セントライト記念2016予想|発見!意外すぎる穴馬データ。

塾生代理のゆりです。

今週末、東のメイン重賞はセントライト記念2016。ご存じ、3着馬まで菊花賞への優先出走権が与えられる東の菊花賞トライアルです。

例年、来週開催の西の菊花賞トライアル神戸新聞杯に有力馬がほとんど揃い比較的手薄なメンバーとなるセントライト記念ですが、今年は3歳牡馬3強の1角、ディーマジェスティが登場。例年以上の注目を集めることとなりそうです。

本日はそのセントライト記念について展望していきたいと思います!

セントライト記念2016・データ分析

まずはいつものようにデータ面から見ていきます。

セントライト記念過去10年・単勝人気別成績
1番人気 3-1-1-5
2番人気 1-2-1-6
3番人気 1-2-0-7
4番人気 1-2-1-6
5番人気 0-1-1-8

単勝人気別の成績は、概ね人気順に好走確率が高くなっています。

ただ、回収率に注目してみると、5番人気以上で回収率100%を上回っているのは4番人気の複勝回収率108%のみ。人気上位馬はそれなりに好走しますが、回収率の観点から見ると積極的に狙うほどの魅力にはやや欠けます。

単勝回収率343%、複勝回収率113%、[2-0-1-7]の6番人気馬。単勝回収率185%、複勝回収率128%、[1-1-0-8]の9番人気馬の方が馬券的には面白いでしょうね。

セントライト記念過去10年・枠番別成績
1枠 0-3-1-14
2枠 1-0-2-17
3枠 2-2-0-16
4枠 1-0-0-19
5枠 1-1-1-17
6枠 2-1-1-16
7枠 2-0-4-18
8枠 1-3-1-22

枠順別成績も、大きな偏りは見られません。

5枠の単勝回収率339%が抜けていますが、優勝馬1頭となるとその馬の数値が跳ね上げているだけですのでイレギュラーと考えて良いでしょう。好走率、回収率を見ても、どの枠も互角という評価で良いと思います。

セントライト記念過去10年・脚質別成績
逃げ 0-2-0-8
先行 6-3-3-25
差し 4-4-6-57
追込 0-1-1-45

脚質別成績では、勝率・連対率・複勝率いずれも先行馬が優勢となっています。

各脚質の中で出走馬の平均人気が最も上位という要素もありますが、単勝回収率292%、複勝回収率135%と共に100%を超えているのは高い評価を与えたいところです。

開幕2週目の中山芝2200メートルということで、追込馬の成績は今一つですね。コース形態的にも納得といった数字なだけに、追込馬の評価は素直にそのまま落とすのが無難かもしれません。

セントライト記念過去10年・前走レース別成績
日本ダービー 5-4-2-15
500万下条件 2-0-3-13
ラジオ日経賞 2-0-2-19

最後に前走レース別の成績です。
ここまで見てきた他のデータは概ね順当な傾向ですが、こちらはやや意外なデータもあるので注目です!

菊花賞トライアルのここは、前走日本ダービー組が例年多数、当然出走してきます。過去10年、出走馬が20頭以上いた条件に絞って言えば、勝率・連対率・複勝率共、日本ダービー組はトップの数字。単勝回収率162%、複勝回収率119%と共に100%を超えていますし、日本ダービー組中心のレースと言って良いでしょう。

ここまではイメージ通りの結果。意外なデータはここからです。

他、過去10年で出走馬が20頭以上いるのは前走500万下組とラジオNIKKEI賞組。この2つを比較すると、秋の飛躍が期待される馬の出走もある後者が優勢となりそうなところですが、勝率・連対率・複勝率いずれも、500万下条件組がラジオNIKKEI賞組を上回っているんですね。

回収率を見ても500万下条件組が単勝回収率352%・複勝回収率166%なのに対し、ラジオNIKKEI賞組が単勝回収率40%・複勝回収率38%と悲惨な数字。この傾向は、覚えておいて損はないと思います。

セントライト記念・過去10年データまとめ
・上位人気馬は好走率は悪くないが回収率が低い。穴で面白いのが6番人気、9番人気。
・枠順別成績に偏りはなし。
・先行馬優勢。回収率100%超えで優秀。追込馬は割引の数字。
・日本ダービー組が優勢。穴で面白いのは前走500万下条件。ラジオNIKKEI賞組は割引。

更に詳しいデータが知りたい人は無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】で確認!

セントライト記念2016有力出走馬分析

ここからはセントライト記念2016に出走する有力馬について見ていきます。

ディーマジェスティ
ご存じ、今年の皐月賞馬。マカヒキ・サトノダイヤモンドと並び、牡馬3強の1角です。言うまでもなく総合力はこのメンバーでは1枚抜けています。ポイントとなりそうなのは、今回は休み明けで目標はあくまで菊花賞、どの程度仕上げてくるかの見極めでしょうか。その辺、各馬の仕上げ情報に強いこのメルマガを参考の上、直前メルマガなどでお知らせ出来ればと思います。

ゼーヴィント
ラジオNIKKEI賞を完勝し、秋の飛躍を期待されるのがゼーヴィント。センスの高さは見ての通りですが、先に挙げた通り、ラジオNIKKEI賞組はセントライト記念と相性が悪いのは気がかり。実際、福島芝1800メートルと中山芝2200メートルは求められる適性が違いますからね。ゼーヴィントも、気持ち距離が長い印象もありますし、夏を越してどれだけ成長しているかがカギとなるでしょうか。

マウントロブソン
皐月賞6着、日本ダービー7着と春は後一歩足りない結果。ただ、その両レースとも1~5着馬が同じ面々だったことを考えると、セカンドグループトップの地位は確立していると言い換えることも出来ます。実際、5頭がいなかったスプリングステークス2016では、ロードクエストに先着して優勝。5頭の内、ディーマジェスティしか出走していないここでは、上位の存在と言えるでしょうね。

他にも、距離適性ありそうなアルカサル、500万下条件→1000万下条件と連勝中の上がり馬カルヴァリオ、逃げると怖いノーブルマーズ、良血プロディガルサン、京成杯2016の優勝馬プロフェット、末脚光るメートルダールなど、注目馬多数の今年のセントライト記念。菊花賞への出走権を賭けて、熱い戦いが繰り広げられそうです。

ちなみにわたしが注目しているのは人気ブログランキング。最終見解などはまた、別途お知らせ出来ればと思います。 ※馬名はリンク先のプロフィール欄で公開しています。

今週末のメインレース必見無料予想!

先週も多くの方が儲けて下さったと思いますが、競馬スピリッツさんの連続的中が止まりませんね!

先々週の新潟記念2016の虎石さんに続き、先週のセントウルステークスでも、ハンターエックスさんが印を打った3頭が上位を独占。虎石さんの本命ロンギングダンサー、ハンターエックスさんの単穴ラヴァーズポイントはいずれも9番人気。見事以外の言葉が見当たりません!

先週は、紫苑ステークス2016でも江戸川さんが◎▲△、栗山さんも○◎△の的中!特に栗山さんは新潟記念に続き2週連続で3連単万馬券的中。こちらも、見事以外の言葉が見当たりません!

この予想が全部無料で見られるのですから、競馬スピリッツ、使ってない人は本当に勿体ないですよ!

予想の見方も本当に簡単!こちらをクリックして、ページ真ん中あたりからメールアドレス登録。返信メールの中にあるURLをクリック、これで登録完了です!後は土日に、レース予想を見るだけ。もちろん、今週土日のメインレースも無料で見ることが出来ます!

秋競馬も2週目。先週儲けそこなってしまった人は、G1が本格的に始まる前に、その資金、きっちり作っちゃってくださいね!塾長代理のゆりでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする