毎年2,000万勝ってる競馬投資家が馬券の勝ち方を教えます!

「給料が上がった!」
「今年のボーナスは過去最高額だ!」

そんな景気のいい話も聞くようになったここ数年ですが、皆さん、状況はいかがでしょうか?

世間のそんな声とは裏腹。僕の周りを見渡してみると、そういった人は殆どいません。言っているのは、上場企業に勤めている人など、ほんの僅かな人達だけなのかもしれないですね。

はじめまして、私、競馬投資家・32歳の高橋と申します。

本当に景気が良くなっているなら「どうしたら高橋さんのように競馬投資で勝てるんですか?」という相談が減るはずなのですが、そんな気配は全くなく、むしろ相談は日に日に増える印象。

2016年秋。アメリカではトランプ氏が大統領選に勝ちましたが、その背景には格差社会に不満を持つ沢山の人々の票があったとの話。日本も益々、格差が広がる社会になっているのかもしれませんね。

投資は本人の性格による部分も大きいですから一人一人に適切なアドバイスをしたいというのが本音です。

でも、昨今寄せられる相談数は、そんなことをやっていたらとても捌ききれないような数。

なので本日は、この場を借りて、大部分の方に共通するだろう馬券で勝ちやすい最も簡単な方法をお教えしたいと思っています。

競馬新聞を参考にする人は馬券で勝てない

多くの競馬ファンは、毎週、競馬新聞を買って、それを見ながら予想しているでしょう。

しかし、それで馬券で勝てている人がどれだけいるでしょうか。恐らく、ほとんどの人は馬券で負けているのではないかと思います。

一体それは何故か。

最大の理由は、競馬新聞には、馬券で勝つために最も重要な情報が載っていないからなのです。

本当に重要な情報は競馬新聞に載らない

残念ながらこれは、一部の厩舎関係者や専門紙TMでさえ認めている事実なのです。

例えば「ハミを替えたら折り合いが良くなった」という言葉を聞いたことがあるでしょう。

馬具の変更というのは、それを行うと多くの競馬ファンが思っている以上に馬のパフォーマンスは大きく変わります。

ですが、肝心の専門誌にその記載はありません。

馬具変更を表記しているのは、一部の競馬新聞、それもブリンカー着用程度のものです。

また、それ以上に結果に大きな影響を与えるにもかかわらず、競馬新聞に載らない情報もあります。

それは、関係者の本音。

確かに、多くの競馬新聞では、各レース、関係者のコメントが載っています。しかし、語弊を招く言い方になってしまいますが、あれは建前の部分がほどとんど。

2016年の年末に、JRAのホームページ公開された武豊騎手とメジャーリーガー田中将大投手の対談は見ましたか?

あの対談の中でも武豊騎手は言っていましたよね?

本当はファンに言いたいことでも、ライバルに情報を与えることになって言えないことがあると。

そうなんです。

例えば、「これまでは追込み一辺倒でしたが、今回は逃げて一発を狙う」なんていう秘策があってもそれを言ってしまえば、その途端にそれは秘策でなくなる。

野球のピッチャーだって、これからストレートを投げますと言ってストレートを投げる人はいませんよね?

むしろ、ストレートを投げると思わせてフォークを投げることで相手に勝つ。競馬も、これと同じなんです。不要な情報を与えないためにも、本音はなかなか言えないんですね。

ですから、競馬新聞には、載せても問題ない無難な情報ばかりがズラリと並ぶ訳です。そんな情報を頼りに予想していれば、当たるものも当たらない結果になるのは必然なのです。

競馬投資家は本当に馬券に直結する情報にお金を遣っている!

では、競馬投資家は一体何にお金を遣い、馬券を的中させているのか。

そう、それは本当に馬券に直結する情報です。

「情報化社会」という言葉。ほとんどの方が聞いたことあるかと思います。

そこから皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?多くの人はインターネットのことを思い浮かべるのではないでしょうか。

しかし、それは誤った認識です。

よく考えても見て下さい。本当に重要な話がインターネットに落ちているなら、今頃皆、もっと豊かな生活をしているはずです。

スマホで常にインターネットを見ている若者が、若者の○○離れだとか、言われるはずないんです。 本当に重要な情報は、今でもインターネットには決して落ちていないのですね。

政治家や大企業の役員、マスメディアの頂点に立っている人間が、インターネット上にオイシイ話を公開していますか?していないでしょう。

入口こそインターネットでも、そこから先は、そこから人脈を作り上げた人同士の口コミでのみ、本当に重要な情報が共有される。

特に競馬の場合、馬券というものがありますから、その情報には途方もない価値が生まれます。基本的に値段すらつかないようなものですが、仮に値段をつけるとすれば、時に何十万、何百万円の価値がつくだろうと言われるほどのものもあるくらいです。

一例を挙げましょう。

例えば誰もが知るあの年の有馬記念。あの背景に何があったかというと……と、今もこの場で軽々しく言えないようなのが、この手のネタなのです。

競馬投資家の人達は、そういった情報をなんとか入手するために、その人脈構築に力を入れ、特にお金を注ぎ、情報を入手することで馬券に勝っているのですね。ここに圧倒的な情報格差が生まれているのです。

皆さんが働いている業界でも、業界内の人間にとっては常識でも、世間の人は知られたらマズイような情報というものがあるでしょう。これ、競馬の世界でも同じなんですね。

そして一部の人間の間、その甘い蜜を吸い尽くされている訳です。

だから、貴方が馬券で勝てないのは、ある意味仕方ないことなんですね。

控除率云々言われることもありますが、それはあくまで表の理由。しかし、貴方が馬券で勝てない裏の、真の理由は、こういうところにある訳です。辛いかもしれませんが、そのことを理解してください。

…とまあ、ここまで読んでいただいてガッカリさせるだけの話になってしまったかもしれませんが、ご安心下さい!

冒頭で言いましたよね?

大部分の方に共通するだろう馬券で勝ちやすい最も簡単な方法をお教えしたい、と。

はい。最後にそのこと、公開させていただきます。

そして。公開するだけではなく、今週特別に、数名様限定にはなりますが、その一部を無料で体感することが出来ます!

まずはこちらをクリックしてご覧ください。

見ての通り、先ほど書いた、「本当に馬券に直結する情報」がここにあります。

そして、リンク先のページから登録したメールアドレス宛に、この記事を読んでいる人宛に特別に、伝えられる範囲ではあるものの、ギリギリの、ギリッギリの情報、そして買い目を、お届けしてくれるとのことです。

メールアドレスは、普段使っている携帯電話のものでなくとも、ヤフーなどで取得出来る無料のもので構わないとのこと。こんなチャンス、なかなかありませんよ?

競馬新聞に頼っていては馬券で勝てないという意味、来週から貴方にも分かっていただけるかと思います。

競馬投資家への仲間入り、歓迎いたします。

いたずらを避けるために、メールアドレス登録後返信メールを送ってくれるそうですから、その中にあるURLを忘れずにクリックしてください。そうすることで、ギリッギリの情報、届きます。返信メールが届かない場合は、念のため迷惑メールフォルダの中も確認してみて下さい。