単勝の全てを徹底解説!予想のコツからおすすめの買い方まで完全公開!

・基礎知識
・予想のコツ
・おすすめの買い方

当記事では、競馬勝ち組の私が、単勝について徹底解説します。

これを読めば、単勝の基本は勿論、予想のコツや儲かる買い方まで理解でき、結果、単勝で稼げる確率が上がるでしょう。

是非、最後まで読んでみて下さい。

菊花賞を当てたい人におすすめ『ホライズン』の無料予想。

  • 2020年G1:的中率62%!
  • 2021年G1:的中率50%!
  • G1最強無料予想の名に偽りなしの的中率!

    秋最初のG1スプリンターズSも、その期待に応え3連複90.5倍的中!

    G1は下手に自分で予想するより『ホライズン』の買い目に乗った方が儲かる!

    過去傾向からすると、菊花賞は勿論、天皇賞(秋)以降もG1全レース無料公開する公算大!

    秋G1で稼ぎたいなら、『ホライズン』の無料予想、必見だ。

    『ホライズン』の無料予想を見る

    単勝の基礎知識

    まずは、単勝の基礎知識から解説します。

    最低限の単勝の知識を持っている人は、この項目は読み飛ばして大丈夫です。

    競馬初心者の方はきちんと読み、単勝に対する理解を深めて下さい。

    単勝とは?

    単勝とは、1着馬の馬番号を当てる馬券の買い方です。

    1着馬は1レースに1頭が基本ですが、年に数回、複数の馬が1着に同時ゴールする、1着同着の結果になることもあります。

    その場合、全ての1着馬の単勝が的中となりますが、配当は、締切後に発表される確定オッズと変わったものになります。

    複雑な計算式なので詳細は省きますが、概ね、本来の配当を同着になった頭数で割った配当(2頭同着なら配当は半分)になると理解しておいて下さい。

    メリットやデメリットは?

    単勝のメリットは、他の馬券と比べて当てやすいことです。

    例えば18頭立ての場合、各馬券の的中確率は以下の通りです。

    単勝:18分の1
    複勝:6分の1
    ワイド:51分の1
    枠連:36分の1
    馬連:153分の1
    馬単:306分の1
    3連複:816分の1
    3連単:4896分の1

    人気の3連単と比較すると、当たりやすさは約300倍。

    単勝は複勝に次ぎ、全体で2番目に当てやすい馬券となっています。

    単勝のデメリットは、配当が低いことです。

    単勝は、平均配当で見ると10倍前後あります。

    しかし、これは高配当がある分、上振れしている数字です。

    体感としては、5~6倍前後に感じるはずです。

    尚、単勝の過去最高配当は、2014年4月26日福島8Rで記録された56,940円です。

    単勝を当てるコツは?

    単勝を当てるコツは、人気馬、特に3番人気以内の馬を買うことです。

    競馬には、人気馬ほど1着確率が高い統計データがあります。

    3番人気以内の馬が1着になる確率は特に高く、7割前後のレースで、3番人気以内の馬が1着となっています。

    3番人気以内の単勝を中心に買っていれば、誰でも一定以上の的中率を残せるはずです。

    人気馬の単勝でも充分儲かる

    3番人気以内の単勝は、配当が安いです。

    「そんな馬券を中心に買っても儲からないのでは?」と思う人もいるでしょう。

    しかし、3番人気以内の単勝でも、儲けることは充分できます。

    予想の対象を3頭に絞ることで、非常に濃密な予想になります。

    結果、予想の精度が上がり、配当の低さを補って余りある、非常に高い的中率を残せるようになるからです。

    そうは言われても、そこまで高確率で1着馬を当てる自信がない人もいると思います。

    そんな人は、『軸馬の的中率を上げる方法』の記事を参考にして下さい。

    誰でも簡単に本命馬を見つけられる具体的な方法を紹介しています。

    高配当の単勝を当てたい場合は?

