スプリンターズステークス2016予想|データ分析と有力馬分析

塾長代理のゆりです。

今週末はスプリンターズステークス2016が開催。下半期最初の中央競馬G1レースです。夏競馬中は休む、なんて人にとってはまさに待ちに待ったといったところでしょう。

まずは登録馬を見てみましょう。

アクティブミノル
ウリウリ
サクラゴスペル
サトノルパン
シュウジ
スノードラゴン
ソルヴェイグ
ダンスディレクター
ティーハーフ
ナックビーナス
ネロ
ビッグアーサー
ブランボヌール
ベルカント
ミッキーアイル
ラヴァーズポイント
レッツゴードンキ
レッドアリオン
レッドファルクス
ワキノブレイブ

注目は何と言っても、今年の高松宮記念を制したビッグアーサーですよね。

前哨戦のセントウルステークスではまさかの逃げ切り快勝。逃げたときはビックリしましたが、終わってみれば陰をも踏ませぬ逃走劇。

後続の馬に乗っていた騎手からは「速過ぎてついていけなかった」とのコメントも出ており、ここにきていよいよ、王者の風格を漂わせてきています。

スプリンターズステークスでは当然1番人気の支持を集めるでしょう。

ビッグアーサーがその人気に応えられるかどうかが、一つのポイントとなるレースになるのは間違いありません。

スプリンターズステークス2016の無料予想はコチラ。

スプリンターズステークス2016過去10年データ傾向

それではいつものように、スプリンターズステークスの過去10年のデータ傾向から見ていきます。

スプリンターズステークス過去10年単勝人気別データ

まずは人気別のデータから見ていきます。

スプリンターズステークス過去10年単勝人気別データ
1番人気 4-2-0-4
2番人気 1-4-0-5
3番人気 2-1-0-7
4番人気 0-0-0-10
5番人気 0-0-2-8

1番人気、2番人気はまずまずの結果。

1着の数は1番人気馬の方が多く、2着の数は2番人気馬の方が多いということで、仮に3連単のフォーメーションを組むなら、1着に1番人気馬、2着に2番人気馬という単純な組み方で良さそうですね。

気になるのは、3番人気馬はまだしも、4番人気馬、5番人気馬の成績が悪い事。特に4番人気馬は過去10年、1度も馬券に絡んでいません。

過去10年で上位人気馬が3着になったのは5番人気の2回だけ。

残り8回はその人気以下の馬が3着となっているということで、ヒモ荒れ傾向ということが出来るでしょうね。

スプリンターズステークス2016で絶対買うべき穴馬は?

スプリンターズステークス過去10年枠番別データ

次いで枠番別データを見ていきます。

スプリンターズステークス過去10年枠番別データ
1枠 1-0-2-17
2枠 0-3-2-15
3枠 0-1-2-17
4枠 2-1-0-17
5枠 2-2-0-15
6枠 0-0-1-19
7枠 3-2-3-12
8枠 2-1-0-18

どの枠からも満遍なく連対馬が出ている中、6枠のみ唯一連対がゼロ。

ただ、これは全枠番の中、出走馬の平均人気が最下位なだけに単純に馬の実力が足りなかっただけでしょう。

7枠の好走率が目立つのも、その出走馬の平均人気が関係している影響。

他の出走馬より平均人気が2.5以上と、断然に上回っているので、その影響が大きいでしょうね。

ただ、その点を差し引いても、全体的に見るとやや外枠優勢な並び。開幕最終週ということで、迷ったらやや外枠を重視するのは良いでしょうね。

スプリンターズステークスの過去10年脚質別データ

次いで脚質別データを見ていきます。

スプリンターズステークスの過去10年脚質別データ
逃げ 3-1-0-6
先行 2-4-3-27
差し 5-5-4-54
追込 0-0-3-43

まず目立つのは追込馬の連対がゼロということ。

スプリンターの頂点を決めるレースなだけに、さすがになかなか中山の直線だけでまとめて交わすというのは難しいのでしょうね。

枠番別成績では、開幕最終週の影響か外枠の成績がやや目立ちましたが、開幕最終週だろうと、追込馬にとっては苦しい戦いと見て良いでしょう。

先行馬、差し馬はなかなかに優秀な成績で人気上位馬なら信頼して良さそうな数字。

ただ、注目は、連対の絶対数では劣るものの、率で見ると、勝率・連対率・複勝率いずれも断然の数字を残している逃げ馬。

スプリントG1ともなると逃げ馬は辛いという印象を持っている人も多いと思いますが、単勝回収率・複勝回収率いずれも100%を超えていますし、数字からはむしろ圧倒的な買い。

今年も逃げ馬を探し、その馬を買うかどうか一考する価値はあるでしょう。

スプリンターズステークス過去10年年齢別データ

最後に年齢別データを見ていきます。

スプリンターズステークス過去10年年齢別データ
3歳 1-0-1-9
4歳 3-2-4-13
5歳 2-6-4-36
6歳 2-0-1-34
7歳 1-2-0-29
8上 1-0-0-9

全ての年代から勝ち馬が出ていますね。
極端に割り引く必要のある年齢はないと見ていいでしょう。

率で見ると、勝率・連対率・複勝率いずれも4歳馬がトップ。充実の4歳秋、やはりこの世代がややリードしていると良いでしょうね。

ただ、出走馬の平均人気が他世代をリードしているからからこそ残せている数字でもあり、馬券の中心であるのは確かなものの、配当妙味があるというとなるとそういう訳でもないのは注意です。

スプリンターズステークス過去10年データ分析まとめ

・1番人気馬、2番人気馬優勢も、3着馬は10年中8年で6番人気以下。3連単のヒモ荒れに注意。
・枠番の極端の有利不利はない。外目の枠が多少有利程度。
・追込馬は大きく割引。先行馬・差し馬中心も、期待値なら逃げ馬。
・中心は4歳馬だが、どの世代も割引く必要はなし。

スプリンターズステークスの更に詳しいデータが知りたい人は無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】で確認!

スプリンターズステークス2016有力馬分析

ここからはスプリンターズステークスに出走する有力馬についてみていきます。

最初に取り上げるビッグアーサー以降は、人気順ではなく五十音順で取り上げていきます。

ビッグアーサー

まずは冒頭でも触れたビッグアーサー。

春のスプリントG1である高松宮記念、スプリンターズステークスの最重要ステップレースであるセントウルステークスを連勝し、いよいよ、スプリントの絶対王者としてリーチをかけています。

成長してきた、というのもあるでしょうが、福永騎手に乗り変わってからの連勝ですから、このコンビはよほど手が合うのでしょうね。

中山芝1200メートルへの適性も問題ないでしょう。

どんな展開でも対応出来ますし、使った反動や何らかのアクシデントがない限り、かなりの確率で馬券圏内には入ってくるのではないかと思います。

シュウジ

シュウジはレベルが高い3歳牡馬世代。

函館スプリントステークス、キーンランドカップと2着続きですが、先着を許したのはいずれも軽量の3歳牝馬。

函館スプリントステークスのソルヴェイグは50.0kg、キーンランドカップのブランボヌールは51.0キロと2頭とも裸同然の斤量でしたから致し方なしといったところでしょう。

それでも連続2着と常に安定して走っているのは評価出来る点。

特に前走は、ちょっと仕掛けが早すぎるのでは?と思っての2着ですから地力があるのは確かです。

パワータイプなだけに中山コース替わりは歓迎でしょう。こちらも好走が期待されます。

ネロ

重賞連続という点ではネロも同じ。

特に前走のセントウルステークスでは、これまでになかった差す競馬で2着と新境地を開拓。ペースが遅ければ先行、前がやりあうようなら多少控えると、これまでになかった自在性が身についたのは非常に大きいでしょう。

勝ちきるとなるとちょっと苦しいかもしれませんが、より安定感が増したことで大崩れはなさそう。

相手関係、展開を考えて、2着なのか、3着なのか、それ以下なのか、どう予想するかが腕の見せ所となりそうですね。

ブランボヌール

函館2歳ステークス以降、期待を裏切り続けていたブランボヌール。

やっぱりこの馬にマイル戦はやや長く、自身の力を存分に発揮するなら芝1200メートルまでが良いですね。間隔を空けて立て直した前走のキーンランドカップで久々の優勝を果たしました。

確かに軽量の恩恵はありましたが、それでも8枠という不利な枠順を引いての結果。フロックということは決してないでしょう。

3歳牝馬ということで、今回もビッグアーサー含む、古馬牡馬とは4キロの斤量差。

さすがに総合力ではビッグアーサーに劣りますが、その斤量差でどこまでやれるか。その見極めがポイントでしょう。

ベルカント

CBC賞3着、アイビスサマーダッシュ1着、北九州記念2着と、この夏のスプリント路線で常に安定した成績を残してきたベルカント。

どこか脆さを感じさせる面があった馬ですが、異なる条件で安定して走れるようになったのは本格化の証。タフさも身についていよいよ熟成してきたと言って良いでしょう。

後は中山芝1200メートルをこなせるかどうか。

アイビスサマーダッシュ1着、北九州記念1着と、重賞連勝で臨んだ昨年が2番人気を大きく裏切る結果ですから、その点を要分析でしょう。

ミッキーアイル

最後にミッキーアイル。

昨年の高松宮記念3着、スプリンターズステークス4着、今年の高松宮記念2着と、スプリントG1では惜しい競馬が続いています。

ただ、阪急杯を完勝しているように、今年は昨年と比較して全体的にパワーアップしている印象。

高松宮記念はビッグアーサーに敗れていますが、高速馬場適性の差の分もあったように思います。

スピードではビッグアーサーに劣るものの、パワーなら恐らくビッグアーサー以上。中山芝1200なら逆転のチャンスも生まれるでしょう。

問題はぶっつけの本番がどうかだけ。中間の談話は、要チェックでしょうね。

マスコミには決して語らないスプリンターズステークス各陣営の本音を知りたい人はこちらからメールマガジン登録!

スプリンターズステークス2016の注目穴馬

有力馬が五指に余るスプリンターズステークス2016。

一見穴馬が台頭する余地は全くないようにも思えますが、可能性を秘めた馬は複数います。

例えば人気ブログランキング※馬名はリンク先のプロフィール欄で公開しています。

前走は人気を裏切る結果となってしまいましたが、大穴を開けるときはいつも衝撃のパフォーマンス。あの破壊力を発揮出来れば、ハマれば一発の可能性は充分でしょう。

馬券に絡む可能性のある馬が10頭以上いるレースですから、有力馬だけでなく、伏兵馬、穴馬まで、レース当日まで、きっちり分析していってくださいね!

スプリンターズステークス2016もこれでバッチリ!競馬の予想法を少し変えるだけで、こんなにも変化が!?

「競馬で生活している人」と「普通の競馬ファン」何が違うかわかりますか?

それは・・・稼ぎ方。

競馬で生活しているプロと言われる人が稼ぐために必ず重視している事があります。それは、何よりもまず負けない競馬をする事。

その結果。

「2015年の1年間→獲得金1439万円」
「2016年9月現在→獲得金1137万円」

負けない競馬をすれば必然的に、これだけの金額を競馬で得る事が出来るんです。

あなたが競馬で稼ぎたいと思うなら、まずは負けない方法を手にすべきです。

その【答え】がここにあります。

競馬は稼げます。

ただし、生半可な予想では無理です。

稼ぐためには、『情報』『戦略』『資金の回し方』この3つを丁寧に行う必要があります。

プロは競馬ファンが働いている間も、あくせくと情報を集め、戦略を立てて、馬券の買い方を思案しています。

プロと競馬ファンに稼ぎの開きが出るのは当然。

費やしている時間が違うんですから。

だから・・・プロの馬券術をあなたにお伝えします。

私達の専属予想家は、TV・雑誌で活躍もしている紛れもないプロです。

プロの予想精度がいかに優れているのか?

まずは、今週末。すぐに結果で示しましょう!

結果で示さないと、この純情な感情は3分の1も伝わらないですからね。

どうぞ、こちらからご覧ください!
     

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする