複勝ころがしで儲けるコツを解説。1.1倍狙いはNG。100万円を狙うなら?

昔から人気のある複勝ころがし。

小さい資金で高額払戻を狙えるのがその理由だろう。

しかし、実際複勝ころがしで大金を掴んだ人はどれ位いるだろうか。

これを読んでいる殆どの人が、複勝ころがしで大金を手にした経験がないはずだ。

ある意味それは仕方ない。複勝ころがしで大金を掴むのは、簡単な事ではないからだ。

そこで当記事では、競馬勝ち組の私が複勝ころがしのコツを解説する。

この内容を実践する事で、複勝ころがしで大金を掴める確率が今よりはグッと上がるはずだ。

『神戸新聞杯』儲けたければこの無料予想に乗れ!

いよいよ来週から秋のG1戦線が開幕。

存分に馬券を楽しむ為、多くの軍資金を作っておきたいと考える競馬ファンも多いはずだ。

そんな人におすすめしたいのが、『横綱ダービー』の無料予想!

期間:2022/3/5~2022/5/22
的中:16鞍中14鞍
投資:82,000円
払戻:314,090円
収支:+232,090円
的中率87.5%、回収率383%(最高回収率1383%)

実績を見ての通り、重賞予想の精度はとにかく抜群!

先々週の『セントウルS』3連複41.2倍、先週の『セントライト記念』3連複14.6倍を楽々的中しているよう、秋競馬でも、飛びぬけた予想力を存分に見せつけている。

今週は、そんな『横綱ダービー』が『神戸新聞杯』の予想を無料公開する事が決定!

絶対主役不在のこのレースも、『横綱ダービー』なら、ズバリ馬券を的中させてくれるはずだ。

『神戸新聞杯』で儲け、来週から始まるG1戦線に弾みを付けたい人は、『横綱ダービー』の無料予想を参考にする事、強くおすすめする。

無料で『横綱ダービー』の予想を見る

1.1倍の複勝ころがしはNG

まず最初に伝えたいのが、1.1倍の複勝ころがしは止めた方が良いという事だ。

複勝ころがしを考えた事がある人なら誰でも、「1.1倍の馬に絞って複勝ころがしをすれば上手くいくのでは?」と考えた事があるはずだ。

来る確率が高い馬だけを買い続ける。

それが単勝でなく複勝ならば、上手くいくのではと考えやすいからだ。

だが、以下の図を見て欲しい。

レース数 払戻金 利益(累計) 元金倍率
1 11,000円 1,000円 1.1倍
2 12,100円 2,100円 1.21倍
3 13,310円 3,310円 1.33倍
4 14,640円 4,640円 1.46倍
5 16,100円 6,100円 1.61倍
6 17,710円 7,710円 1.77倍
7 19,480円 9,480円 1.94倍
8 21,430円 11,430円 2.14倍

これは1.1倍の複勝をころがした時のシミュレーション図。

見ての通り、8回ころがしに成功しても、払戻金がようやく元金の2倍を超える程度だ。

複勝1.1倍の馬は馬券に絡む確率が高いので、ころがしが8回成功する事はあるとは思う。

ただ、その結果得られる払戻金で、元金のたった2倍だ。

2倍の単勝を1回当てるのと変わりない。

8回複勝ころがしに成功して得られる金額がその程度で、果たして満足出来るだろうか?

複勝ころがしで10~100万円を得る方法

元金の2倍という事は、1万円から始めた場合、得られる払戻金は2万円。

少ない資金から始めて大金を手に出来る複勝ころがしの醍醐味を、これでは全く味わえない。

10万円から始めれば20万円となるが、果たしてそれはリスクと見合うリターンか?

複勝1.1倍の馬が馬券に絡む確率が高いのは確かだが、運悪く道中で不利を受ければ、馬券を外す事も当然ある。

そのリスクを8回背負った中で得られる利益が10万円と考えると、10万円をころがすのは怖くないだろうか?

