毎日王冠2016予想|データ分析と有力馬解説

塾長代理のゆりです。

今週末、東のメインは毎日王冠。ご存じ、天皇賞秋への重要ステップレースです。

まずは登録馬を見てみましょう。

アンビシャス
イモータル
ウインフルブルーム
クラレント
ステファノス
ダノンシャーク
ディサイファ
ヒストリカル
マイネルミラノ
リアルスティール
ルージュバック
ロゴタイプ
ロサギガンティア
ロンギングダンサー

今秋のG1で1~2番人気が確定しているような一流馬の参戦こそないものの、ここで良いパフォーマンをすれば上位人気必須の馬が多数参戦。

天皇賞秋、マイルチャンピオンシップに向けて見逃せないレースとなりそうですね。

毎日王冠過去10年データ傾向

それではいつものように、毎日王冠の過去10年データ傾向から見ていきましょう。

毎日王冠の過去10年単勝人気別データ

まずは人気別のデータから。

毎日王冠の過去10年単勝人気別データ
1番人気 3-2-1-4
2番人気 1-2-0-7
3番人気 1-0-0-9
4番人気 2-1-0-7
5番人気 0-1-3-6

勝率・連対率・複勝率いずれも1番人気がトップの成績。概ね人気順通りの成績と言って良いでしょう。

数値を見て珍しいと感じるのが、1番人気、2番人気、4番人気の単勝回収率が100%を超えている点。複勝回収率は当たり前のように100%を下回っています。

上位人気馬の馬券を買うなら、単複よりも単勝勝負の方が良いかもしれませんね。

毎日王冠の過去10年枠番別データ

次いで枠番別データを見てみます。

毎日王冠の過去10年枠番別データ
1枠 1-0-2-10
2枠 2-1-0-11
3枠 0-1-2-12
4枠 2-3-1-10
5枠 1-2-2-11
6枠 1-2-1-15
7枠 1-0-1-18
8枠 2-1-1-16

こちらも極端な偏りは見られないものの、4枠~5枠の成績がやや目立ちますね。

単勝回収率・複勝回収率、いずれも100%を超えています。

開幕週なので内枠を狙おうとする人もいるかもしれませんが、こと毎日王冠に限っては、中枠狙いの方が良さそうです。

毎日王冠の過去10年脚質別データ

次いで脚質別データを見てみます。

毎日王冠の過去10年脚質別データ
逃げ 1-3-1-6
先行 3-3-2-25
差し 5-3-5-34
追込 1-1-2-38

どの脚質からも一定数馬券に絡む馬が出ています。

追込馬の成績はさすがに今一つですが、開幕週というのに加え、出走馬の平均人気が他より悪いというのも関係しているでしょう。

率で見ると先行馬と大差ないものの、回収率では先行馬を大きく上回っているのが差し馬。単勝回収率・複勝回収率いずれも100%を超え、特に、単勝回収率は脅威の200%超えとなっています。

また、連対率36.4%、複勝率45.5%の逃げ馬も要注意。

枠番別データでは開幕週らしい傾向にはなっていませんでしたが、逃げ馬の活躍が目立つというのはいかにも開幕週な結果ですね。

毎日王冠の過去10年年齢別データ

最後に年齢別データを見ていきます。

毎日王冠の過去10年年齢別データ
3歳 2-3-0-9
4歳 2-3-3-18
5歳 4-3-1-35
6歳 1-1-3-16
7歳 0-0-2-17
8上 1-0-1-8

まず活躍が目立つのが3歳馬。

出走頭数が違うので、馬券に絡んだ頭数は4歳馬・5歳馬に劣りますが、勝率・連対率・複勝率いずれもトップの数字。

単勝回収率・複勝回収率も、いずれも100%を超えていて、3歳馬が出走してきたらとりあえず注意が必要でしょう。

出走頭数が少ないものの、3歳馬と同じく単勝回収率・複勝回収率いずれも100%を超えている8歳以上の馬も注目。

若い馬の活躍が目立つだけに人気の盲点となるだけに、ヒモ穴としては面白いかもしれませんね。

毎日王冠の過去10年データまとめ

・好走率はほぼ人気順通り。上位人気は単勝馬券に妙味あり。
・4枠~5枠が狙い目。開幕週だが、内枠有利の傾向は出ていない。
・差し馬中心のレース。開幕週らしく逃げ馬の好走も目立つ。
・4歳~5歳馬中心も、3歳馬が出走してきたらとりあえず注意。

更に詳しいデータ・馬券に直結するデータは無料メールマガジンにて配信しています。配信希望の方は下記よりメールアドレスを送信して下さい。

毎日王冠2016有力馬分析

ここからは毎日王冠に出走する有力馬について50音順に見解していきます。

アンビシャス

宝塚記念こそ人気を裏切ってしまったアンビシャスですが、今春は中山記念2着、大阪杯1着という戦績。

中山記念ではドゥラメンテを差しきろうかという勢いでしたし、大阪杯ではキタサンブラックに先着しているよう、芝中距離なら現役トップクラスの資質を持っていると思います。

昨年の毎日王冠は人気を裏切る結果となってしまいましたが、東京芝1800メートルはほぼベストの条件。古馬になって力をつけた今年は巻き返してくる可能性充分でしょう。

ステファノス

マイルでも良いパフォーマンスが出来るよう、アンビシャスより距離適性がやや短めに出ているものの、資質はほぼ互角のステファノス。

戦績こそ安定しませんが、昨春の中山記念3着、昨秋の天皇賞秋2着、今春の鳴尾記念2着と、毎シーズン、G1ないしその重要ステップレースで確実に馬券に絡んでいます。

その馬券に絡んでいるレースに共通しているのが休み明けという点。

決して使い減りするタイプの馬ではありませんが、フレッシュな休み明けの方がより走れるタイプ。それに該当する今回も、要注目でしょう。

リアルスティール

ドゥラメンテが引退。現3歳世代ばかりが注目され、影が薄くなりつつありますが、ご存知の通り、昨年の牡馬クラシックで皐月賞2着、日本ダービー4着、菊花賞4着と、実績ではメンバー中最上位のリアルスティール。

安田記念の惨敗で印象が薄くなってしまいましたが、今回と同じ左回り芝1800メートルだった今春のドバイターフのパフォーマンスは見事の一言。その資質は、このメンバーでも勿論上位です。

問題は、安田記念大敗の精神的ダメージの有無。

その辺は外からだと分からない部分がありますので、競馬関係者の本音に精通しているこのあたりのメルマガを参考にするのが良いでしょうね。

ルージュバック

史上最強牝馬候補と謳われた昨年が結局無冠に終わり、期待を大きく裏切ってしまったルージュバック。

今春のヴィクトリアマイルも、距離が短いとはいえ馬券圏外に沈むなど、ブエナビスタなど、超一流の牝馬と比較すると、残念ながら劣ってしまうのは確かでしょう。

ただ、エプソムカップでのパフォーマンスを見る限り、並の牡馬相手なら充分通用するだけの資質があるのもまた確か。

そのエプソムカップと同じ東京芝1800メートルを舞台に、このメンバーが相手なら見劣ることは全くありません。馬券に絡む確率も充分あるでしょう。

ロゴタイプ

ご存知、今年の安田記念馬ロゴタイプ。

正直、全体的なメンバーレベルが高いレースではありませんでしたが、それでも負かした相手がモーリスなのですから、その価値は充分でしょう。

中山巧者の印象がありますが、東京芝コースでも、先の安田記念優勝を含む、日本ダービー5着、毎日王冠6着、富士ステークス3着ですから決して悪い数字ではありません。

安田記念をフロック視すると痛い目に遭う可能性も充分あります。

ただ、ロゴタイプは既にG1を3勝している馬。あくまで本番は、次以降のG1でしょう。そんな中でどれだけの仕上がりにあるかは注目する必要があるでしょうね。

毎日王冠で穴馬として注目している馬は人気ブログランキングのコメント欄にて公開しています!

毎日王冠の予想印や買い目情報は無料メールマガジンにて配信しています。配信希望の方は下記よりメールアドレスを送信して下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする