競馬の単勝とは?基本からおすすめの買い方まで詳しく解説

当記事では、競馬の単勝を基本からおすすめの買い方まで詳しく解説する。

単勝について知りたい人は、是非参考にして欲しい。

『神戸新聞杯』儲けたければこの無料予想に乗れ!

いよいよ来週から秋のG1戦線が開幕。

存分に馬券を楽しむ為、多くの軍資金を作っておきたいと考える競馬ファンも多いはずだ。

そんな人におすすめしたいのが、『横綱ダービー』の無料予想!

期間:2022/3/5~2022/5/22
的中:16鞍中14鞍
投資:82,000円
払戻:314,090円
収支:+232,090円
的中率87.5%、回収率383%(最高回収率1383%)

実績を見ての通り、重賞予想の精度はとにかく抜群!

先々週の『セントウルS』3連複41.2倍、先週の『セントライト記念』3連複14.6倍を楽々的中しているよう、秋競馬でも、飛びぬけた予想力を存分に見せつけている。

今週は、そんな『横綱ダービー』が『神戸新聞杯』の予想を無料公開する事が決定!

絶対主役不在のこのレースも、『横綱ダービー』なら、ズバリ馬券を的中させてくれるはずだ。

『神戸新聞杯』で儲け、来週から始まるG1戦線に弾みを付けたい人は、『横綱ダービー』の無料予想を参考にする事、強くおすすめする。

無料で『横綱ダービー』の予想を見る

単勝とは?

単勝とは、1着馬の馬番号を当てる馬券の事。

2頭が1着同着の場合は、2頭の単勝いずれも的中となる。

その場合のオッズは、単純にそれぞれが単純に2分の1になる訳ではなく複雑な計算式によって求められる。

その式は複雑であり直接馬券の役に立つ訳でないので覚える必要はない。

単勝の正式名称は単勝式。

1923年から発売されている最も古い馬券である。

単勝のメリット

単勝のメリットは払戻率が高い点。

払戻率とは、「払戻金として使われるお金の割合」の事。

例えば払戻率が50%の場合、馬券売上1億円に対し5000万円が払戻金に使われる。

この払戻率は馬券種毎に若干違っており、最も低いのが3連単の72.5%。単勝は80%に設定されている。

売上が同じ1億円だった場合、3連単が7250万円しか払戻金に割り当てられないの対し単勝では8000万円割り当てられるので、その分、馬券購入者に有利と言える。

単勝のデメリット

単勝のデメリットは、配当が低い点。

単勝の平均配当は10倍前後あるが、これは時に出る超高配当も含まれての数字。

体感より上振れて感じる人が多いと思う。

体感の平均配当としては、4~6倍前後に感じる人が多いはずだ。

実際、単勝オッズの中央値も4~5倍に収まる事が多い。

単勝オッズ(配当)歴代ランキング

時に出る超高配当とは実際どんなものか。

過去最高配当は、2014年4月26日福島8Rで記録された56,940円。

それを1位とした、単勝の歴代高配当ランキングベスト5は以下の通りだ。

開催日 レース条件 配当 人気
2014年1回福島5日8R 4歳上500万下 56,940円 16番人気
2008年2回阪神7日6R 3歳500万下 47,360円 16番人気
2010年3回新潟7日3R 3歳未勝利 46,080円 15番人気
2017年4回中京2日7R 3歳上500万下 45,010円 15番人気
2016年2回阪神6日3R 3歳未勝利 43,390円 15番人気

ランキングに並ぶのはいずれも、最低人気か、その前の人気の馬。

レース条件は全て未勝利戦か500万下条件となっている。

単勝万馬券を当てる事は出来るのか?

ここで気になるのが、高配当の単勝を実際当てれるのか?という事。

単勝万馬券は毎年20本前後。

単勝オッズ100倍以上の馬は毎年1万頭前後出走しているので、勝率は0.2%。

儲け度外視で狙わない限り、普通の競馬ファンが普通に予想して当てるのは相当厳しい。

狙って単勝万馬券を当てられるのは、毎年300本の万馬券を的中させている暴露王さんのように高い穴馬的中能力を持っている人に限られるだろう。

単勝のおすすめの買い方

単勝には、1頭の単勝を1点買いと、複数頭の単勝を買う単勝多点買いの2つの買い方がある。

以下でそれぞれのおすすめの買い方を解説するので、是非参考にして欲しい。

単勝1点買いのおすすめの買い方

単勝1点買いのおすすめの買い方は、3番人気以内の馬を狙う事である。

競馬には、人気がある馬ほど1着になる確率が高い統計データがある。

この傾向はどんな年でも例外なく、3番人気以内のどれかが1着になる確率は、全レース中65%前後ある。

たった3頭が勝つ確率が、残り15頭のどれかが勝つ確率より、倍近く高い。

3番人気以内の中から1着になりそうな馬をまず考えるのが、単勝予想の王道だ。

『グリグリくん』の予想を参考にする

とはいえ、3番人気以内の馬の単勝配当は安い。

この買い方で儲けるには高い確率で1着馬を当て続ける必要がある。

当てる事自体は出来ても、儲ける事にハードルの高さを感じる人も多いかもしれない。

そんな人には『グリグリくん』の予想を参考にする事をおすすめしたい。

『グリグリくん』では、毎週土日、馬券に絡む確率が特に高い馬が2頭ずつ公開されている。

2021年8~9月期は、推奨馬26頭中16頭が1着入線。

こうした高確率で単勝が当たれば、それが仮に全て人気馬だとしても充分儲ける事が出来る。

こちらから競馬予想サイト『ターフビジョン』にメールアドレス登録すれば『グリグリくん』の予想は毎週無料で見れる。

高確率で単勝を1点的中する自信がない人は是非参考にして欲しい。

単勝多点買いのおすすめの買い方

単勝多点買いのおすすめの買い方は、1番人気以外の馬を買う事である。

単勝1点買いで、3番人気以内の馬を狙う事をおすすめした。

その筆頭である1番人気以外の馬で単勝多点買いするのは、一見矛盾したように見える。

ただ、単勝1番人気の馬が1着になる確率は、毎年大体30~35%前後。

2着以内になるレースも、65~70%ある。

仮にそのレースで1着になると予想したのが、単勝4倍の2番人気馬と単勝10倍の5番人気馬だったとしよう。

2頭の単勝を均等に買えば、仮に配当が低い4倍の馬が1着になっても、回収率は200%と馬券は儲かる。

10倍の馬が1着になれば、500%とかなり高い回収率を残せる。

単勝は1点買いする馬券だと無意識に刷り込まれている競馬ファンも多い。

その常識に囚われず、単勝多点買いも上手く使えるようになる事で単勝で儲かる確率は圧倒的に上がる。

単勝の基本はこれで完璧

当記事をここまで読んだなら、単勝の基本は概ね掴んだと考えて問題ない。

ただ、一度では理解が抜けている部分もあるはずなので、念のためもう一度、記事をざっと読み返すと良いだろう。

それにより、当記事の内容は完璧に理解できるはずだ。

理解が完了したら、次に馬券を買う機会から早速、単勝を買ってみて欲しい。

特に、これまで単勝多点買いの意識を持っていなかった人は、意識的にその観点から予想してみるのも良いだろう。

実際の馬券購入を通じてしか実感できない真の理解もまた、そこにあるからだ。

尚、当ブログでは単勝以外の馬券についても詳しく解説している。

当記事と合わせそれらも読み込み、馬券全般に対する理解を深める事もおすすめする。

『神戸新聞杯』儲けたければこの無料予想に乗れ!

いよいよ来週から秋のG1戦線が開幕。

存分に馬券を楽しむ為、多くの軍資金を作っておきたいと考える競馬ファンも多いはずだ。

そんな人におすすめしたいのが、『横綱ダービー』の無料予想!

期間:2022/3/5~2022/5/22
的中:16鞍中14鞍
投資:82,000円
払戻:314,090円
収支:+232,090円
的中率87.5%、回収率383%(最高回収率1383%)

実績を見ての通り、重賞予想の精度はとにかく抜群!

先々週の『セントウルS』3連複41.2倍、先週の『セントライト記念』3連複14.6倍を楽々的中しているよう、秋競馬でも、飛びぬけた予想力を存分に見せつけている。

今週は、そんな『横綱ダービー』が『神戸新聞杯』の予想を無料公開する事が決定!

絶対主役不在のこのレースも、『横綱ダービー』なら、ズバリ馬券を的中させてくれるはずだ。

『神戸新聞杯』で儲け、来週から始まるG1戦線に弾みを付けたい人は、『横綱ダービー』の無料予想を参考にする事、強くおすすめする。

無料で『横綱ダービー』の予想を見る