【京成杯2017予想】低レベルの今年のメンバーならあの穴馬で足りる!

皆さん、先週のフェアリーステークスはどうでしたか?

僕はようやく、今年最初のズドン!とした的中!

メルマガでお伝えした本命ライジングリーズンから、対抗のアエロリットも2着に来て、3連単275,620円の的中!

予想でも書いたように正直点数はちょっと増えてしまったんですが、中山&京都の両金杯が惜しい結果だっただけにそれでも充分嬉しかったです。4コーナー、良い手応えでライジングリーズンが来たのを見てちょっとテンション上がってしまいましたね(笑)。

今週もこの勢いでいきたいと思います!

さて、そんな中迎える、今週の中山メインレースは京成杯2017。ご存じの通り、皐月賞と同じ中山芝2000mで行われる重賞です。

その割に今年のメンバーはちょいと寂しい感じもしますが……それならそれで馬券は荒れる?

まずは過去データからこの京成杯について見ていきましょう!

過去10年データ分析

過去10年単勝人気別成績

まずは単勝人気別の成績です。

1番人気 2-4-1-3
2番人気 3-0-2-5
3番人気 2-1-0-7
4番人気 0-0-2-8
5番人気 2-2-0-6

1番人気から5番人気で過去10年で9勝。内7勝が1番人気から3番人気ですから、1着は人気上位馬優勢と言って良いレースですね。

特に1番人気馬は連対率6割、複勝率7割。いくら穴党といえど、中心からは外せないですね。

過去10年枠番別成績

次いで枠順別の成績を見てみます。

1枠 1-0-2-12
2枠 0-2-1-13
3枠 1-1-2-12
4枠 1-2-1-14
5枠 2-1-0-17
6枠 2-1-2-15
7枠 1-0-1-18
8枠 2-3-1-15

1着馬だけに焦点を当てると、5枠から外が過去10年7勝と優勢に見えますが、2着馬は5枠から外と内で互角、3着馬は内が6頭、外が4頭ですから、内外は全くの互角と言って良いでしょうね。

過去10年脚質別成績

次いで脚質別成績です。

逃げ 1-1-1-7
先行 4-1-3-29
差し 4-6-3-39
追込 1-2-3-39

脚質の極端な有利不利はなさそうですね。

中山芝2000mとなると追込が利きづらいイメージもありますが、3歳のこの時期、素質高い馬は追い込みになるケースも多いですし、実力があれば差し・追い込みでも全く問題ないということでしょう。

過去10年データまとめ

・上位人気優勢。過去10年で5番人気以内が9勝。1番人気は特注。
・枠順の有利不利はなし。
・脚質の有利不利はなし。

その他、過去の好走馬・穴馬に共通するデータを無料メルマガにて配信中!これを見るだけで馬券的中の確率がグッと上がりますから下記フォームより必ず登録していって下さいね!

【京成杯2017】有力馬チェ~ック!

さて、ここからはわたくし拓馬が、独断と偏見により有力馬をぶった切っていきたいと思います!

前走はレイデオロの2着!今度は優勝なるか?マイネルスフェーン

まず注目は、前走、ホープフルステークスで2着したマイネルスフェーンでしょう。

その勝ち馬レイデオロは、現3歳世代で絶好調の藤沢厩舎の中でも素材ピカイチと言われている馬。

気が早い人は今年の牡馬クラシックの主役とまで言うほど高い評価を受けている馬で、その馬の2着なら、この言い方もオカシイですが、実質、ホープフルステークスを優勝しているようなもの。

今回、当然ながらそのレイデオロほどの強敵はいない中、ホープフルステークスと同じ中山芝2000mなら当然有力となるでしょう。

新馬戦こそ5着に敗れてしまいましたが、その後6戦、全て3着以内になっている安定性も魅力ですよね。

条件適性・その安定感から、ここは対抗評価といきたいと思います。

同じくレイデオロの2着!コマノインパルス!

同じく中山2000mでレイデオロの2着したのが、葉牡丹賞をステップにここへ臨むコマノインパルス。

ホープフルステークスがG2、葉牡丹賞は500万特別と、レースの格こそ大きく違いますが、勝ち馬レイデオロとの着差だけを考えるとマイネルスフェーンと全く同じ。それなりの評価をして良いでしょう。

マイネルスフェーンが、有馬記念週から短い間隔での参戦なのに対し、コマノインパルスは約1か月空いての出走と、充分な調整期間があっての参戦。それはプラス材料と言えるでしょう。

ただ、前走は上位3頭が軒並み追込馬だったように、展開が向いた部分も多少ありましたね。

そういう意味では、どんな展開でもOKなマイネルスフェーンに、安定感は劣ってしまいます。

ただ、言い方を変えれば、末脚の破壊力はマイネルスフェーン以上。今回もそれを活かせる展開になるのかそうでないのか。それが一つのポイントになるでしょう。

勿論、最終的にどういった展開になると読んでいるかの結論は、京成杯当日のメルマガで配信予定。そちらをバッチリ読んで、取捨の参考にして下さいね!

【京成杯2017】の注目穴馬!

こんな感じの京成杯2017ですが、冒頭でも書いた通り、今年は例年と比較してメンバーがやや小粒。

その分、キャリアの浅い馬や、重賞にちょっと足らないような能力の馬でも台頭する可能性は充分あると思っています。

前者で言うなら人気ブログランキング※リンク先のプロフィール欄で公開中!

素質だけで言えば、このメンバーに入れば間違いなくベスト3には入る馬。

今のちょっと荒れた中山芝コースも合いそうで、1勝馬ながら馬券に絡む可能性は充分あるでしょう。

もう1頭押さえておきたいのが、メルマガでお伝えする穴馬。

「今年のメンバーなら大いにチャンス有。春のG1に向けて賞金加算しておきたいね!」

と関係者がかなり意気込んできているという談話が入ってきています。

人気もないでしょうから穴狙いなら外せない1頭。最終予想はいつものように印5頭にまとめますから、是非是非、当日のメールマガジン、楽しみにしていて下さい。

まだメルマガ登録していない方は、下記フォームからのご登録、お忘れなく!

競馬予想はもはや化石となりました。[PR]

一大事件です!

ある競馬データを使うだけで、アホみたいに的中を量産させる!もはや予想の必要がなくなる!!

新しい競馬攻略法が完成しました!!!

※もちろん無料で使えます。詳細はこちらから。

これさえあれば競馬予想は必要なし!

なぜなら、

・競馬データを見て条件にはめるだけで、レース、買い目を1分足らずで絞れるから。
・馬単なら50%以上。異次元の的中精度を誇るから。
・誰がやっても同じ結果になるので、予想が失敗するリスクは0だから。
・穴馬も捕える事ができるので、10万、20万馬券はざらに的中可能だから。

もはや、競馬予想ではなく、ただただ的中を量産する作業といえるでしょう。

なぜ?馬単50%の異常な的中が出せるのか?
なぜ?競馬データでありながら穴馬が当てれるのか?

それは、様々な情報を一つにまとめて馬の強さを分析しているから。

これほど中身の濃い競馬データはどこにも存在しません。

買い目を出すスピードも成績も…

予想家や、その他の競馬データを完全に圧倒しています!

競馬素人の方が実践一ヶ月目でいきなり「24万円のプラス収支」を稼ぎ出したくらいですから。

この競馬データは『全ての競馬ファンによって必要なデータ』使ってすぐにそう実感できるでしょう!

扱い方はとても簡単!そして無料で使えるとなったら使わない理由がない!

今すぐこちらから最強データ、お試しください。