    穴党の人なら、人気馬ではなく、高配当の単勝を当てたいと思うでしょう。

    単勝で高配当を当てるコツは、『1着になる可能性がある穴馬』を狙うことです。

    ・近走の着順が悪い
    ・展開に左右される
    ・総合力で少し劣る

    穴馬は、こうした何らかの不安要素を持っている場合がほとんどです。

    単勝の高配当を狙う場合、こうした不安要素にはある程度目を瞑って構いません。

    的中時に、高配当になるからです。

    1点買いをする場合、単勝配当が20倍なら、20回に1回当たれば収支はトントンです。

    20回に2回当たれば、大きなプラスになります。

    低い的中率でも充分稼げるので、多少の不安要素があっても、1着になる可能性が一定以上あれば問題ないのです。

    尚、1着になる可能性が穴馬を見つける自信がない人は、『穴馬のおすすめの見つけ方』の記事を参考にして下さい。

    誰でも簡単に穴馬を見つけられる具体的な方法を紹介しています。

    単勝1点買いと単勝多点買いを使い分ける

    単勝は、1点買いのイメージが強い馬券です。

    しかし、1着になる可能性を感じる馬が複数いるレースも珍しくありません。

    実際、「2頭のどちらを買うか迷ったら、消した方が来てしまった」という経験は誰しも一度はしていると思います。

    そんな状況に対応する為、単勝には多点買いという選択肢もあることを覚えて下さい。

    買いたい穴馬がいる場合、単勝多点買いを使うと勝率が圧倒的に上がるからです。

    単勝多点買いのおすすめの買い方は?

    例えば、15倍と25倍、どちらかの馬が1着になると予想したとします。

    この場合、予想通りの結果となれば、2頭の単勝を買っても充分すぎる回収率を残せます。

    買う馬を1頭に絞り、消した方の馬が1着になり馬券を外す位なら、2頭の単勝を買った方が圧倒的に良い訳です。

    1着になると予想した2頭のオッズが、3倍と25倍のようなケースでも同じです。

    この場合、3倍の馬が1着になると儲けは非常に少ないです。

    しかし、25倍の馬が1着なれば、大きな儲けになります。

    少ないか大きいかの違いはあれど、どちらが1着になっても、馬券は儲かるのです。

    無理に買う馬を1頭に絞り、馬券が外れるよりも遥かにマシな訳です。

    単勝で儲けて競馬勝ち組になろう!

    ここまでの内容を理解できたなら、単勝について充分な理解できたと考えてOKです。

    繰り返し当記事の内容を読み返し、まずは不明な点をなくして下さい。

    そして、完全に理解したと思えたら、実際に単勝を買ってみましょう。

    実際に買うことでより、単勝に対する理解が深まるはずです。

    尚、競馬初心者の人は、3番人気以内の馬の単勝1点買いから始める方が良いと思います。

    1着になる穴馬を予想するのは、競馬初心者の人に難しいからです。

    ですから、もし穴馬の単勝を当てたい場合、自分で予想するのではなく、穴馬を当てるプロの予想を頼る方が良いでしょう。

    おすすめの穴馬予想家には、毎年300本以上の万馬券を的中させている暴露王さんがいます。

    毎週土日各3鞍。週に計6鞍の予想を無料で公開しているので、是非参考にしてみて下さい。

    当記事を参考に単勝で儲け、一人でも多くの人が競馬勝ち組の仲間入りを果たしてくれたら嬉しく思います。

    高確率で馬券を当てたい人におすすめ無料予想。

    9/25 中山2R→66,600円/333%
    10/2 中山3R→32,900円/235%
    10/3 中山2R→26,400円/189%
    10/9 新潟3R→37,200円/248%
    10/17 阪神1R→16,400円/205%

    直近8戦6勝!

    驚きは10/16東京2R。

    10番人気2着馬を拾い、馬連105倍/3連複138.4倍の万馬券ダブル的中!

    こうした的中を量産できるのは、全ての牧場から取材許可を得ている現役牧場関係者の情報ならでは。

    堅実且つ爆発力ある予想を知りたいなら、ノースインパクト、必見だ。

    無料で予想を見る