ローズステークス2016予想|シンハライトとジュエラー。勝つのはどっち?

塾長代理のゆりです。

今週末、西のメイン重賞は、秋華賞トライアルのローズステークス2016。例年、秋華賞の上位人気候補が集結するレースですが、今年も良いメンバーが揃いましたね!

桜花賞馬ジュエラー、オークス馬シンハライトはもちろんのこと、メジャーエンブレムを除く桜花賞2016掲示板組も揃って参戦。プレ秋華賞の様相を呈しています。

今日はこのローズステークスについて展望していきたいと思います!

ローズステークス過去10年データ分析

まずは過去10年のローズステークスの好走馬データを見ていきましょう。

ローズステークスの過去10年・単勝人気別成績
1番人気 5-2-1-2
2番人気 1-2-2-5
3番人気 0-0-2-8
4番人気 1-0-0-9
5番人気 1-0-1-8

秋華賞の最重要ステップレースとあって、本番でも上位人気必至の馬たちが出走してくるローズステークス。当然のように1~2番人気馬の好走が目立っています。特に1番人気は、この人気で単勝回収率・複勝回収率共に100%を超えているのは見事な一言です。

それと比較すると、3~5番人気馬は今一つな印象。上がり馬などがこの人気に推されることが多いですが、春に実績を残している1~2番人気馬の壁の前に跳ね返される形となってしまってますね。

1~2番人気以下で注目したいのは単勝回収率357%、複勝回収率144%の7番人気馬。[2-0-1-7]と好走率も高く、ヒモ穴としてもってこいと言えるでしょう。

ローズステークスの過去10年・枠番別成績
1枠 1-1-1-13
2枠 1-1-1-13
3枠 1-0-0-17
4枠 1-1-1-15
5枠 2-2-1-14
6枠 1-2-1-16
7枠 1-3-3-16
8枠 2-0-2-21

次いで枠番別成績を見ていきます。

5枠が勝率・連対率とも他枠の倍以上の数字となっていますが、全体的には好走枠の偏りは特にない印象ですね。

ローズステークスの過去10年・脚質別成績
逃げ 1-1-1-8
先行 3-0-3-27
差し 5-6-5-46
追込 1-3-1-44

出走頭数が多いから好走数が目立つというのもありますが、単勝回収率・複勝回収率共に100%を超えているよう、強いていうなら差し馬がやや優勢な印象です。が、そこまで大きな偏りがある訳ではなく、当日のトラックバイアスを素直に考えれば良い気がしますね。

ローズステークスの過去10年・前走レース別成績
優駿牝馬 8-5-2-33

上がり馬の出走もあるローズステークスですが、好走の絶対数で言うと優駿牝馬(オークス)組が断然の数字です。単勝回収率159%、複勝回収率85%も良い数字ですし、この組中心に考えるのが無難でしょうね。

条件戦から臨んできた馬の複勝回収率も良い数字なのですが、こちらは3連単のヒモ穴までといった数字。オークス組を中心に、3連単のヒモ穴に条件戦組というのが良いかもしれませんね。

ローズステークス・データ分析まとめ
・1番人気優勢。次いで2番人気と上位人気優勢。要注意は7番人気。
・枠順の有利不利は特になし。強いて言うなら5枠優勢。注意は2枠。
・脚質の有利不利は特になし。強いて言うなら差し優勢。
・前走オークス組が優勢。条件戦組は3連単のヒモ穴まで。

ローズステークス2016有力馬分析

ここからはローズステークス2016の有力馬について見ていきたいと思います。

今年は何といっても桜花賞馬ジュエラー対オークス馬シンハライトの対決。直接対決ではここまで1勝1敗。3度目の今回はどういった結果になるでしょうか。

ジュエラー
ジュエラーは、骨折休養明けでいきなり走れるのかどうかというのが最大のポイントでしょう。非常にセンスの高い馬なだけに、それさえクリア出来ればある程度は走ってくると思います。その辺は、怪我明けの馬の取捨に定評のあるこちらのメルマガを参考にしていくと良いでしょう。

シンハライト
シンハライトもジュエラー同様、非常にセンスの良い馬。大きなトラブルなければ、ある程度は走ってくると考えるのが普通でしょう。ポイントは、本番・秋華賞を前にどの程度まで仕上げてくるのか?それ次第では、ジュエラーやその馬たちにやられる可能性も出てくると思います。