【愛知杯2017予想】今年も波乱必至!注目穴馬はこれだ!

早いもので、今週からもう中京開催が開幕。

皆さん、3場所開催は好きですか?

僕は正直、嬉しいやら悲しいやらです。

馬券が沢山買えるのはもちろん嬉しいんですけど、平日から競馬開催日から、養成所関係の仕事は2場所開催よりグッと忙しくなる。

単純計算すると、2場所開催から3場所開催で1.5倍なんですけど、1日が24時間しかないことを考えると、体感的には倍以上忙しくなるんですよね…。

だからこそ、最高の薬は的中馬券!

今週の愛知杯、ビシっと仕留めたいと思います!

下の画像をクリックした先からメールアドレス登録して無料予想も受け取って下さいね!

過去10年データ分析

まずは、愛知杯攻略のために過去データの分析からしていきます!

過去10年単勝人気別成績

まずは単勝人気別の成績です。

1番人気 1-1-2-5
2番人気 1-2-2-4
3番人気 0-0-2-7
4番人気 2-0-1-6
5番人気 0-1-0-8

まず目立つのが、過去10年間で1番人気、2番人気が1勝ずつしかしていないこと。

1番人気~5番人気まで合わせても過去10年で計4勝と、6番人気以下の馬の優勝の方が目立っています。しかも、2着馬に関してもこれと全く同じです。

人気薄の穴馬が多々絡むのが愛知杯の特徴。穴党としてはもってこいのレースですね!

過去10年枠番別成績

次いで枠順別の成績を見てみます。

1枠 0-1-1-16
2枠 2-2-1-13
3枠 3-1-0-14
4枠 0-2-1-15
5枠 0-0-1-17
6枠 2-0-0-16
7枠 2-2-2-19
8枠 0-1-3-21

内外はほとんど互角の結果。

ただ、不思議なことに過去10年で、1枠・4枠・5枠・8枠から優勝馬が出ていません。

偶然と言えば偶然だと思いますけど、目に見えない何かが働いている可能性も?

最後の最後、どっちにするか迷うようなことがあった場合は、このデータに乗ってみるのも良いかもしれないですね!

過去10年脚質別成績

次いで脚質別成績です。

逃げ 1-1-0-7
先行 3-2-1-28
差し 3-4-7-54
追込 2-2-1-41

出走頭数が多いということもありますが、どちらかというと後方脚質の馬の好走が目立っているようですね。

これは重賞レースとしては珍しいこと。数字以上に、後方脚質の馬有利という認識で良いかもしれないです!

過去10年年齢別成績

最後に年齢別の成績を見ていきます。

3歳 0-3-1-30
4歳 5-3-7-34
5歳 3-3-0-45
6歳 1-0-1-13
7歳 0-0-0-8
8上 0-0-0-1

3歳馬が入ってますけど、これは施行時期がズレた今となっては関係ないことですね。

それを除くと4歳馬が優勢…ではあるんですが、こちらも施行時期がズレることによって傾向も大きく変わるかも?

今年に関しては、年齢面はあまり気にしない方がいいでしょう!

過去10年データまとめ

・1~5番人気の馬より6番人気馬以下の好走が目立つ。
・枠順は内外の有利不利はほとんどない。
・後方脚質の馬が優勢。
・年齢面は今年は気にしない方が良さそう。

その他、過去の好走馬・穴馬に共通するデータを無料メルマガにて配信中!これを見るだけで馬券的中の確率がグッと上がりますから下記フォームより必ず登録していって下さいね!

年間300本の万券的中公約!究極の穴馬券予想サイトで1000円札が帯封に化ける!?

【愛知杯2017】有力馬チェ~ック!

さて、ここからはわたくし拓馬が、独断と偏見により有力馬をぶった切っていきたいと思います!

シャルールは初重賞制覇なるか?

1番人気を分け合うのが予測されるのがシャルール。

昨年は福島牝馬ステークス・クイーンSと牝馬限定重賞で2着2回。この愛知杯で、悲願の重賞制覇を狙います。

ポイントとなるのは、馬のやる気がどこまであるかでしょう!

条件戦~福島牝馬Sまでの7連続連対があるので一見安定感あるように見えるシャルールですが、スイートピーS、ヴィクトリアマイル、府中牝馬S、エリザベス女王杯など、時に大敗してしまうような馬。

今回、ピンかパーかきちんと見極めないといけなそうですね。ピンなら軸候補、パーなら無印でも良いってことですからね。

シャルールは、そのどちらになるかは基本的に馬体の良し悪しを見れば分かるタイプの馬。今週のフォトパドックなどでどちらに出そうか判断すれば問題ないでしょう。

馬体の見極めに自信がない人は、馬体診断のプロの意見を参考にすることをお薦めします。

めちゃくちゃ儲かると噂の柴崎幸雄の馬体診断が本当に凄かったぞ!

同じく悲願の重賞制覇を狙うマキシマムドパリ!

悲願の重賞制覇というと、その気持ちはシャルール以上かもしれませんね。

シャルールと1番人気を分け合いそうなのがマキシマムドパリ。

ご存じ、フローラS3着、秋華賞3着などクラシックの実績を残してきた馬。昨年の愛知杯でも2番人気で4着に健闘しています。

それだけの実績がありながら、クラス編成上は現在1600万下条件の身。でも、実力は牝馬限定重賞なら充分あるのに疑いの余地はないでしょう!

このマキシマムドパリについては、養成所内で今一つの点について調査中なんですよね。

それは、「この愛知杯と中山牝馬S。どちらが本命のレースなのか」ということ。

愛知杯が本命ならここはメイチ仕上げしてくるでしょうし、中山牝馬S本命ならまだ余裕を残してあるはず。それによって扱いが変わってきますからね。

その辺りについては、【関係者の本音を聞き出すのに長けている情報通】 などの意見を、当日までに何とか入手したいと思っています!

【愛知杯2017】の注目穴馬!

今取り上げた2頭以外にも、ヒルノマテーラ・クインズミラーグロ・アンドリエッテ・クリノラホール・プリメラアスール・ダイワドレッサーなど、上位人気は非常に割れそうなレース。3連単は、1番人気でも万馬券でしょうね。腕が鳴ります。

個人的に注目しているのは2頭。

1頭目は【人気ブログランキング】※リンク先のプロフィール欄で公開中!

上で取り上げたシャルールやマキシマムドパリの総合力はなかなかなものですが、こちらも総合力は上位。それはこれでに実績を見ても分かるでしょう。距離が嫌われる分人気が手ごろなところに落ち着きそうなのは魅力です。

もう1頭はメルマガ公開のアノ馬!

今のベストは中京芝2000メートルで、牝馬限定のハンデ重賞ならメイチ仕上げで来るのは間違いないでしょう!過去最高のパフォーマンス、見せてくれる可能性は充分あると思います。

最終予想は印5頭にまとめる予定なので、是非是非、当日のメールマガジン、楽しみにしていて下さい。

シンザン記念のキョウヘイ、フェアリーステークスの3連単27万馬券に続く良い予想が出来るよう、頑張ります!

メルマガ登録はこちらから!

毎年2,000万勝ってる競馬投資家が馬券の勝ち方を教えます!