神戸新聞杯2016予想|サトノダイヤモンドで鉄板?穴馬で狙うなら…

塾長代理のゆりです。

今週末、阪神競馬のメイン重賞は神戸新聞杯2016。

昨年は1着リアファル、2着リアルスティールが菊花賞3着、2着。
一昨年は2着サウンズオブアース、3着トーホウジャッカルが菊花賞2着、1着。
3年前は1着エピファネイアが菊花賞1着。
4年前も1着ゴールドシップが菊花賞1着。
5年前も1着オルフェーヴルが菊花賞1着。

ご存じ、菊花賞の最重要ステップレースです。

今年も、順調にいけば菊花賞で先週セントライト記念を制したディーマジェスティと2強を形成すると思われるサトノダイヤモンドが登場。菊花賞に向けて注目が集まるレースです。

神戸新聞杯馬連3点で的中出来なければ有馬記念まで全G1レース無料提供します!

神戸新聞杯過去10年データ傾向

それではいつものように、神戸新聞杯過去10年のデータ傾向から分析していきましょう。

神戸新聞杯の過去10年単勝人気別データ

まずは単勝人気別データから見ていきます。

神戸新聞杯の過去10年単勝人気別データ
1番人気 5-3-0-2
2番人気 1-1-4-4
3番人気 3-2-1-4
4番人気 0-0-0-10
5番人気 0-1-2-7

1番人気の連対率80%は目立ちますね。

菊花賞の最重要ステップレースということで、毎年春のクラシック主役級の馬が出走。総合力を示す結果になっていると見て良いでしょうね。

馬券的に面白いのは3番人気馬。

好走率で2番人気馬を上回っていますし、単勝回収率・複勝回収率はいずれも100%超え。特に単勝回収率200%超えの数字は優秀でしょう。

神戸新聞杯の過去10年枠番別データ

次いで枠番別のデータを見てみます。

神戸新聞杯の過去10年枠番別データ
1枠 1-1-2-10
2枠 0-0-1-16
3枠 2-1-0-15
4枠 1-1-0-16
5枠 2-3-2-13
6枠 1-1-3-14
7枠 1-2-1-18
8枠 2-1-1-18

内枠・中枠・外枠、満遍なく好走していますね。

2枠だけ過去10年で連対がありませんが、これは平均人気が下から2番目、単純に出走馬の力不足が原因かと思います。枠順による有利不利はないと考えていいでしょう。

神戸新聞杯の過去10年脚質別データ

次いで脚質別のデータを見てみます。

神戸新聞杯の過去10年脚質別データ
逃げ 1-1-1-8
先行 2-2-3-29
差し 6-6-4-40
追込 1-1-2-43

それぞれの脚質で一定の好走率を残しています。

追込馬の数字が悪いですが、平均人気が10番人気以下というのを考えると、枠順同様、出走馬の力関係が影響していると見て良いでしょう。

脚質による、極端な有利不利はないと考えて良さそうです。

神戸新聞杯の過去10年前走日本ダービー組のデータ

最後に、前走日本ダービー出走組のデータを見てみます。

神戸新聞杯の過去10年前走日本ダービー組のデータ
8-7-2-28

率で見ると今一つな結果となってしまいますが、これは出走頭数が多いので仕方がないところ。

過去10年で1着馬8頭、2着馬7頭、連対馬20頭中15頭が前走日本ダービー組が占めていることを考えると、中心はやはりこの組と言って良いでしょう。他の組ではなかなか、連に絡むのは難しいでしょうね。

神戸新聞杯2016データまとめ

・中心は単勝1番人気馬。馬券的に面白いのは単勝回収率・複勝回収率はいずれも100%超えている3番人気馬。
・枠順による有利不利は無しと考えてOK。
・脚質による有利不利は無しと考えてOK。
・中心は日本ダービー組。

各馬実力を発揮しやすい阪神芝外回り2400メートルということで、条件による有利不利なく、実力通りの結果になることが多いと見て良さそうですね。

更に詳しいデータが知りたい人は無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】で確認!

神戸新聞杯2016有力馬分析

ここからは神戸新聞杯2016に出走する有力馬について見ていきます。

サトノダイヤモンド

ご存じ、ディーマジェスティ・マカヒキと形成する、今年の牡馬3強の1角です。

春は皐月賞3着、日本ダービー2着と無冠に終わってしまいましたが、その潜在能力は3強ナンバーワンと評する専門家もいるよう、あらゆる能力を高いレベルでバランス良く持っています。

2頭がいないここは、休み明けとはいえ恥ずかしい競馬は出来ないでしょう。

エアスピネル

春は皐月賞、日本ダービー共に4着。

惜しい競馬が続いていますが、弥生賞の3着含め、今年に入ってから牡馬3強以外には一切先着を許していません。

センスの高さは一連の競馬を見ての通りで、この距離は正直少し長い気もしますが、総合力の高さで大崩れはないでしょうか。

レッドエルディスト

今回の舞台芝2400メートルは青葉賞で2着。

日本ダービーは見せ場なく9着に終わっていますが、8着のレインボーラインが札幌記念着、10着プロディガルサンがセントライト記念3着、11着ロードクエストが京成杯AH1着と、この馬も充分重賞級の能力を持っているのが分かります。

得意の距離なら良いパフォーマンスを見せてくれるでしょう。

神戸新聞杯2016の注目穴馬

基本的に春に活躍した馬が強いとは思いますが、一発に期待するなら人気ブログランキング※馬名はリンク先のプロフィール欄で公開しています。

前走は人気を裏切ってしまいましたが、2走前が圧巻。

長距離適性は抜群なだけに陣営としても何としても菊花賞へ出走したいところで、ここはメイチ仕上げの勝負掛かりでしょう。

あくまで一叩きの他有力馬とは意気込みが違います。割って入る可能性も充分にあるでしょうね!

ダービー組は本当に買えるのか?夏に大幅パワーアップした穴馬は?神戸新聞杯馬連3点勝負を無料で知りたい方はこちらから無料メルマガ登録!

100万円超えの払戻金も!?今最も熱い競馬サイト!

今回は夏競馬開催期間中私が注目していたサイトをご紹介します。その名もSite(サイト)というサイト。

夏競馬の成績もかなり良かったのですが、秋競馬の1発目でも早速やってくれました。

〈9月10日・11日開催 的中実績〉※紹介するのは一部の実績です

【レース】09月11日阪神9R 新涼特別
【馬券種類】三連単
【購入金額】36,000円(36点/各1000円投資)
【結果】9-1-5
【払戻金】134,200円

【レース】09月11日中山6R 2歳新馬
【馬券種類】三連複
【購入金額】11,200円(28点/各400円投資)
【結果】5-4-7
【払戻金】1,029,400円

【レース】09月10日中山11R 紫苑ステークス(GIII)
【馬券種類】三連単
【購入金額】36,000円(36点/各1000円投資)
【結果】18-9-2
【払戻金】145,900円

【レース】09月10日中山10R 松戸特別
【馬券種類】馬連
【購入金額】15,000円(3点/各5000円投資)
【結果】10-11
【払戻金】699,000円

Siteで注目なのは、レースによって馬券の種類や購入点数、投資金額がバラバラなことです。

「毎週、3連単の買い目を10点提供します!!」といった競馬情報サイトと違って、各レースで最適な買い方を考え情報と提供してくれているのだと思います。

レースによって入ってくる情報や、状況は違うので私はこのやり方は正解だと思っています。実際に結果もついてきていますし、Siteは絶対チェックしておくべきです。使える情報を使わずして、競馬で勝てませんからね!

Siteの情報をチェックするにはココをクリックしてメールアドレス登録!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする