シリウスステークス2016予想|データ分析と有力馬展望

塾長代理のゆりです。

今週末、土曜のメイン重賞はシリウスステークス2016。

競馬ファンの注目がスプリンターズステークスばかりに集まってしまう分、シリウスステークスへの注目度はどうしても落ちてしまいますが、その分、オイシイ馬券に繋がる可能性が増します。

スプリンターズステークスで勝負したい人ほど、シリウスステークスでその軍資金を稼いで欲しいおススメのレースです。

シリウスステークス過去10年データ傾向

それではいつものように、シリウスステークス過去10年データ傾向から見ていきます。

シリウスステークスの過去10年単勝人気別データ

まずは人気別のデータから見てみましょう。

シリウスステークスの過去10年単勝人気別データ
1番人気 3-2-1-4
2番人気 2-0-2-6
3番人気 2-4-0-4
4番人気 0-2-2-6
5番人気 2-0-1-7

1番人気から5番人気まで、さほど成績に差がありません。

ということは当然、人気がない方の馬を狙った方が面白いということ。

実際、回収率を見てみると100%超えなのが、3番人気馬の単勝回収率・複勝回収率、4番人気馬の複勝回収率、5番人気馬の単勝回収率。

1番人気馬、2番人気馬は単勝回収率・複勝回収率いずれも100%を下回っていますから、狙って面白いのは3番人気から5番人気の馬ということになりますね。

シリウスステークスの過去10年枠番別データ

次いで枠番別のデータを見てみましょう。

シリウスステークスの過去10年枠番別データ
1枠 2-0-2-10
2枠 2-0-1-12
3枠 2-1-2-11
4枠 1-0-0-16
5枠 1-1-3-15
6枠 0-4-1-15
7枠 1-4-0-15
8枠 1-0-1-18

こちらも、どの枠も満遍なく馬券に絡んでいますね。

4枠と8枠の成績が今一つですが、こちらは共に、他枠と比較して出走馬の平均人気が低いのでその影響と考えて良いでしょう。

シリウスステークスの過去10年脚質別データ

次いで脚質別データを見てみましょう。

シリウスステークスの過去10年脚質別データ
逃げ 0-0-0-11
先行 5-6-4-25
差し 4-2-4-40
追込 1-2-2-35

まず目につくのは過去10年、逃げ馬が1頭も馬券に絡んでない点でしょう。

しかも、全脚質の中で出走馬の平均人気が最も上位だったにもかかわらずです。

実力が最も上位な馬たちが出走して1頭も馬券に絡んでいないのですから、逃げ馬にとっては相当に苦しいレースと言えるでそしょうね。

好走率を見てみると、勝率・連対率・複勝率いずれも先行馬がトップ。馬券の中心は先行馬で良いでしょう。

ただ、その先行馬にしてみても、単勝回収率・複勝回収率は100%以下。全ての馬を積極的に買う必要まではないでしょうね。

シリウスステークスの過去10年年齢別データ

次いで年齢別データを見てみましょう。

シリウスステークスの過去10年年齢別データ
3歳 3-1-1-8
4歳 2-1-2-14
5歳 3-1-3-32
6歳 2-6-3-29
7歳 0-1-1-21
8上 0-0-0-8

1頭も馬券に絡んでいない8歳以上の馬を含め、7歳以上の馬が今一つの成績。中心は3歳~6歳馬で良いでしょう。

中でも、勝率・連対率・複勝率いずれもトップの3歳馬が注目。回収率でも、100%を唯一超えているのが3歳馬の単勝回収率なだけに、要注目ですね。

シリウスステークスの過去10年データ分析まとめ

・1番人気、2番人気の成績も悪くないが、馬券的に面白いのは3番人気~5番人気馬。
・枠番に偏りはなく、気にする必要はなし。
・逃げ馬は大幅割引。中心は先行馬で。
・7歳以上の馬は割引。注目は3歳馬。

シリウスステークス2016有力馬分析

ここからはシリウスステークス2016に出走する有力馬を50音順に見ていきます。

アポロケンタッキー

今年に入って3戦3勝。内2勝はオープン特別。注目の上がり馬です。

今回初の重賞挑戦となりますが、これまでのパフォーマンスを見る限り、G3レベルなら問題なく通用することでしょう。

阪神ダ2000メートルも2走前に快勝している舞台。

休み明けで仕上がりにさえ問題なければ、ここでも好勝負でしょう。

カゼノコ

ご存じ、一昨年のジャパンダートダービー馬。

その後、勝ちからは遠ざかっているものの、昨年の川崎記念2着、昨秋のみやこステークス2着と、G3では力上位明白です。

こちらもポイントは休み明けで仕上がりがどうか。

今年の川崎記念以来と、アポロケンタッキーより間隔が空いているだけに、中間の情報は要チェックですね。

キョウエイギア

こちらは今年のジャパンダートダービー馬。

春先はまだ一線級と比較して劣る部分がありますが、一戦毎に力をつけて頂点まで上り詰めました。

夏場を挟んで、そこから更に成長してきているか。
もしそうであれば、古馬相手でもいきなり通用でしょう。

データ的にも優勢の3歳馬。注目です。

ピオネロ

ダートに替わって2戦2勝。

まだ底を見せておらず、この勢いは魅力です。

有力馬が前走から間隔が空いての出走となる中、順調に使われている中での出走となるのは強み。その差を活かせば、好勝負出来るでしょう。

マスクゾロ

順調に使えない弱みがありますが、2走前が3馬身半、前走が6馬身差の圧勝と、ここ2走のパフォーマンスは圧巻。

多数の上がり馬が出走するシリウスステークス2016ですが、近走のインパクトではこの馬がトップでしょうか。

初重賞挑戦となった昨年のアンタレスステークスでは5番人気9着と結果を残せませんでしたが、当時とは雲泥の実力差。

1度重賞のペースを経験しているのも強みで、ここも良いパフォーマンスが期待出来そうですね。