秋華賞2016予想|シンハライト回避で大混戦。注目の大穴馬は・・・

塾長代理のゆりです。

今週末、西のメイン重賞は秋華賞2016。ご存知、3歳牝馬G1の最終章です。

例年上位人気が強いレースで、今年もローズステークスを完勝したシンハライト断然ムード。死角らしい死角もなく、軸はこれで堅いかなと思っている中、まさかの屈腱炎による回避の方。

そのシンハライトと2強を形成していていた一方のジュエラーのローズステークス凡走もあって、一転混戦ムード漂うレースとなっています。

まずは登録馬を見てみましょう。

ヴィブロス
ウインファビラス
エンジェルフェイス
カイザーバル
キンショーユキヒメ
クリノサンスーシ
クリノラホール
クロコスミア
ゲッカコウ
ジュエラー
シンハライト(回避)
ダイワドレッサー
デンコウアンジュ
ネオヴェルザンディ
パーシーズベスト
パールコード
ビッシュ
フロムマイハート
フロンテアクイーン
ミエノサクシード
レッドアヴァンセ
ワンダーピルエット

ジュエラーが前述のような状況となっただけに、春の実績馬で、秋良いスタートを切っているのはビッシュのみ。

そのビッシュが過去10年で1-0-0-38と厳しい数字を残している紫苑ステークスからのステップとなれば、頭を悩ませているファンの方も多いのではないでしょうか。

秋華賞過去10年データ傾向

そんな大混戦な時に、頼りになるのがデータ。

まずはいつものように、秋華賞、過去10年のデータを見ていきたいと思います。

秋華賞の過去10年単勝人気別データ

まずは単勝人気別データから見てみましょう。

秋華賞の過去10年単勝人気別データ
1番人気 3-1-3-3
2番人気 4-2-1-3
3番人気 2-1-0-7
4番人気 0-0-2-8
5番人気 0-2-0-8

過去10年で優勝馬9頭が3番人気以内。まずは上位人気馬圧倒的に優勢と見て良いでしょう。

ただ、単勝回収率を見ると、1番人気66%、2番人気127%、3番人気153%と、人気が落ちるほど良い数字。3頭のうちどれに本命を打つか迷った場合、より人気のない馬に本命を打つ方が良いようですね。

以下の人気馬を見てみると、6番人気~8番人気では6頭馬券に絡んでいるものの、9番人気以下で馬券に絡んでいるのは3頭。

ヒモ穴を狙うにしても、8番人気以内の馬にするのが無難と言えるでしょうね。

秋華賞の過去10年枠番別データ

次いで枠番データについて見ていきます。

秋華賞の過去10年枠番別データ
1枠 0-4-1-15
2枠 2-1-2-15
3枠 2-0-2-16
4枠 0-0-0-20
5枠 0-2-0-18
6枠 1-1-2-16
7枠 3-0-2-24
8枠 2-2-1-25

内外の有利不利は特にありませんが、4枠、5枠が悪い数字。

内回りのレースなだけに、ごちゃつく中枠は3歳牝馬にとって今一つなのかもしれません。

同じごちゃつくなら距離ロスのない内枠、後は揉まれない外枠が有利と見て良さそうですね。

秋華賞の過去10年脚質別データ

次いで脚質別データを見ていきます。

秋華賞の過去10年脚質別データ
逃げ 1-1-1-10
先行 1-3-2-28
差し 8-3-7-61
追込 0-3-0-50

率でいえば決して高い訳ではないのですが、好走の絶対数でいうと差し馬断然の数字が出ていますね。

他は全体的に特筆すべき点はない印象です。

秋華賞の過去10年データまとめ

・3番人気以下優勢。本命馬はそこから出すのが無難。9番人気以下は割引。
・中枠は割引。
・差し馬中心も、率で言えばどの脚質も大差なし。追込馬だけ多少割引。

更に詳しいデータ・馬券に直結するデータは無料メールマガジンにて配信しています。配信希望の方は下記よりメールアドレスを送信して下さい。

秋華賞2016有力馬見解

それではここからは秋華賞の注目馬、ジュエラーとビッシュについて見ていきます。

ジュエラー

まずはジュエラーから。

これはもう、一にも二にも、前走の敗因が何だったのかを見極められるかどうかが全てと言って良いでしょう。

極悪の馬場がいけなかったのか?
骨折明けで体調が今一つだったのか?
それとも能力自体が衰えてしまったのか?

考えられる要素はいくつもあると思いますが、それを間違えたらその時点でもう終わり。

この見極めがとにかく重要なので、こちらは中間の様子、関係者からの談話含め、週中から週末にかけてメルマガ内で詳しく解説したいと思います。

ビッシュ

一方のビッシュ。

実績のない紫苑ステークス経由で大丈夫なのか?と心配している人もいると思いますが、わたしはそれについては特に気にする必要はないと思っています。

これまで紫苑ステークス組の成績が今一つの大きな理由は、そもそも、紫苑ステークス組のレベルが低かったからという面が大きいです。

実力上位馬がローズステークスに出て活躍し、秋華賞でもそのまま結果を残す。だからローズステークス組が有利であるという、そのデータの中身を読み解かなくてはなりません。

ビッシュに関して言えば、オークスで3着。

しかも自ら勝ちにいっての結果だっただけに、仕掛け次第ではもっと際どい着差だったはずです。

先着を許したシンハライト・チェッキーノ以上とは言いませんが、芝中距離なら世代上位の持っているのは明らか。

紫苑ステークスでのパフォーマンスはそれを証明したものであるだけに、秋華賞で上位争いしても何ら不思議ではありません。今のところ、対抗クラスの評価をつける予定です。

秋華賞2016の注目馬

ジュエラー・ビッシュ以下は混戦となりそうな秋華賞2016の中で現在わたしが注目しているのは、人気ブログランキング※馬名はリンク先のプロフィール欄で公開しています。

休み明けの前走は仕上がり今一つで敗れてしまいましたが、陣営の目標は当然秋華賞。今度はメイチ仕上げしてくるでしょう。

2走前のパフォーマンスから比較すれば、メイチ仕上げになればここで通用の可能性も充分。まずはこの馬の中間を要チェックです!

ただ、わたしの本当の隠し玉はまた別の馬。

人気は全くないでしょうけど、今年のメンバーでこの舞台なら一発穴を開けても何ら不思議ないと思います。

昨年は1番人気のオークス馬、ミッキークイーン本命も、単穴に8番人気3着のマキシマムドパリを推奨して、3連単85,610円の高配当をズバリ!今年も、昨年に負けない払戻金を得るために頑張ります!

詳しくはメルマガで公開しますので興味ある人は是非登録していって下さいね。ゆりでした。

秋華賞の更に詳しい展望や買い目は無料メールマガジンにて配信しています。配信希望の方は下記よりメールアドレスを送信して下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする