東京スポーツ杯2歳ステークス2016予想|素質馬集結!本当に買えるのは…

塾長代理のゆりです。

今週末、土曜東京のメイン重賞で東京スポーツ杯2歳ステークスが開催。先週のデイリー杯2歳ステークスはメンバーがやや寂しい印象でブログでも取り上げませんでしたが、素質馬が揃ったこちらは盛り上がりそうですね~。

将来を期待されているのは、ムーヴザワールド・トラスト・スワーヴリチャード・キングズラッシュあたりでしょうか。

ロスカボス・プロディガルサン・スマートオーディンが揃った昨年。サトノアラジン・イスラボニータ・ラングレーが揃った一昨年にも劣らないメンバーと言えるのではないでしょうか。ここで良いパフォーマンスをした馬がまず、来年の牡馬クラシックの注目馬の1頭となるでしょうね。

本日は、この東京スポーツ杯2歳ステークスについて取り上げたいと思います。

東京スポーツ杯2歳ステークス【過去10年データ分析】

それではまず、データ面から見ていきましょう!

東京スポーツ杯2歳ステークスの過去10年単勝人気別データ

まずは単勝人気別データです。

1番人気 5-2-0-3
2番人気 1-1-1-7
3番人気 0-4-0-6
4番人気 2-2-1-5
5番人気 0-0-2-8

勝率50%の1番人気馬がまず目立ちます。

ただ、2着3着の回数が少なく、着外が3回。1番人気が有力なのは間違いないですが、1着か馬券圏外かハッキリした結果になりやすいと言えるでしょう。

他上位人気馬を見てみますと、2・5番人気馬が今一つ。3・4番人気馬はまずまず良い数字ですね。

もう1つ注目したいのが、過去10年中6年で、3着に6番人気馬が台頭しているということ。

3連単を買うなら

1着:1番人気馬
2着:1~4番人気馬
3着:6番人気以下の馬含む

こんな形でヒモ荒れ狙いするのが良いかもしれませんね。

東京スポーツ杯2歳ステークスの過去10年枠番別データ

次いで枠番別データを見ていきます。

1枠 4-0-1-7
2枠 0-2-0-14
3枠 0-0-2-15
4枠 2-0-1-15
5枠 0-1-2-16
6枠 1-0-3-16
7枠 2-1-1-16
8枠 1-6-0-14

全体的にバラけている印象。その中で1枠の4勝が目を惹きます。

それだけに一見内枠有利のように見えますが、4枠から外の枠で6勝、2着8回、3着7回。トータルで見ると外目の枠順優勢となっています。

東京スポーツ杯2歳ステークスの過去10年脚質別データ

脚質別データについても見ていきます。

逃げ 0-0-1-15
先行 5-2-0-22
差し 3-5-7-39
追込 2-3-2-36

差し馬、追込馬が優勢となっていますね。

毎週当ブログを見ていただいている方なら分かるかと思いますが、多くのレースでは先行馬が有利なことが多いです。

その中でこれだけ差し馬、追込馬が活躍しているということは、数字以上に差し馬、追込馬の台頭があるという認識で良いかと思います。

過去10年データまとめ

・人気面は1番人気馬優勢。3着には6番人気以下の馬を。
・枠順面は全体的に外枠優勢。但し、1枠の勝率は要注意。
・脚質面は差し馬、追込馬優勢。

その他、種牡馬別・騎手別の成績などは無料メールマガジンにて配信中!興味ある人は下記より登録をお願いいたします。

東京スポーツ杯2歳ステークス【有力馬分析】

ここからは人気を集めそうな注目馬について見ていきたいと思います。

ムーヴザワールド・スワーヴリチャードといった素質馬の参戦もありますが、ここでは前走で重賞もしくはオープン勝ちを果たしたトラスト・ブレスジャーニー・キングラッシュについて取り上げたいと思います。

トラストの評価

まずは前走、札幌2歳ステークスを制したトラスト。

岡田総裁が、悲願のダービー制覇を狙っている馬としても注目を集めていますね。

この馬に関しては、ここ2走、特に前走をどう評価するかで印が変わってくるかと思います。

見た目には完勝でしたから、これが実力だとする人も、クローバー賞で人気を裏切りマークが薄くなっていたからこその逃げ切りだと見る人もいるでしょう。評価は2分するかと思います。

また、前走のパフォーマンスは実力通りだと評価する人にしてみても、今回は札幌2歳ステークスより遥かにレベルが高いメンバー構成。ここでも通用するのか、ここではちょっと足りないのか、その評価も分かれるのではないかと思います。

有力馬が多数いる東京スポーツ杯2歳ステークスですが、この馬に対する見解が、最もいろんな意見になるかと思います。

考えるべき点の非常に多い馬なだけに、当養成所の見解はメールマガジンの方に譲らせていただこうかと思います。是非、下記からメールアドレス登録、その見解を楽しみにお待ち下さい。

ブレスジャーニーの評価

同じく、前走重賞制覇してここへ臨むのがブレスジャーニー。

トラストが制した札幌2歳ステークスが東京スポーツ杯2歳ステークスと同じ芝1800mなのに対し、ブレスジャーニーが制したサウジアラビアロイヤルカップは芝1600m。

ブレスジャーニー自身、ここまで芝1400m→芝1600m→芝1600mという臨戦過程ですから、まずポイントとなるのはこの200m距離延長がどうなのかという点でしょう。

わたしとしては、この距離延長はちょっと危ないんじゃないかなあという印象があります。

前走の末脚は鮮やかだったのですが、逆に鮮やか過ぎるなあという印象。芝1600mであそこまで切れるとなると、その距離がベストなのでは?という疑問が湧きます。

200mの距離延長で全く伸びないということはないと思うのですが、トラストの際も触れましたが、今回のメンバーは、この馬の前走、サウジアラビアロイヤルカップのメンバーレベルよりも遥かに上。

メンバーが強化されて、自身のパフォーマンスも落ちるのでは、ちょっと苦しいかなという見解です。人気を考えると、△評価までが精一杯の印象です。

キングズラッシュの評価

最後に芙蓉ステークスの覇者、キングズラッシュ。

東京芝1800mというのは決してこの時期の2歳馬にとって決して楽な条件ではありません。そういう意味で、前走、それより更にキツイ中山芝2000mで優勝しているのは評価出来ます。

オープン特別で少頭数、頭差で負かした2着レジェンドセラーが次走福島の500万下特別で3着に敗れていることで、芙蓉ステークスのレベルを疑問視する声も挙がっています。

ただ、札幌2歳ステークスやサウジアラビアロイヤルカップと、メンバーレベル自体そう差はないとわたしは思っています。それで人気差があるなら、狙って面白いのはこちらかなあという印象を持っています。

東京スポーツ杯2歳ステークス総評

総評すると、今回取り上げたトラスト・ブレスジャーニー・キングズラッシュはいずれも付け入る隙があるという印象。

詳しくはメールマガジン内で解説しますが、ここで取り上げなかったムーヴザワールド・スワーヴリチャードについてもそれは同じ。

実力差があるという前評判だった先週のエリザベス女王杯でもシングウィズジョイが穴を開けたよう、ここも、全くノーマークの馬が穴を開けるチャンスはあると思っています。

先週は、

デイリー杯2歳Sの3連単88,490円!
福島記念の3連複4,660円!

をはじめ、日曜だけでも

オーロカップ3連複11,850円!
奥多摩S3連複13,910円!
TVK賞の3連単39,990円!

という東京特別3連勝を含む、万馬券8本的中!東京スポーツ杯2歳ステークスでもズバっと万馬券を的中したいと思います。

最終予想はいつものようにメールマガジン配信。興味ある人は是非、下記からメールアドレス登録していって下さいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする