紫苑ステークス2016予想|今年も穴馬台頭?1~3番人気総崩れだった昨年に続き、万馬券を狙います!

塾長代理のゆりです。

ここ2日で展望してきた京成杯オータムハンデ・セントウルステークスの陰に隠れてしまっていますが、秋競馬の重賞第一段と言えば紫苑ステークス2016。ご存じ、秋華賞トライアルです。

例年ローズステークス組が断然有利な秋華賞ですが、今年は秋華賞で有力馬が次々離脱している状況。紫苑ステークスも本番にチャンスがありそうで見逃せないレースとなりそうです。

ちなみに、昨年の紫苑ステークスは8番人気クイーンズミラーグロに本命を打って3連単84,840円の的中。その時参考にしたこちらのメルマガを今週も活用してみようと思います。

%e7%b4%ab%e8%8b%91%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b92015%e7%b5%90%e6%9e%9c

紫苑ステークス2016データ分析

さて、ではまず、その紫苑ステークスをデータ分析していきたいと思います。

まずは単勝人気別のデータです。

紫苑ステークスの過去10年単勝人気別成績
1番人気 1-1-2-6
2番人気 2-3-0-5
3番人気 0-0-1-9
4番人気 2-2-1-5
5番人気 2-1-1-6

2番人気の成績は悪くないですが、1番人気と3番人気が不振傾向。4番人気、5番人気の好走が目立ており、単勝回収率・複勝回収率共に100%を超えています。昨年は1~4番人気が揃って馬券圏外となっているように、基本的には中波乱傾向にあるレースですね。

続いて枠番別成績に移ります。

紫苑ステークスの過去10年枠番別成績
1枠 0-2-2-11
2枠 2-1-1-14
3枠 1-1-2-15
4枠 1-1-0-17
5枠 3-2-1-12
6枠 1-0-3-16
7枠 1-2-1-18
8枠 1-1-0-21

平均的にバラけた成績となっていますが、勝率・連対率・複勝率共に1位、単勝回収率・複勝回収率とも100%超えの5枠は注目ですね。後、開幕週の影響か、大外の8枠は勝率・連対率・複勝率共最下位で、割引が必要かもしれません。

続いて脚質を見ていきます。

紫苑ステークスの過去10年脚質別成績
逃げ 1-1-1-8
先行 3-1-2-32
差し 6-8-5-40
追込 0-0-2-44

開幕週ということで逃げ・先行が有利と思いきや、活躍が目立っているのは差し馬。勝率・連対率・複勝率共に1位で、単勝回収率・複勝回収率とも100%超えています。

開幕週とはいえ、牝馬にとって中山芝2000メートルはタフですし、秋華賞への出走権利がかかってますから、各騎手とも積極的に騎乗、展開が厳しくなって差し馬が台頭するんでしょうね。開幕週で人気が集まる逃げ・先行馬の裏をかいて差し馬を狙うというのは一つの作戦として良さそうですね。

紫苑ステークス2016データまとめ
・1番人気馬と3番人気馬が不振。4番人気馬 、5番人気馬が狙い目。
・好走が目立つのは5枠。開幕週で大外8枠は割引。
・開幕週だが活躍が目立つのは差し馬。

更に詳しいデータが知りたい人は無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】で確認!

紫苑ステークス2016予想と注目馬

そんな紫苑ステークスですが、まず注目が集まるのはオークス3着馬ビッシュでしょう。人気を裏切ったフローラステークスは騎乗ミスと言えるほどだったレース。オークスで巻き返したことで、芝中距離への適性が世代上位なのを改めて示しました。

それに次ぐ人気となりそうなのがオークス3番人気のエンジェルフェイス、次いで、仮にオークスに出走していれば穴人気となっていたであろうパールコードの重賞実績ある2頭でしょう。

ただ、データ分析でも取り上げたように、紫苑ステークスは4番人気以下の好走が目立つレース。冒頭で紹介したように昨年も波乱の結果となっており、穴党のわたしとしては当然、人気ブログランキングは押さえつつも、穴馬を積極的に狙っていきたいと思っています。※馬名はリンク先のプロフィール欄で公開しています。

穴馬と言えば、昨日もお伝えした通り、虎石さんの推奨馬も見逃せません。

先週の新潟記念では9番人気3着ロンギングダンサーに本命を打ち、ご存じの通り3着。対抗アルバートドッグ単穴アデイインザライフが2着1着で印を打った馬が上位3頭を独占と、完璧な予想を披露してくれました。

これが無料で見られるのだからチェックしないのは損です!

紫苑ステークス2016も無料予想提供してくれることが決定していますから、秋競馬開幕重賞、ばっちり的中したいかたはこちらから無料会員登録、虎石さんの予想、必ずチェックして下さいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする