馬単マルチを徹底解説!最強におすすめの買い方(組み方)や予想のコツはもちろん馬連との違いまで完全解説!

・どんな買い方?
・馬連との違いは?
・おすすめの買い方は?

当記事では、競馬勝ち組の私が、馬単マルチの全てを解説します。

これを読めば、馬単マルチで勝つ確率がグンと上がること間違いなし!

是非、参考にしてみて下さい。

2020年、無料予想で+1,123,800円を記録した『ARCANUM』。

先週日曜の福島5Rでも、馬連44.7倍/馬単66.6倍のダブルヒットで111,300円の払戻金を得る など、その勢いはまだまだ続いております。

◎1月:+767,300円!
◎2月:+115,500円!
◎3月:+665,600円!

48鞍中22鞍的中!
1~3月期に記録した50%近い的中率を見ての通り、安定感は健在。

◎白百合ステークス:馬単18,350円!
◎青嵐賞:馬単45,120円!

日本ダービー当日には、無料予想2鞍中2鞍で馬単万馬券的中と破壊力も抜群!

◎中山GJ:29,600円獲得!
◎ダービー卿CT:60,800円獲得!
◎金鯱賞:756,200円獲得!
◎弥生賞:186,600円獲得!
◎京都牝馬S:78,000円獲得!

時に提供する重賞無料予想でも安定感と破壊力を兼ね備えているとなれば、参考にしない手はありません!

『ARCANUM』が提供する無料予想は、毎週土日各2鞍、土日計4鞍!

これまで参考にしていなかった人は、今週からその予想を参考にし、夏競馬、バリバリに楽しんで下さいね!

予想を見る為に必要なのも、以下の3ステップだけととても簡単ですよ!

(1)こちらをクリック
(2)ページ上部からメールアドレスを送信
(3)返信メール内にあるURLをクリック

馬単マルチとは?

・買い方の説明
・買い目点数の計算方法
・メリットやデメリット

まずは、馬単マルチの基礎知識を説明します。

基礎知識がある方は、この項目は読み飛ばして下さい。

どんな買い方?

馬単マルチとは、裏表両方を押さえる馬単流しの買い方です。

…と言われても、分かりづらいですよね?

例えば、『軸馬を1番』『相手馬を2~4番』とした場合、馬単流しでは以下の3通りが買い目となります。

・1→2
・1→3
・1→4

これを馬単マルチで買うと、以下の6通りが買い目になる訳です。

・1→2
・1→3
・1→4
・2→1
・3→1
・4→1

実際の例で見ると、イメージが掴めたのではないでしょうか?

買い目は全て、同じ金額で均等に購入されます。

今の例なら、1点100円で買うなら合計600円。1点500円なら合計3,000円になる訳です。

メリットやデメリットは?

馬単マルチのメリットは、今説明した通り、裏表両方を押さえた馬単となっていることです。

馬単は、1着と2着を順番通りに当てる馬券です。

本来なら、1着馬と2着馬をそれぞれ正確に予想する必要があります。

これを当てるのは簡単ではありません。

実際、馬単を買ったことのある人の中で、1着2着が逆(裏)となって馬券を外した経験がない人は一人もいないと思います。

裏表を押さえる馬単マルチの場合、こうした馬券の外し方をすることがない訳ですね。

馬単マルチのデメリットは、その分、買い目点数が増えることです。

馬単流しの裏表両方を押さえる買い方となる馬単マルチは、当然、その買い目が馬単流しの2倍になります。

馬単ですから、馬券が当たった時の配当が、極端に低いケースは稀です。

よほど人気が集中した組み合わせであるか、買い目点数を増やし過ぎない限り、トリガミになる可能性は低いでしょう。

それでも、買い目点数が増える分、回収率にはどうしたって多少の影響を及ぼします。

配当や的中率がそこそこ良いのに、回収率が期待ほどになってないなと感じるケースを想定しておく必要があるでしょう。

馬単マルチと馬連の違いは?

馬単流しの裏表を押さえる馬単マルチは、軸馬が2着以内に入り、相手馬の1頭も2着以内に入れば馬券的中です。

これ、何かに似ていませんか?

そう、馬単マルチは、実質馬連を買っているのと同じなのです。

それ故に、多くの競馬ファンは2つのどちらを買えば良いのか悩んでしまう訳です。

それを考える際、ポイントとなるのは次の2点です。

(1)買い目点数
(2)配当

ここに注目することで、貴方にとって馬単マルチと馬連のどちらを買う方が適しているのか結論が出ます。

的中率が低い人は馬連がおすすめ

もし貴方の的中率が低い場合、馬単マルチより馬連を買う方をおすすめします。

1日、1週間、1か月。人によって単位は違うでしょう。

しかし、いずれにしても殆どの競馬ファンは、ある程度の予算感を決めた上で馬券を楽しんでいるはずです。

馬単マルチの買い目点数は馬連流しの2倍。

的中率が低い人の場合、馬単マルチで不的中が続くと、馬券資金がなくなってしまう可能性がある訳です。

不思議なもので馬券は、買えない時に限って「もし買っていればめちゃくちゃ儲かっていた」結果になるのがあるあるです。

そんな悔しい思いをしない為にも、的中率が低い人は、馬単マルチより馬連を買う方が良いでしょう。

一定の的中率がある人でも、馬券予算が極端に低い場合、馬連を買った方が良いでしょうね。

不運続きの連敗が資金が尽きてしまうリスクを、それによって避けられます。

穴馬予想が得意な人は馬単マルチがおすすめ

逆に馬単マルチをおすすめしたいのは、穴馬予想が得意な人です。

馬単の配当は、馬連の2倍。馬単マルチの買い目点数は馬連の2倍。

「それならどちらを買おうが回収率は一緒」と多くの人は考えます。

しかし、ここに、見落としているポイントが一つあります。

確かに、馬単マルチの買い目点数は、どんな時も馬連の2倍です。

しかし馬単の配当が馬連の2倍になるのは、あくまで平均の話です。

人気馬が1着になった場合の馬単配当は馬連の2倍以下ですし、穴馬が1着になった時の馬単配当は馬連の2倍以上になります。

ということは、穴馬を当てる能力が高い人は、馬連より馬単マルチを買った方が儲かる額が大きくなる訳ですね。

穴馬、特に1着になる穴馬を見つける能力が高い人の場合、馬連より馬単マルチを買った方が良い訳です。

尚、「穴馬予想が得意ではないけど、穴馬を当てて馬単マルチで稼げるようになりたい!」と考える人は、『穴馬のおすすめの見つけ方とは?3つの激走パターンと穴馬予想の裏技を大公開!』の記事を参考にして下さい。

誰でも簡単に穴馬を見つけられる方法を解説しています。

馬単マルチの最強におすすめの買い方と予想のコツ

最後に、競馬勝ち組の私おすすめの、馬単マルチの買い方を紹介します。

組み方は、1頭目を1頭指名、2頭目を5頭指名する以下のような形。

1頭目:1
2頭目:2、3、4、5、6

これがおすすめなのは、的中率と回収率、共に高い数字を期待しやすいからです。

買い目点数が10通りというのも、多くの人が使いやすくポイント高いです。

1頭目(軸馬)の予想のコツは?

1頭目を予想するコツは、出走馬の中で2着以内に入る確率が最も高い馬を選ぶことです。

この馬単マルチを組む場合、1頭目(軸馬)に選ぶ馬が3着以下になった時点で、全馬券が不的中となることが確定します。

それを避ける為、1頭目には、2着以内に入る確率が最も高いと判断した馬を指名する訳です。

この時大切なのは、当てることのみを意識し、配当については考えないことです。

例えば、断然人気馬を軸馬にするのは嫌いな人もいるでしょう。

ですが私の場合、仮にその馬の単勝オッズが1倍台だろうと、2着以内に入る確率が最も高いと判断したなら、その馬を1頭目に指名します。

馬単の場合、人気馬が2着なら馬連の2倍以上の配当となることも珍しくありません。

馬単マルチを買う場合は、的中率さえ意識しておけば、仮に軸馬の人気が高くとも自然と高配当的中も得られるものなのです。

2着以内に入る確率が高い馬を予想する自信がない人は、『軸馬(本命馬)のおすすめの選び方とは?この3つを意識するだけで的中率はグンと上がる!』の記事を参考にして下さい。

誰でも簡単に軸馬の的中率を上げられる方法について、そちらで詳しく解説しています。

2頭目の予想のコツは?

2頭目を予想するコツは、選ぶ5頭の人気を分散させることです。

先ほど、この馬単マルチを組むと、的中率と回収率、共に高い数字を期待しやすいと説明しました。

2頭目に選ぶ5頭の人気を分散させることで、それに繋がるからです。

出走馬の中で2着以内に入る確率が最も高い馬を1頭に選ぶことで、1頭目の的中率はかなり高いものになります。

加え2頭目に人気馬を入れれば、相当の的中率を実現することが出来ます。

更に2頭目に穴馬が入っているなら、合わせて高い回収率も実現できる訳です。

普段、ヒモ馬の人気を分散させる意識を持って予想していない人は、そうは言われてもどうやって選べば良いのかピンと来ないかもしれません。

その場合、『シンクタンク』の予想を参考にして下さい。

『シンクタンク』とは、日本競馬のレジェンド達が携わっている競馬予想サイト。

圧倒的1番人気アーモンドアイの評価を落とし、本命リスグラシューからド本線的中させた2019年の有馬記念が大きな話題となりましたから、知っている人も多いかもしれませんね。

元騎手、元調教師、大物馬主、牧場関係者、騎手エージェント等。

各分野のプロフェッショナルが入手する関係者情報を分析することで、そうした的中を毎週数々生み出している『シンクタンク』。

今週末は、当記事から以下の手順でメールアドレス登録した人限定で、「信頼すべき有力馬!狙うべき穴馬!」を混ぜた5頭の予想を無料提供することが決定しています。

(1)こちらをクリック
(2)ページ上部からメールアドレスを送信
(3)返信メール内にあるURLをクリック

26年を超える運営歴を見ての通り、多くの競馬ファンから、その予想を高く評価されている『シンクタンク』。

その素晴らしい予想。貴方も今週末、無料で試してみて下さいね!

馬単マルチで競馬勝ち組になろう!

ここまでの内容を理解できたなら、馬単マルチで勝つ為に必要な知識は身に付いたと考えて問題ありません。

まずは当記事を繰り返し読み、不明な部分を無くして下さい。

そして、理解した後は、当記事を参考に、実際馬単マルチを購入してみて下さい。

競馬初心者の人でもある程度は、良い的中率と回収率を残せるはずです。

当記事を参考に、一人でも多くの人が競馬勝ち組になっていただけたら嬉しく思います。

2020年、無料予想で+1,123,800円を記録した『ARCANUM』。

先週日曜の福島5Rでも、馬連44.7倍/馬単66.6倍のダブルヒットで111,300円の払戻金を得る など、その勢いはまだまだ続いております。

◎1月:+767,300円!
◎2月:+115,500円!
◎3月:+665,600円!

48鞍中22鞍的中!
1~3月期に記録した50%近い的中率を見ての通り、安定感は健在。

◎白百合ステークス:馬単18,350円!
◎青嵐賞:馬単45,120円!

日本ダービー当日には、無料予想2鞍中2鞍で馬単万馬券的中と破壊力も抜群!

◎中山GJ:29,600円獲得!
◎ダービー卿CT:60,800円獲得!
◎金鯱賞:756,200円獲得!
◎弥生賞:186,600円獲得!
◎京都牝馬S:78,000円獲得!

時に提供する重賞無料予想でも安定感と破壊力を兼ね備えているとなれば、参考にしない手はありません!

『ARCANUM』が提供する無料予想は、毎週土日各2鞍、土日計4鞍!

これまで参考にしていなかった人は、今週からその予想を参考にし、夏競馬、バリバリに楽しんで下さいね!

予想を見る為に必要なのも、以下の3ステップだけととても簡単ですよ!

(1)こちらをクリック
(2)ページ上部からメールアドレスを送信
(3)返信メール内にあるURLをクリック