マイルチャンピオンシップ2016予想|今週も混戦?穴馬として注目なのは・・・

塾長代理のゆりです。

今週末、日曜のメインレースはマイルチャンピオンシップ。ご存知、昨年はモーリスが優勝したレースです。

そのモーリスの参戦こそありませんが、そこで敗れた昨年の2~4着馬がズラリと参戦。

加えて、札幌記念でそのモーリスを負かしたネオリアリズム、今年の高松宮記念→スプリンターズステークス連続2着のミッキーアイル、前走は人気を裏切る形となってしまったものの京成杯AHで古馬を一蹴した3歳馬ロードクエスト、関屋記念→富士ステークスと重賞連勝中のヤングマンパワーなどなど。各路線から有力馬が参戦して非常に面白いレースとなっています。

断然の主役と言えるような馬はおらず、レベルとしてはどうなのかなという部分がなくはないですが、馬券的には非常に面白いレースになっていると言えるのではないでしょうか。

本日は、このマイルチャンピオンシップ2016について展望していきたいと思います。

マイルチャンピオンシップの過去10年データ分析

まずはいつものようにデータ面から掘り下げていきたいと思います。

マイルチャンピオンシップの過去10年単勝人気別データ

まずは単勝人気別データから見ていきます。

1番人気 3-3-2-2
2番人気 1-1-1-7
3番人気 0-3-0-7
4番人気 3-1-1-5
5番人気 1-0-2-7

1番人気馬が勝率30%、連対率60%、複勝率80%。3連系の馬券を買う人にとってはある程度信用のおける数字となっていますね。

それと比較すると今一つなのが、2番人気馬、3番人気馬、5番人気馬。

3着には10年中6年で6番人気馬が絡んでいますから、穴を狙うなら3着ヒモを人気薄で引っ掛けるといった形でしょう。

注意しておきたいのは勝率30%、連対率40%、複勝率50%の4番人気馬。過去10年の勝率が1番人気馬と同じですから、単勝や馬単ならこちらから入って中配当狙いも良いでしょうね。

マイルチャンピオンシップの過去10年枠番別データ

次いで枠番別データを見ていきます。

1枠 1-1-1-17
2枠 1-1-1-17
3枠 2-0-1-17
4枠 2-5-0-13
5枠 1-1-0-18
6枠 1-0-1-18
7枠 1-1-4-23
8枠 1-1-2-26

基本的にはどの枠もズラ~っと似たような数字。

その中で、1着2回、2着5回の4枠は目立ちますね。特に2着5回は見逃せない点で、4枠は要注意といったところでしょうか。

3着に目を向けると、7枠4回、8枠2回。この辺も、押さえておきたいデータですかね。

マイルチャンピオンシップの過去10年脚質別データ

脚質別データについても見ていきます。

逃げ 0-1-0-9
先行 3-2-1-31
差し 6-5-6-60
追込 1-2-3-49

勝率・連対率で見ると先行馬と極端な差がある訳ではないですが、差し馬優勢と見たい数字。

追込馬の台頭も目立っており、京都芝外回りで末脚を活かせる馬が有利と言えそうです。

マイルチャンピオンシップの過去10年年齢別データ

最後に年齢別データを見ていきます。

3歳 0-0-1-35
4歳 3-5-4-25
5歳 4-4-4-42
6歳 2-1-1-31
7歳 0-0-0-13
8上 1-0-0-3

4歳馬~6歳馬中心。率で言うと、4歳馬優勢と言えますね。

7歳馬以上も厳しい数字となっていますが、それ以上に目立つのが3歳馬の不振。この路線は古馬優勢と見て良さそうな数字となっていますね。

過去10年データまとめ

・人気面は1番人気優勢。4番人気の単勝、馬単にも旨み。
・枠順面は大きな偏りはなし。4枠が特注。3着ヒモには外枠を。
・脚質面は差し馬優勢。追込馬も注意。
・年齢面は4歳馬優勢。相手は5歳馬~6歳馬。3歳馬は割引。

前走のレース別の成績や種牡馬別・騎手別の成績などは無料メールマガジンにて配信中!興味ある人は下記より登録をお願いいたします。

マイルチャンピオンシップ有力馬分析

さて、ここからはマイルチャンピオンシップの有力馬について見ていきましょう。

人気を読むのもなかなか難しく、有力とされる馬も五指に余りますが、独断と偏見で、50音順に下記4頭をその対象とさせていただきました。

イスラボニータの評価

まずは昨年の3着馬イスラボニータ。

ご存知の通り2歳時代から一線級で活躍している馬で、そろそろ能力の衰えが気になるところですが、今春は大阪杯→安田記念で共に5着とまずまずの結果。

夏に休みを挟んで迎えた秋緒戦の富士ステークスで2着と、今の手薄なマイル路線ならまだまだ通用することを示しました。

ただ・・・・・・とはいえ、じゃあここから上積みがあるのか?となるとさすがにそれは厳しいのではという印象。昨年が3着。モーリスが抜けた分、繰り上がって2着を狙えるかとなると、それもなかなかどうなのかといったところではありますね。

