたい人には有効だろう。

    いずれにしても!3連複を買うなら、無料で見れるホライズンの予想、必見である。

    無料でホライズンの予想を見る

    『3連複フォーメーション』2-4-7おすすめの買い方

    いくら最強な『3連複フォーメーション』でも、予想が適当なら儲かるものも儲からない。

    そこでここからは、2-4-7を組む時に意識して欲しい予想のポイントについて解説する。

    ・1頭目には人気馬と穴馬を1頭ずつ指定する
    ・3頭目に指定する馬の人気はバラけさせる

    結論から言うとこの2点。

    これらを意識すれば、儲かる確率を大きく上げる事が出来る。

    1頭目には人気馬と穴馬を1頭ずつ指定する

    まず意識して欲しいのが、1頭目には人気馬と穴馬を1頭ずつ指定する事。

    1頭目に人気馬と穴馬を指定する事で、高い的中率と高配当的中、2つを一挙に狙える『3連複フォーメーション』を組むことが出来るからだ。

    この時意識して欲しいのが、人気馬の方は、高確率で3着以内に入る馬を選ぶこと。

    仮に人気馬の方も高確率で当たらないとなると、もう1頭に、リスクを取って穴馬を選ぶのが難しくなってしまうからだ。

    「人気馬の方も外れるかもしれない…」という気持ちがあると、もう1頭の方も、穴馬ではなく、人気馬を選んで当てにいきたい心理が働いてしまうからな。

    そうなってしまっては、高い的中率と高配当的中を両立できる最強の3連複フォーメーションではなくなってしまう為、その点、気を付けて欲しい。

    尚、人気馬が絡んだ馬券だけの的中が続き、「この買い方を続けて本当に儲かるのか?」と、不安になる時期もあると思う。

    この買い方は、「1頭目の人気馬が絡んだ時は適度な儲けで、1頭目の穴馬が馬券絡んだ時に大きく儲ける」のが基本スタンス。

    忍耐が必要な時期は、踏ん張りどころだと思って頑張って欲しい。

    3頭目に指定する馬の人気はバラけさせる

    合わせて意識して欲しいのが、3頭目に指定する馬の人気をバラけさせる事。

    1頭目:1.2
    2頭目:1.2.3.4
    3頭目:1.2.3.4.5.6.7

    『3連複フォーメーション』2-4-7の3頭目に指定する馬は、1頭目に指定する2頭を除くと5頭になる。

    この5頭に選ぶ馬の人気を、例えば以下のようにバラけさせる。

    ①:1~2番人気
    ②:3~4番人気
    ③:5~8番人気
    ④:5~8番人気
    ⑤:9番人気以下

    それにより、①②で的中率を、③④⑤で高配当をそれぞれ期待できる、非常に良い買い目に仕上げる事が出来る。

    5頭中2頭は2頭目にも指定する形となるが、①②以外の組み合わせで選べれば完璧だ。

    「1頭目の穴馬+2頭目の③+3頭目の④」の組み合わせでの的中ともなれば、10万馬券近い、超高配当の的中も期待できる事になる。

    穴馬選びに自信がない人は「穴馬セレクト」推奨馬を選んでおけば間違いない!

    推奨した穴馬がズバズバ好走する「穴馬セレクト」

    例えば、2023年6月17日~18日。「穴馬セレクト」が推奨した穴馬たちの結果は以下の通りだった。

    6/17 阪神7R『3歳上1勝クラス』
    推奨:ヘクトパスカル
    結果:9番人気(31.7倍)3着!

    6/17『米子ステークス』
    推奨:メイショウシンタケ
    結果:10番人気(93.1倍)1着!

    6/18 函館8R『3歳以上1勝クラス』
    推奨:ハイライフ
    結果:15番人気(265.1倍)2着!

    6/18 東京8R『3歳以上1勝クラス』
    推奨:フエキ
    結果:12番人気(178.0倍)4着

    予想提供した4レース中3レースで、推奨穴馬が3着以内に入線!

    唯一不的中に終わった6月18日東京8Rも単勝178倍のフエキが4着入線!18日函館8Rなんて単勝265.1倍ハイライフの激走を見抜いてるのだから驚きだ!

    「穴馬セレクト」推奨馬は、以下のボタンから「逆境ファンファーレ」にメールアドレス登録すれば無料で見ることが出来る。

    穴馬選びに自信がない人は、「穴馬セレクト」推奨馬を買い目に入れる事、心からおすすめする!

    無料で「穴馬セレクト」を見る

    『3連複フォーメーション』2-4-7が最強の理由とおすすめの買い方を総まとめ!

    最後に、『3連複フォーメーション』2-4-7が最強の理由とおすすめの買い方を総ざらいする。

    Q.『3連複フォーメーション』2-4-7が最強の理由は?

    「的中率が高い」「買い目点数が適切」「超高配当も当てられる」という、『3連複フォーメーション』を組む時に重要な要素を全てクリアしているから。

    Q.『3連複フォーメーション』2-4-7おすすめの買い方は?

    ・1頭目には人気馬と穴馬を1頭ずつ指定する
    ・3頭目に指定する馬の人気はバラけさせる

    この2つを意識して予想する。

    Q.最後に一言

    『3連複フォーメーション』2-4-7を使えば、例えば2022年スプリンターズSの3連複505.9倍など、超高配当を簡単に的中する事もできる。

    1頭目:1.2
    2頭目:1.2.3.4
    3頭目:1.2.3.4.5.6.7

    1.メイケイエール(1番人気)
    2.ジャンダルム(8番人気)
    3.ナムラクレア(2番人気)
    4.ウインマーベル(7番人気)
    5.シュネルマイスター(3番人気)
    6.ナランフレグ(5番人気)
    7.ダイアトニック(10番人気)
    ※1着ジャンダルム、2着ウインマーベル、3着ナランフレグ。

    貴方も今週から『3連複フォーメーション』2-4-7を活用し、そうした高配当的中を掴み取って欲しい。

    一人でも多くの人に、一つでも多くの3連複高配当的中を掴んでもらえれば、当ブログとしても嬉しい限りである。

    【無料】昨年は3連複201.7倍的中!「中山記念」で稼ぎたい人におすすめリホラボの無料予想!

    好メンバー揃った「中山記念」。しかし、有力馬の目標は春のG1。その分、実績で劣る馬にも付け入る隙がある。

    実際、昨年は、7番人気ドーブネ、8番人気ラーグルフが絡んで波乱の結果。今年も同様の結果になる可能性は大いにある。

    そこでおすすめしたいのが、昨年「中山記念」の3連複201.7倍をたった10点で当てたリホラボの無料予想。

    今年は昨年以上に自信があるとの事で、その的中に大きな期待を持てる。

    自分の予想によほど自信がある人以外、「中山記念」の馬券は自分で予想するより「リホラボ」に乗る方が儲かる可能性は圧倒的に上だろう。

    予想を見るのに必要なのは、以下のボタンをクリックしてメールアドレス登録するだけ。

    今週ガッツリ稼ぎたい人は、「中山記念」の馬券。「リホラボ」の無料予想と同じ買い目で買う事、心よりおすすめする。

    【無料】でリホラボの【中山記念の予想】を見る