競馬プロたちは何故「条件戦」で勝負するのか?

競馬プロの為末です。

皆さん、条件戦の馬券は買っていますか?

え?G1しか馬券は買わない?
毎週馬券買っているけど重賞と特別戦中心だ?

う~~ん、それはもったいない!!

馬券で勝っている競馬プロと呼ばれている人のほとんどは、いわゆる条件戦と呼ばれるレースで多くの利益を出しています。

言い方を換えれば、そんなプロたちでさえ、G1や重賞レースだけで勝ち続けるのは無理だってことなんです。

普通の競馬ファンがどうか……なんて火を見るより明らかなことでしょう。

下の画像をクリックした先からメールアドレス登録して無料予想も受け取って下さいね!

競馬プロは一体何故条件戦の馬券を買うのか?

では、一体何故プロは条件戦を狙い撃ち、そこで多くの利益を出しているのか、出せるのか。

もちろん理由は沢山あるのですが、簡単にまとめれば、その理由はたった2つで言うことが出来ます。

それは…

「条件戦は馬主の思惑一つで結果が変わる!」
「条件戦はエージェントの采配一つで結果が変わる!」

この2点!です。

その理由は、簡単にではありますが下記の通りになります。

条件戦は馬主の思惑一つで結果が変わる

まずは「条件戦は馬主の思惑一つで結果が変わる!」について。

皆さんが馬主にどういったイメージを抱いているのかは分からないですが、全ての馬主がG1制覇のことだけを考えているかというと、実はそういう訳ではありません。

もちろん、馬主にとってG1制覇は大きな夢であるのは確かです。

ですが、皆さんも知っての通り、G1を勝てる馬なんて、全競走馬の中のほんの僅か。確率にしたら、0.1%にも満たないような数字です。

現実的には、G1どころから未勝利すら勝てずに引退してしまう馬すら大半で、未勝利を勝ち上がり、条件戦に出走し続けることでさえ、非常に難しいことなのです。一口馬主をやっている人なら、少しはそのことが分かるかもしれないですね。

なので、競馬ファンには全く興味を持たれないような条件戦でウロウロし続けているような馬でも、馬主からしたら非常~~に大事な収入源なのです。

競走馬の預託金は、例え1頭だけでもサラリーマンの月給なんて軽々飛んでいってしまうほどの高額。いくら馬主がお金持ちだとはいえ、収入無しにそれを払い続けるのは大きな負担ですからね。

例えばこういう話を聞いたことがありませんか?

上のクラスにいくと全く通用しなくなってしまうから、わざと勝たないで下のクラスで2着~5着をうろちょろして賞金稼ぎをする馬の話。

素質が高く上のクラスで通用する馬や、お金よりも名誉が欲しい馬主なんかは当然上のクラスを目指しまうが、金勘定にシビアな馬主なんかはそういったことをする訳ですね。

しかも、そうしておけば、急にお金が入用になった時は、その馬をメイチ仕上げで勝たせることでそれなりの優勝賞金が入るという保険になる。

これが重賞レベルともなれば、自分の適性に合ったレースは数か月に一度しか開催されませんし、メイチ仕上げしたところで埋まり切れない実力差を持った馬も出走してきますからそう簡単にいきません。

でも、条件戦ならそんな感じで自分の都合に合わせて勝たすことがしやすい。お金の計算が立ちやすいのは条件戦の方なんですよね。

そして、競馬プロたちは、その辺を狙い撃ってオイシイ馬券を仕留めている訳なんです。

条件戦はエージェントの采配一つで結果が変わる!

そんな条件戦で、馬主と密に連携を取っているのがエージェントたち。

ダービージョッキー藤田元騎手引退の際にもしきりにエージェント制度が話題になりましたから、熱心な競馬ファンの人なら聞いたことあるんじゃないですかね?今やエージェントがジョッキーを牛耳っているって。

これは、本当なんですね。

馬主や調教師というのは、基本的にはクセの強い人間が多い。有力騎手となればあちこちの馬主や調教師から声がかかるものの、そういう一癖ある人達との調整を面倒くさがる騎手に変わって手数料をもらう代わりにその調整をしているのがエージェント。

これ、騎手にとって良い面もあるのですが、悪い面もあるのですよね。

馬主や調教師との関係が薄れ、逆にエージェントはその関係を強くしているから、エージェントなしには騎乗を確保することも難しくなってしまう。人間関係が面倒でエージェント制度が生まれたのに、結局エージェントとの関係が結果に大きく影響してしまうのです。

海千山千のエージェントは、その辺の騎手心理も上手く利用します。

「ここは絶対落とせないと馬主さんが言っているから」とか言って、リーディング下位の騎手のお手馬を、リーディング上位の騎手に乗り替わるとき泣いてもらう。

リーディング上位にの騎手に対してだって「悪いんだけど、あの馬主さん、しばらくこのクラスで小金を欲しいみたいだから……な」とか言って、公正競馬に触れない範囲で上手いことやる。

急な脚質変更や、不可解なコース取りをする馬をたまに見かけることもあるかと思いますが、全てが全てではないですが、この辺が関係しているケースも多いんですね。

馬主とエージェントの狙いを聞けば馬券で勝てる!

賞金の大きいG1ともなれば、どの陣営もガチンコ勝負ですし、馬の実力差も大きいからこういったことはほとんどありません。

しかし、条件戦ではこういうことが日常茶飯事。だから、競馬プロたちは条件戦の馬券を狙い、勝ち続けている訳ですね。

さて、ここで一つ疑問が浮かびませんか?

なんで競馬プロたちは馬主やエージェントの思惑をしれるのか。

ご存じの通り、競馬関係者は馬券を買うのを禁じられていますから、競馬プロというのは皆一般人。競馬界とのコネクションなんて、基本ありません。まあ、中には関係者と仲良くなっている人もいるみたいですけどね。

ですから、基本的に、馬主やエージェントから直接そういった話を聞く機会がない。なので、その辺の情報収集を専門的にやっている元競馬関係者などから話を買って、それを元に馬券を買っているんですね。

競馬社会っていうのは田舎のような村社会の部分があり、元関係者には、当時同僚だった現関係者と非常に仲が良かったりする人間が多い。

サラリーマンでもそうでしょうが、気心知れた人には飲み会の席でポロリとつい本音を言ってしまうこととかあるでしょう?競馬界の人だって同じ人間。そんな感じの人が多いのです。

現役関係者と特にコネクションが強い、そんな元競馬関係者たちのサークルがココ。

ここから情報を入手しているという競馬プロも非常に多く、もちろん私もそのメルマガを愛読しています。

具体的な馬券の買い目はもちろん、それ以外でも、関係者しか知りえない情報というのをバシバシ報告してくれますから、本当に役立ちますよ。単純に、競馬の奥深さを知るのも楽しいですからね。

詳しくはさっきのリンク先をクリックしてもらえば分かりますが、最近はとにかく的中連発の絶好調で、しかも今週メルマガ登録者には特別に無料予想も提供してくれるとのこと。登録しないと、損の一言です。

極端な話、今まで馬券で負けている人でも、この無料メルマガや無料予想を見るだけで、今週からバシバシと馬券が当たるようになる可能性は充分。

馬主やエージェントの思惑というのは、今やそれほどまでにレース結果に影響を与えているんですね。

とまぁ、今ここでいくら説明しても「本当かなあ?」って思う部分があるというのが正直なところでしょうから、まずはさきほどのリンク先からメールアドレスを登録してみるといいですよ。

携帯メールでなくとも、ヤフーやグーグルのメールアドレスで問題ないですし、メルマガ読むのに料金は一切かかりません。本当、読まなきゃ損。読めば得ですからね。飲食店のクーポン感覚で登録していっちゃってください。

恐らく来週、遅くても再来週には、今ここで僕が言ったことの意味を、真の意味で理解出来ると思います。競馬、これまで以上に楽しくなると思いますよ。