関屋記念2016予想|目指せ4年連続的中!今年の本命馬は…

塾長代理のゆりです。

今週末、新潟競馬場で開催されるのは関屋記念2016。ご存じ真夏のマイル重賞で、新潟競馬場の芝外回り・1600メートルを舞台に、スピード・瞬発力が競われます。

登録メンバーを見ると中京記念2016組が大挙出走する見込みですが、中京競馬場で求められるタフさと新潟競馬場で求められるスピード・瞬発力は相反する要素。舞台が変わってパフォーマンスが変わる馬を見抜けるかどうかがカギになりそうですね。

今週は、そんな関屋記念の攻略ポイントを探っていこうと思います!

クイーンSは9番人気マコトブリジャールをズバリ!関屋記念鉄板3点勝負はコチラ![PR]

レパードステークス2016は3連単2点で6,040円ズバリ!

その関屋記念の展望に入る前に、まずは先週同じ新潟競馬場で開催されたレパードステークスについて振り返っていきましょうか。

本命は、注目馬としてとりあげたケイティブレイブ。当日の状態を見ても特に問題はなさそうだったので、予定通りの本命でいきました。

対抗も、人気通りグレンツェント。そんな予想じゃつまらないも思ったのですが、周りのプロや参考にしているメルマガ、何より塾長も「今年は2強の力がちょっと抜けている」という意見だったのでこれは仕方ないかなという結論に。無理に逆らっても馬券を外すだけかなと頭を切り替えました。

とはいえ、この組み合わせの馬連を買う気は起きないですし、そもそもその2頭を本命対抗にするしかないなら、あまり勝負するレースではないなと判断。2頭の1-2着固定で「前走馬券には絡めなかったものの、ここへきて調子が上向いてきている、今後は違うよ」とお伝えしたレガーロへ3連単2点だけ買いました。買う気の起きなかったレースなので軽めに、ですけどね。

ケイティブレイブは、武豊騎手が強気な逃げでしたね。あの時点で、能力が足りない馬には厳しい展開になり、紛れが少なくなったと考えています。

そんな中、道中のレガーロの 手応えは、まさにその調子の良さが表れていたといった感じ。最後ピットボスを交わせたのはピットボスが道中前々で積極的に運んでた分というラッキーな側面もあったと思いますが、的中したので結果オーライ。結果的には良い馬券を的中することが出来ました。

関屋記念の注目データ

それではここから関屋記念の方へ話を戻しましょう。まずは、過去10年の関屋記念から特徴的なデータを見ていきます。

気になるのは穴馬の好走が少ないこと。

過去10年の関屋記念で、単勝オッズ15.0倍以下の馬の成績が(1-1-6-89)。97頭出走して、優勝馬1頭、2着馬1頭しか出ていません。データ面からだけで言うなら、馬券を買うなら3連単の3着ヒモまででしょうね。厚い印を打って軸として馬券を買うのはちょっとリスクが高いかもしれません。

年齢と枠順においても、ある偏りが見られます。

年齢面で言いますと、4歳馬の好走率の高さが目立ちます。
過去10年の関屋記念、優勝馬の数だけでみますと、2勝で並んでいる4歳馬・6歳馬・7歳馬を退け4勝の5歳馬が1位となっていますが、これは出走頭数の差も影響していると考えます。

関屋記念過去10年年齢別成績
3歳(0-0-2-8)
4歳(2-3-1-9)
5歳(4-6-2-46)
6歳(2-1-2-36)
7歳(2-0-3-19)
8上(0-0-0-12)

パーセントで言えば、勝率・連対率・複勝率全て、4歳馬が他世代に倍近い差をつける圧倒的な数字。競走馬が最も充実すると言われている4歳秋へ向け、この時期の4歳馬の中には一気に力をつけてくる馬もいるのでしょうね。

枠順で言いますと、11~14の馬番が(6-4-1-23)。優勝馬6頭・優勝馬・連対馬とも、全体の約半数前後を占める結果となっています。

この頃の開催は、中頃が伸びる馬場だったり、外目が伸びる馬場だったりと色んなパターンがありますが、どんな進路を取るにしてもロスなく立ち回れるこのくらいの枠順がちょうど良いという事でしょうね。

データ面からの注目点まとめ
・単勝15倍以下の馬は3連単の3着ヒモまでが無難
・迷ったら4歳馬を中心に、相手は5~7歳馬
・11~14の馬番に入った馬は要注意

3連単なら10万馬券もある?関屋記念の激走穴馬はコチラ[PR]

データ面はそんなところですが、データはあくまでデータ。それだけでは馬券はなかなか取れません。

ここからは過去3年の関屋記念を改めて振り返り、どういったアプローチで予想すれば馬券を的中出来たのか、今年の予想の参考にしていきたいと思います。

「そんなのいらない、今年来る馬を知れればそれで良いんだ」というせっかちな人は記事の最下部をご確認ください。

ちなみに、先週のレパードステークス同様、関屋記念も2013年から2015年まで3年連続的中中。レパードステークスは4年連続的中となりましたが、関屋記念も4年連続的中といきたいと思ってます。

レッドアリオンで鉄板!関屋記念2015は馬単2点で6,580円ズバリ!

関屋記念2015は、カフェブリリアント・レッドアリオン・サトノギャラント・スマートオリオン・エキストラエンドの1番人気から5番人気までが単勝410円~650円の配当という、12頭立てとしてはかなり珍しいオッズの割れ方をしている大混戦レースでした。

しかも、終わってみれば、5頭の内、1着レッドアリオン以外は掲示板にも乗れなかったレース。少頭数だったけれど本命馬が見せ場もなく終わってしまった人も多かったのではないでしょうか?そんな中、わたしはレッドアリオン本命、馬単2点で6,580円ズバリと仕留めさせていただきました。

このレースを的中出来たのは、なんといってもレッドアリオン頭鉄板を見抜けた点だったと思っています。

レッドアリオンと言えば、マイラーズカップ2015を1:32.6という好時計で制しているよう、高速馬場には滅法強い馬。しかも、関屋記念2015は逃げ馬が皆無で、何度かやらかしたことのある大出遅れさえなければ、 マイペースでの単騎逃げが濃厚と、買い材料が豊富。

それと比較して、他の上位人気馬たちには買い材料がこれといってない。

特に1番人気カフェブリリアントは、春の一連の好成績は、騎手が抜群に上手く乗ったこと、馬に勢いがあったこと、相手が牝馬だったことと好走の材料が多々揃っていたからこそ出来たもので、牡馬相手の重賞では厳しいというのがわたしの周りのプロ含めた皆の総意。1番人気には明らかに人気先行でした。

前年の関屋記念で3着、同じ新潟芝1600メートルで開催された谷川岳ステークス2015を制していることで3番人気に支持されたサトノギャラントにしても、いかにもなオープン大将というキャラという確立されていて重賞を優勝するイメージは全くなし。

スマートオリオンはどちらかというとパワータイプで、内回りならまだしも、新潟芝外回りコースではスピードも瞬発力も圧倒的に足りない。エキストラエンドは既に高齢で、間隔が空いていきなり走れるほどの活力はなし。

負かされる怖さを持つ上位人気馬もいませんでしたから、展開利・適性利があったレッドアリオンで鉄板と簡単に見抜けましたね。

ご存知の通り、新潟競馬場芝コースは、他の競馬場と比較してかなり特殊な部分があります。適性の高低を見抜けるかどうかは、関屋記念的中において、欠かせない予想材料ですね。今年も、中京記念2016組の取捨は重要になるでしょうね。

ダノンシャークの2着付け!関屋記念2014は馬単4,730円ズバリ!

関屋記念2014は、2013年の京都金杯・富士ステークスを優勝、安田記念・マイルチャンピオンシップでも3着したダノンシャークが参戦。2014シーズンは阪急杯で1番人気を裏切ったものの、安田記念で9番人気ながら4着と好走し、当然のように1番人気に支持されていたレースでした。

実績や適性、安定感から、本命をダノンシャークに打つことは難しくなかったレースだったと思いますが、そのダノンシャークからどういった馬券を買うかがポイントでした。

前年の金杯、富士ステークスこそ優勝してはいますが、先に挙げた安田記念・安田記念以外でも、マイラーズカップ2013で3着、京王杯AH2013・エプソムカップ2012・マイラーズカップ2012・京都金杯2012が2着と、勝ち切るよりも、勝ち切れずの2~3着も多いダノンシャーク。

1番人気馬であれば大抵の場合、1着になった時の配当は馬連の2倍以下、2着になった時の配当は馬連の2倍以上となります。確率が五分五分程度なのであれば、これだけ配当が違うなら後者の方がいいかなと、わたしは馬単2着づけの馬券を買いました。