穴馬で複勝ころがしをする

私なら、そんな分が悪い勝負はしない。

不利を受ける可能性はどの馬も同じなのだから、複勝ころがしをするなら、1.1倍の馬でなく穴馬にする。

穴馬が馬券に絡む確率は、複勝1.1倍の馬より低いのは確かだ。

だが、以下の図を見て欲しい。

レース数 払戻金 利益(累計) 元金倍率
1 25,000円 15,000円 2.5倍
2 62,500円 52,500円 6.25倍
3 156,250円 146,250円 15.6倍
4 390,620円 380,620円 39.06倍
5 976,560円 966,560円 97.65倍
6 2,441,400円 2,431,400円 244.14倍

これは複勝2.5倍をころがした時のシミュレーション図。

ころがしが5回成功すれば、元金の約100倍。6回の成功で、元金の200倍を大きく超える。

元金の100倍という事は、1,000円から始めても払戻金は10万円。1万円から始めれば、払戻金は100万円となる。

1万円から始め8回ころがし成功しても2万円にしかならない1.1倍の複勝ころがしより、圧倒的に魅力的に感じないだろうか?

暴露王の穴馬予想を活用する

勿論、穴馬の予想は簡単ではない。

だが、超大穴馬ではなく、複勝2.5倍程度の軽い穴馬なら、真剣に予想すれば的中確率はそれなりにはある。

ころがしが成功する確率が高いとは言えないが、非現実的な確率でもない。

何より、成功時に得られる払戻金は桁違い。

競馬ファンが複勝ころがしに求める、少ない元金で大金を得られる可能性が、確かにあるのだ。

そして、今は良い時代だ。

穴馬を当てる能力を高い予想家が、無料でその予想を公開していたりする。

例えば、毎年300本以上の万馬券を当て続けている暴露王。

好走率が高い穴馬を、毎週土日各3鞍、週に計6鞍も無料で公開してくれるのは本当に有難い。

穴馬予想に自信がない人でも、暴露王の推奨穴馬をそのまま買えば良いからだ。

暴露王の穴馬予想は、こちらからメールアドレス登録すれば毎週6鞍無料で見れる。

それを参考にすれば、穴馬による複勝ころがし成功確率もグッと上がるはずだ。

止め時をルール化して複勝ころがしの成功率を高める

その成功率を高める為に、最後に重要となるのが欲張り過ぎない事だ。

穴馬の複勝ころがしは、3~4回成功するだけでかなりの払戻金になる。

転がれば転がるほど払戻金が大きくなるだけに、「もっともっと」と欲が膨らみやすいのだ。

しかし、いつまでもころがしを続ければ、最後は失敗で終わるしかなくなる。

そうならない為に、どのラインでころがしを止めるか、ルール作りする事が重要となるのだ。

個人的におすすめなのは以下の2つ。

  • 払戻金が目標金額に到達した
  • その週の暴露王の推奨レースが全て終わった
  • この時点でころがしを終わらせると、トータルで満足いく結果を得られる事が高まるはずだ。

    当記事を読んだ一人でも多くの人が、複勝ころがしで成功したら嬉しく思う。

    『神戸新聞杯』儲けたければこの無料予想に乗れ!

    いよいよ来週から秋のG1戦線が開幕。

    存分に馬券を楽しむ為、多くの軍資金を作っておきたいと考える競馬ファンも多いはずだ。

    そんな人におすすめしたいのが、『横綱ダービー』の無料予想!

    期間:2022/3/5~2022/5/22
    的中:16鞍中14鞍
    投資:82,000円
    払戻:314,090円
    収支:+232,090円
    的中率87.5%、回収率383%(最高回収率1383%)

    実績を見ての通り、重賞予想の精度はとにかく抜群!

    先々週の『セントウルS』3連複41.2倍、先週の『セントライト記念』3連複14.6倍を楽々的中しているよう、秋競馬でも、飛びぬけた予想力を存分に見せつけている。

    今週は、そんな『横綱ダービー』が『神戸新聞杯』の予想を無料公開する事が決定!

    絶対主役不在のこのレースも、『横綱ダービー』なら、ズバリ馬券を的中させてくれるはずだ。

    『神戸新聞杯』で儲け、来週から始まるG1戦線に弾みを付けたい人は、『横綱ダービー』の無料予想を参考にする事、強くおすすめする。

    無料で『横綱ダービー』の予想を見る