新潟2歳ステークス2016予想|札幌記念に続いてここも的中を狙います!

塾長代理のゆりです。

今週は、今年2つ目の2歳重賞、新潟2歳ステークスが開催されます。

夏の2歳重賞は函館・札幌・新潟・小倉と開催されますが、来年のクラシックへ繋がるという意味では新潟2歳ステークスと札幌2歳ステークスが双璧ですよね。来年のクラシックを占う今年最初の2歳重賞。多くの競馬関係者が注目しています。

ただ、登録馬を見ると、正直今年はちょっと小粒かな~という印象。

新馬戦を1番人気で勝ち上がったのはモーヴサファイア1頭だけですし、そのモーヴサファイアにしても、単勝オッズは360円と決して抜けた人気ではありませんでした。

クラシックへ繋がるかとなると微妙なところですが、その分、馬券としては面白いレースになるかもしれませんね。重賞連続的中の勢いに乗って、ここもビシっ!っと的中目指して頑張りたいと思います。

札幌記念2016は3連単22,060円的中!

その新潟2歳ステークスの展望をする前に、まずは先週の札幌記念について振り返りましょう!

注目のモーリスは最終的に単勝160円。実績から1番人気になるのは当然と思っていましたけど、この人気はさすがにやりすぎかな~というのがわたしの印象。直前の雨による馬場悪化で波乱の目もあると思い、モーリスが2着以下に負ける場面を想定した馬券を中心に購入しました。

塾生さんたちに伝えた最終的な印はこちら。

◎ネオリアリズム
○モーリス
▲ヒットザターゲット
△レインボーライン

ネオリアリズムはデータ的に厳しい枠順だったのですが、いつも参考にしているメルマガに「今回は思いきって逃げの手に出る」とあり、それが上手く作用するのではと推測しました。マイナス18キロという馬体重も、ここに照準を合わせてきた陣営の意気込みが感じられましたしね。

また、札幌芝コース、ルメール騎手鞍上時の成績は共に2戦2勝。

競馬初心者でも分かる!10万馬券を演出する穴馬の選び方【8カ条】の記事でも書いてますが、得意コース・相性の良い騎手に戻った際に狙うというのは穴狙いの王道ですからね。どちらか1つでも充分狙うに値するのに、今回は材料が2つ。狙ってくださいと言わんとばかりの穴馬でした!

3着レインボーラインは近年最強世代とも言われる今年の3歳世代の馬。明らかに距離が長かった日本ダービーで8着と健闘していましたから、距離短縮のここなら馬券圏内は充分あると読むのは難しくなかったですよね!

モーリスが負けたにしては3連単の配当がイマイチつかないなあというのが正直な感想ですが、馬単も馬連も的中したので払戻金は充分。予想としてはなかなかいいものが出来たと思っています。

札幌記念2016レース動画

新潟2歳ステークス2016の注目データ

それでは話を新潟2歳ステークスに戻しましょう。まずは注目データを見ていきます!

冒頭でクラシックに繋がる夏の2歳重賞と書きましたが、そうなってくると重要なのはやはり素質。デビュー戦からある程度の人気を集めている馬が好走している傾向にあります。

デビュー戦での単勝人気別成績(過去10年)
1番人気 3-3-4-28
2番人気 3-1-0-26
3番人気 1-1-2-15
4番人気 0-2-0-14
5番人気 0-1-1-19
6番人気 3-0-2-12
7~9番人気 0-2-1-16
10番人気以下 0-0-0-16

次いで注目したいのは前走の4コーナーでの位置取り。
2歳馬となると特に新馬戦は逃げ切り勝ちの馬も多いですが、直線の長い新潟芝外回りでさすがにそれは苦しいというデータ。かといって2歳戦で後方一気はハープスター級に実力が抜けていないと出来ない芸当で、先行馬・差し馬の活躍が目立っています。

前走の4コーナーの位置別成績(過去10年)
先頭 0-1-1-18
2~4番手 4-4-4-61
5~9番手 5-4-3-50
10番手以下 1-1-2-15

簡潔に言うと、初戦で人気上位に支持され、前走2~9番手で競馬した馬が狙い目ということですね。

今年も該当馬が何頭かいますが、現時点では人気ブログランキングが面白いと思いますね!※馬名はリンク先のプロフィール欄で公開しています。

新潟2歳ステークスの更なる狙い馬を知りたい人はこちらの無料メルマガで。

札幌記念2016の3連単ズバリ!知らなきゃ損する競馬無料情報

ここで少し箸休め。

今年の現在までの獲得金5,405,050円!

これが全て、無料予想の結果だとしたら皆さんはどう思いますか?

「そんなのある訳ない!」
「たまたまでかいのが当たっただけだろ?ただのラッキーだろ?」

そう思う方もいると思います。

違うんですね~。

タダでもしっかりと、毎週のように当たる無料競馬情報は確かに存在するのです。 実際、先週の札幌記念も3連単22,060円をビシ―っと仕留めていました!

わたしがネオリアリズムとレインボーラインに高い評価を出来たのも、栗山さんが評価していたから安心したという面もありますからね。

ところで何故こんなの的中を量産することが可能なのか?

気になってスタッフの人に尋ねたことがあるんですが、「1人でも多くの人に競馬で儲けて欲しい」。その気持ちを元に、1ミリの妥協もせず、計算に計算を重ねた予想を届けているからだそうです。

毎週土日のメインレースの他に有料情報の提供もしているそうなのですが、こちらも驚きの月額840円!

そんな安価で、各予想家が平場・ダート・芝など、レース条件関係なく、とにかく本気で勝負できるレースを提供してくれているのを見ても、その言葉に嘘がないのが分かります。

貴方なら、5,405,050円もの獲得金を、無料で提供しますか?更に儲かる有料情報もたったの月額840円。 わたしだったらきっと、もっと高い情報料金を取ると思います(笑)。

彼らがそういったことをしないのは、そこで利益が出なくても、馬券で儲かるから、最低限、運営を維持するためだけの利料金だけで良いそうなのですよね。

1人でも多くの人に競馬で儲けて欲しいと考えているのが本当だというのが伝わってきます。

今週末の重賞も当然のように無料予想を提供してくれるとのことなので、これまで使っていなかった方は、こちらから無料メルマガ登録をして、今週末から早速、活用してみることをお薦めしますよ!

さて、それではここからは、このサイトを活用したおかげで的中したこともある、過去の新潟2歳ステークスについて改めて振り返っていきましょう!

単勝10万単位の大勝負!新潟2歳ステークス2015はロードクエスト本命でズバリ!

新潟2歳ステークス2015は、わたしの中ではかなりインパクトに残っているレース。というのも、ロードクエストの単勝に10万単位賭けるという、今のわたしにとっては大勝負と言えるくらいのレースだったから!

2013年のハープスター・イスラボニータの決着を見て得た教訓は、翌年のクラシックで勝ち負け出来る馬は新潟2歳ステークスなら勝ち負け出来るんだなというもの。

結果的に、クラシック2016は近年最高レベルのメンバーとなってしまってロードクエストは活躍できませんでしたが、この時期既に、来年のクラシック候補としている人は多数いました。

わたしもそう思ってましたし、塾長や参考にしているメルマガでも「秋以降に大物が誕生しなければ、ダービーはともかく皐月賞まではロードクエスト中心になってもおかしくない」との評価。デビュー戦のパフォーマンスから、単勝200円くらいが良いところかなと思っていたのですが、蓋を開けてみれば360円。これは勝負するしかないなと、単勝に10万単位の金額をいきました。

これだけの勝負をしたのは、わたしの馬券歴の中ではそう多くありません。直線半ば、絶好の手応えであがってきた時は久々に興奮しましたね。

2着のウインファビラスもこの時12番人気でしたが、暮れの阪神ジュベナイルフィリーズ2015で2着。後にG1で勝ち負け出来る馬は押さえておいた方が良いと、改めて教訓にもなったレースですね。

新潟2歳ステークス2014は馬連760円を1点的中!

新潟2歳ステークス2014は、アヴニールマルシェ・ナヴィオン・ミュゼスルタンの3頭が3つ巴様相。この3頭をどう評価するかが馬券のポイントでした。

ここでわたしが下した評価は、ナヴィオンはスケールが1枚落ちるんじゃないかなというもの。

初戦のインパクトはナヴィオンが1番強かったんじゃないかという意見も当時は多くありましたし、それは確かにそうだったかもしれませんが、3頭の中で最も小柄、実際馬体もスリムで、どうもスケールが小さく感じたのですよね。前年、ハープスターとイスラボニータの決着を見てるので、余計そう感じたのかもしれません。

それに対し、ミュゼスルタン・アヴニールマルシェは、完成度はナヴィオンに劣るものの、スケールでは上回っている印象。どちらを取るかという問題ではありましたが、ナヴィオンは大外枠を引いた不利もあると思い、スケールで上回っている2頭をチョイス。結果、これが上手くいきました。

3頭のその後の成績を見ても、ナヴィオンはレベルの高くない重賞で3着止まり、ミュゼスルタンとアヴニールマルシェは共に一応G1で掲示板に載りましたから、やはりそういった馬が活躍するんだなと、後々そういう結果になって改めて思いましたね。それが、2015年の単勝勝負にも繋がったと思ってます。

新潟2歳ステークス2013は馬単2,340円を1点でズバリ!

2015年も思い出に残ってる新潟2歳ステークスですが、この2013年も記憶に強く残っているレースです。

1着ハープスター・2着イスラボニータのその後はわたし以上に皆さんもご存じかと思いますが、その後の活躍を予見した馬のプロたちの凄さを思い知らされたからです。

塾長を筆頭に、わたしの周りの馬券プロ、参考にしているメルマガや信頼している競馬予想会社の多くが「ここはハープスターとイスラボニータが2枚以上抜けている」という評価。結果2頭がワンツーして、まだまだ競馬初心者だった当時のわたしは、プロは本当に凄いと思った記憶があります。

この頃、自分の予想にまだ自信がなかったわたしは、儲けている人たちが皆そう言ってるんだからこれを買っておけばいいんだなと、より評価の高かったハープスターから馬単1点買い。今でこそ、1点買いの的中や3連単10万馬券の的中など、色んな馬券を的中しているわたしですが、この頃まだそういった的中が珍しかっただけに、かなりの快感だったのを覚えています。

ここまで3年の結果を振り返って改めて思うのは、後にG1で活躍出来るレベルの馬が新潟2歳ステークスでは強いということですね。今年もそういった馬を拾えるかどうかがカギになってくるでしょうね。

小粒なメンバーと評しましたが、この時期の2歳馬は短期間で化けることも多々あります。そういった馬を見落とさないよう、皆さんも予想、頑張ってくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする