オールカマー2016予想|ゴールドアクター・マリアライトの2強で決まるのか?

塾長代理のゆりです。

今週末、中山のメイン重賞はオールカマー2016。
昨年は牝馬のショウナンパンドラがここを制した後、ジャパンカップ制覇。同じく牝馬で2着したヌーヴォレコルトもここをステップにエリザベス女王杯2着、香港カップ2着と秋競馬に向けて弾みをつけました。

今年も、秋競馬で活躍が期待されるゴールドアクターとマリアライトが登場。秋緒戦、どういったスタートを切るのか、注目が集まります。

オールカマー過去10年のデータ傾向

そんなオールカマー2016ですが、まずはいつものようにデータ面を見ていきましょう。

オールカマーの過去10年単勝人気別データ

まずは人気別のデータから見ていきましょう。

オールカマーの過去10年単勝人気別データ
1番人気 3-3-1-3
2番人気 2-2-2-4
3番人気 2-0-0-8
4番人気 1-1-0-8
5番人気 1-1-0-8

概ね、人気通りの順の成績となっていますね。

ただ、好走率ではトップの1番人気馬は、単勝回収率や複勝回収率でいずれも100%割れ。

好走率では劣るものの、いずれも100%超えの2番人気馬の方が馬券は美味しいかもしれませんね。

オールカマーの過去10年枠番別データ

次いで、枠順別のデータを見てみます。

オールカマーの過去10年枠番別データ
1枠 0-1-0-13
2枠 1-2-2-12
3枠 2-4-2-10
4枠 0-0-1-17
5枠 1-1-2-14
6枠 2-2-2-12
7枠 3-0-0-17
8枠 1-0-1-19

最内の1枠、大外の8枠の数字が今一つですね。

それと何故か4枠の成績も悪いので、データ派の人はそれを考慮するのも良いでしょう。

複勝率で見ると断然なのは3枠。複勝回収率は当然100%超えの140%をマーク。しかし、単勝回収率は43%と今一つです。

好走率では劣るものの、単勝回収率251%、複勝回収率109%の6枠に注目する方が良いかもしれませんね。

オールカマーの過去10年脚質別データ

次いで脚質別の成績を見てみます。

オールカマーの過去10年脚質別データ
逃げ 1-1-0-9
先行 7-2-3-23
差し 2-7-7-37
追込 0-0-0-44

追込馬が過去10年で1頭も馬券に絡んでいないという壊滅的状況。

コースレイアウト的にも追込が利きづらい条件ですから、こちらは問答無用で評価を落として良いでしょう。

好走数、好走率は先行馬がリード。
ただ、他の脚質と比較して、平均人気で抜けていますからその影響も大きいでしょう。単勝回収率や複勝回収率では差し馬に遅れを取っています。

その差し馬でも、単勝回収率・複勝回収率はいずれも100%を下回っていますから、積極的に買うほどではないと思います。

オールカマーの過去10年年齢別データ

最後に年齢別のデータを見ていきます。

オールカマーの過去10年年齢別データ
3歳 0-0-0-2
4歳 3-3-3-17
5歳 2-5-3-37
6歳 3-2-1-23
7歳 2-0-3-18
8上 0-0-0-17

4歳~7歳までおおよそ互角と言っていいでしょうね。4歳馬の成績がややリードしていますが、こちらは平均人気で抜けていますからその差でしょう。

単勝回収率・複勝回収率が100%を超えている年齢はありませんので、年齢面を意識する必要はあまりないように思います。

オールカマー2016データまとめ

・好走率は人気順通り。回収率を見ると単勝2番人気に旨み有り。
・1枠と8枠はやや割引。
・追込馬は大幅割引。
・年齢的な差はほぼなし。

データ的にこれといった特徴は見当たりませんね。

データを特に意識することなく、能力、適性などで素直に予想して良いレースと言えるのではないでしょうか。

オールカマー2016上位人気馬分析

さて、ここからはオールカマー2016の有力馬について見ていきます。

ゴールドアクターの評価

ご存じ昨年の有馬記念馬。

今年も、天皇賞春では1番人気を裏切ったものの、日経賞は快勝。得意の中山の舞台に戻れば巻き返しの可能性は充分でしょう。

本命級の評価をするのか、それ以下の評価に留めるのかは、天皇賞春の敗因をどう評価するかに次第といったところでしょうか。

マリアライトの評価

ご存じ今年の宝塚記念馬。

あのドゥラメンテを負かしたことで、昨年の有馬記念4着がフロックでないのを証明しました。

ゴールドアクターには有馬記念2015、日経賞2015で2戦2敗ですが、先の宝塚記念2016、エリザベス女王杯2015優勝など、得意としている芝2200メートルで逆転出来るか。その見極めが重要になるでしょうね。

この2強が断然人気となりそうなオールカマー2016ですが、同じく2強対決だった先週のローズステークス2016がああいった結果。ここも、波乱の可能性も想定して予想しておくべきでしょう。