どんな競馬でも出来る器用な馬ですから大崩れもないでしょうが、評価としては3連単の3着ヒモまでが妥当といったところでしょうか。

サトノアラジンの評価

昨年のこのレースでは、そのイスラボニータに次ぐ4着。まずは今年、そのイスラボニータを逆転出来るのか?というのが一つの焦点となるかと思います。

その後両者が顔を合わせたのは今年の安田記念。ここはサトノアラジンが4着、イスラボニータが5着と逆転に成功しています。

ただ、着差は半馬身。内容的にも明確な勝負付けがついたとは言えない形でしょう。

京王杯SC、スワンステークスの脚を見ると、一見、イスラボニータとの力差は明白なようにも見えます。実際、人気も1番人気争いをするくらいの支持を集めることになりそうです。

ただ、それはあくまで芝1400mでの話。芝1600mとなると、まだまだ絶対の安心感が置けるほどの馬ではない。他の馬が付け入る隙も充分ある程度のレベルではないかと思っています。

ネオリアリズムの評価

マイルチャンピオンシップ、惑星馬の1頭と言えるのがこのネオリアリズム。冒頭の通り、札幌記念で、昨年のこのレースの覇者モーリスを下しています。

当時のモーリスの敗因に距離を挙げる人がいましたが、ご存知の通り、モーリスはその後、札幌記念と同じ芝2000mの天皇賞秋で、強豪相手に完勝の結果。距離に問題がないことを示しました。

となると、札幌記念のモーリスの敗因は距離にはない。

後は馬場がどうだとか展開がどうだとかそのあたりを挙げる人もいますが、札幌記念3着馬のレインボーラインがその後菊花賞で2着しているよう、札幌記念は決してめちゃくちゃな結果だったわけではありません。

もしかすると、ネオリアリズムの能力が飛躍的に向上したのでは?と考えることも出来るかと思います。

この辺のことについては、きちんと説明すると長くなってしまうので、詳細をメールマガジンに譲りたいと思います。興味ある方は、下記から是非、メールマガジン登録をお願いいたします。

ミッキーアイルの評価

評価に迷うといえば、ミッキーアイルについても同様でしょう。

冒頭で書いた通り、今年の高松宮記念でビッグアーサーの2着、前走のスプリンターズステークスでも休み明けながら2着。芝1200mでは明確に、国内トップクラスの馬です。

そのミッキーアイルは、果たして芝1600mでも良いパフォーマンスが出来るのか?

参考までに過去のマイル戦の重賞戦績を挙げると

シンザン記念→1着
アーリントンカップ→1着
NHKマイルカップ→1着

安田記念2014→2番人気16着
マイルCS2014→1番人気13着
安田記念CS2015→4番人気15着

これをどう捉えるかですね。

普通に考えれば、同世代相手には何とかなったものの、古馬と交じるとマイルは長い、という解釈をすることが出来るかと思います。

ですが、それで本当に良いと、貴方は断言することが出来ますか?

実はこれに関しては、当養成所の某氏が非常に面白い、そして為になる見解を持っているのですよね。これを聞けば、今年のマイルCSだけでなく、以降のマイルG1を連戦連勝も夢じゃなし?本当に役立つことですので、是非多くの方に知っていただければと思います。

ネオリアリズムの件と合わせ、こちらもメールマガジン内にて詳しく説明していきますので、下記からメールアドレスを登録し、是非とも、参考にしてみて下さいね。

マイルチャンピオンシップ2016総評

昨年2着馬フィエロ
充実マジックタイム
重賞連勝中ヤングマンパワー
3歳トップ級マイラーロードクエスト
などなど。

上で取り上げて馬以外にも多数の注目馬がいる今年のマイルチャンピオンシップ。

ネオリアリズムの札幌記念の真の評価、ミッキーアイルを例に説明するマイルG1必勝法をはじめ、これらの馬の見解については、いつものようにメールマガジンにて配信いたします。

先週は、

デイリー杯2歳Sの3連単88,490円!
福島記念の3連複4,660円!

をはじめ、日曜だけでも

オーロカップ3連複11,850円!
奥多摩S3連複13,910円!
TVK賞の3連単39,990円!

という東京特別3連勝を含む、万馬券8本的中!自分で予想するのも好きだけど、馬券で儲けるのはもっと好きという人は是非!下記にてメールアドレスを送信。メールマガジン配信楽しみにお待ち下さい。

今週も多数の的中をお届け出来るよう、養成所スタッフ一同、頑張らせていただきます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする