セントウルステークス2016予想|ビッグアーサーに不安要素有りで今年も波乱?注目穴馬を公開中!

塾長代理のゆりです。

昨日の京成杯オータムハンデに続き、今日はセントウルステークス2016を展望したいと思います。

セントウルステークスと言えば、ここ10年でスプリンターズステークスに60頭を輩出し、馬券にも14頭が絡んでいる、今や最も重要な前哨戦。今年もスプリンターズステークス優勝最右翼であるビッグアーサーが出走し、注目が集まっています。

ちなみに、セントウルステークスと言えば、昨年は10番人気のアクティブミノルが1着で3連単405,590円の高配当。アクティヴミノル単穴評価でこの馬券を獲った私としては良い思い出のレースです。

セントウルステークス2015結果

セントウルステークスのデータ分析

さて、それではそんなセントウルステークスのデータをまずは見てみましょう。

セントウルステークスの過去10年単勝人気別成績
1番人気 1-5-2-2
2番人気 2-2-1-5
3番人気 1-0-1-8
4番人気 2-0-1-7
5番人気 1-1-2-6

まずは単勝人気別の成績。
勝率こそ低いものの、1番人気馬の連対率60%、複勝率80%は良い数字ですね。2番人気馬の数字も合格点といったところで、基本的には上位人気馬優勢と考えて良さそうです。

セントウルステークスの過去10年枠番別成績
1枠 1-1-0-13
2枠 3-0-1-15
3枠 1-0-1-17
4枠 0-2-2-16
5枠 1-1-0-18
6枠 1-2-3-14
7枠 0-1-0-20
8枠 3-3-3-12

次に枠順別の成績。
開幕週なので内枠有利と思いきや、8枠の成績が非常に良いのが意外。スプリント戦なだけに、揉まれずに自分のペースで走れるのが良いのでしょうか。複勝回収値の246円はズバ抜けた数字。開幕週の大外枠が嫌われるなら、むしろ積極的に買いかもしれませんね。

セントウルステークスの過去10年脚質別成績
逃げ 3-0-1-6
先行 5-7-2-27
差し 2-1-7-44
追込 0-2-0-48

続いて脚質別の成績です。
こちらは、開幕週とあって逃げ先行馬の成績が好成績。特に逃げ馬は単勝回収値832円、複勝回収値266円とズバ抜けた成績を残しています。

セントウルステークスの過去10年年齢別成績
3歳 3-1-1-18
4歳 3-2-2-22
5歳 3-4-3-33
6歳 1-1-3-30
7歳 0-2-0-18
8上 0-0-1-4

最後に年齢別の成績。
基本的に若い馬の活躍が目立っています。特に3歳馬は単勝回収値322円、複勝回収値127円。去年のアクティブミノルが跳ね上げてる面はありますが、注目しておきたい数字です。

セントウルステークスデータまとめ
・昨年は荒れたが基本的には上位人気が優勢
・開幕週でも8枠の活躍が目立つ。外枠が嫌われるならむしろ買い。
・逃げ先行馬が好成績。特に逃げ馬の単勝回収値832円は驚異的。
・年齢面では若い馬が優勢。

セントウルステークス2016予想と注目馬

そんなセントウルステークスの予想ですが、まずは今年の高松宮記念優勝馬、ビッグアーサーが信用出来るのかというのが重要となるでしょう。

これには非常に嫌なデータがあって、過去10年のセントウルステークスで、前走高松宮記念だった馬から優勝馬は出ていないんですよね。

最高着順はハクサンムーンとスリープレスナイトの2着で、全成績は[0-2-0-5]と今一つな結果。最大目標は次のスプリンターズステークスということで、ここはあくまで叩きとなってしまうんでしょうね。

最大目標が次という意味では、2番人気が想定されるダンスディレクターも同じ。上位人気馬が強い傾向にあるレースですが、今年は人気2頭の目標が共に次ということで、他馬に付け入る隙がありそうですね。

そこで現時点でわたしはラヴァーズポイントが面白いかと思っています。当日、人気がないといいですね!