結果これは大正解で馬単4,730円の的中。スピードと瞬発力が求められる新潟芝コース、他のコースで勝ちきれない馬はやはりちょっと割り引いた方が良いでしょう。

優勝したクラレントは、富士ステークス2012・東京新聞杯2013・エプソムカップ2013の優勝、次走にも新潟開催の京成杯AH2014を制覇するなど左回りのマイル戦には滅法強い馬。前走の中京記念2014は人気を裏切る結果でしたが「前走はタフな馬場が堪えただけ。軽い芝の新潟なら巻き返せる」とのことでしたし、それで4番人気なら簡単に買えましたよね。20倍台後半くらいの配当と思っていましたから、馬単4,730円は、かなり良い配当だったと思います。

上位4頭の3連複BOX!関屋記念2013は3連複2,620円ズバリ!

関屋記念2013は、ご存知ジャスタウェイと前年の関屋記念の覇者ドナウブルーが、単勝300円前後でやや抜けた形の1~2番人気。やや離れた単勝700円前後に、前年の京王杯オータムハンデで脅威の1:30:7をマークしたレオアクティヴ、前哨戦のパラダイスステークスを制したレッドスパーダが続く形。以下、単勝5番人気以下は1,000円以上の配当と、卍巴の人気構成となったレースでした。

結果から言うと、人気順とはやや異なるものの4頭が1~4着を占める人気通りの結果。レースを見ての通り、5番人気の馬とはちょっと総合力が違った印象でしたね。

当時のわたしでは、まだちょっと4頭の順位付けをするのが難しく3連複4頭BOXでいかざるを得ませんでしたが、印はこの4頭だけで良いと決断するのに役立ったのが、各馬の調子の見極めでした。参考にしているメルマガの多くが、

「人気の4頭がどれも甲乙付け難いくらい調子がいい。残念だがここはちょっと穴狙い出来そうにない」

と珍しく白旗。当時のわたしはまだ「夏は調子」などの格言を予想に素直に 反映していましたから、「実力上位の4頭が調子も良いなら、この4頭で決まりかな」と思い、こうなりました。単純ですが、「夏は調子」という格言は今でもまだまだ通用しますから、今年の関屋記念でも皆さん、各馬の調子には注目してくださいね。

関係者イチオシの関屋記念2016出走の絶好調馬はコチラ【リンク】

関屋記念2016の注目馬

色々見てきましたが、今年の登録馬で気になっているのは人気ブログランキング。大挙出走してくる中京記念2016組ですが、最先着馬のピークトラムではなく、こちらの方にわたしは注目しています。※馬名はリンク先のプロフィール欄で公開しています。

後は、各陣営の思惑ですね。

ご存じの通り、関屋記念は、その中京記念に次ぐ、サマーマイルシリーズの第2戦ともなっています。サマーマイルシリーズといえば、サマーシリーズの中でも最も対象鞍が3鞍と最も少なくなっています。最低でも対象レースに2回は出走し、1レースで優勝、もう1つでも一定以上の着順になるのが求められます。

そうなると、このシリーズで優勝する可能性があるのは、中京記念・関屋記念・京成杯AHの優勝馬いずれか。そんな中、中京記念の優勝馬ガリバルディは「出来れば秋まで休ませたい」とのことで放牧中。関屋記念を優勝すれば俄然チャンピオンになれる可能性があると、気合の入っている陣営もあることでしょう。

そんな陣営を伝えてくれているのが、中京記念2016で8万馬券的中を届けてくれたメルマガ。

競馬界の大物OBや書く関係者からの本音が入ってきているようで、今年の関屋記念でも万馬券立役者になるだろうと言われている激走穴馬をマーク済みです。単勝15倍以下の穴馬の好走率の低い関屋記念ですが、話を聞く限り、この馬はその例外になりそうですね。8万馬券を◎○▲のド本線で的中させた中京記念に続き、ここでも良い予想をしてくれることに期待です。もちろんわたしも参考にします!

その激走穴馬の情報を含めた『関屋記念・3連単馬券』を無料公開してくれるとのことなので、興味がある人は是非こちらから無料登録してみることをお薦めします。

登録メンバーを見た瞬間、正直、4年連続的中は難しそうだなと思ってしまったほど難解なレースですが、このメルマガや塾長の力があれば、先週のレパードステークスに続きその記録を達成出来るかもしれませんね。頑張ります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする