菊花賞2016予想|穴馬本命!2強の評価は落とします!

塾長代理のゆりです。

今週は牡馬クラシック最終章の菊花賞。注目はなんといってもサトノダイヤモンド・ディーマジェスティの2強対決でしょう。

春は直接対決で1勝1敗。共に秋緒戦のセントライト記念・神戸新聞杯を勝利しての参戦とあって、舞台設定としてはバッチリ。直線、2頭のマッチレースとなるようなら、レースとしての盛り上がりも高まりそうですね。

ただ、わたしとしてはやっぱり、レースだけでなく馬券でも楽しみたいところ。

2強の1角を崩せる馬がいないか、仮に2強で決まっても人気薄の3着入線となる馬がいないか。その点を探っていきたいと思います。

ちなみに、菊花賞の前に軍資金を稼ぐなら【このレース】がお薦め。給料日前で菊花賞の軍資金があまりないという人はそちらもチェックしてみて下さいね。

菊花賞過去10年データ傾向

それでは、まずは菊花賞をデータ面から分析していきたいと思います。

今年は2強に注目が集まりますから、例年と比較してデータが及ぼす影響が少ないと考えるのか、逆にこういう時だからこそデータに注目すべきなのか。

その意見は分かれるでしょうが、いずれにしてもデータを押さえておいて損はないと思います。

菊花賞の過去10年単勝人気別データ

まずは単勝人気別データからみてみます。

菊花賞の過去10年単勝人気別データ
1番人気 4-1-2-3
2番人気 0-3-0-7
3番人気 1-0-3-6
4番人気 1-1-0-8
5番人気 1-2-0-7

圧倒的、という訳ではありませんが、他人気馬の1勝と比較すると、1番人気馬の4勝は目立ちますね。

好走率全体で見ても、1番人気が優勢の形になっています。

あくまでデータ面からにはなりますが、サトノダイヤモンドとディーマジェスティ、どちらに本命を打つか迷ったら、1番人気馬の方にするというのも一つの手でしょう。

菊花賞の過去10年枠番別成績

次いで枠番別データについても見てみます。

菊花賞の過去10年枠番別成績
1枠 3-1-1-15
2枠 2-2-1-15
3枠 1-0-2-17
4枠 0-0-0-20
5枠 1-1-2-16
6枠 0-2-2-16
7枠 2-3-1-24
8枠 1-1-1-27

若干内枠有利かなといった程度で、枠順による極端な有利不利はなさそうです。

強いて挙げるなら4枠が死に枠となっている点。

この偏りが出るそれらしい理屈がある訳ではないのでたまたまかとは思いますが、ヒモ選びに迷うようなことがあれば、4枠の評価を下げるのもありでしょう。

菊花賞の過去10年脚質別成績

最後に脚質別データを見ていきます。

菊花賞の過去10年脚質別データ
逃げ 0-0-2-12
先行 8-3-3-22
差し 2-5-4-67
追込 0-2-1-49

先行馬が圧倒的に強い数字となっています。

近年の菊花賞は上がりの勝負となることも多いですから、良い位置につけるのは好走条件の一つとなるのでしょう。

差しならまだしも、追込だと一気に苦しくなってしまう傾向にあるのも、そのあたりが表れての結果かと思います。

とはいえ、前に行けば良いという訳でもなく、過去10年、逃げ馬は3着止まりまで。そう考えてもやはり、先行馬が圧倒的に有利という形になっていますね。

菊花賞過去10年データまとめ

・1着率は1番人気馬が圧倒的。以下の人気馬は差がない。
・枠順の有利不利は特になし。4枠が死に目。
・先行馬圧倒的有利。差し馬はまだしも追込馬となるとやや割引。

競馬新聞にあの話が載らない理由とは?データだけでなくこちらの情報も要チェック!

菊花賞2016サトノダイヤモンド・ディーマジェスティの評価

それではここからは、菊花賞で注目を集めるサトノダイヤモンド・ディーマジェスティについて個別に見解していきましょうか。

サトノダイヤモンドの評価

まずはサトノダイヤモンドから見ていきます。

ご存知の通り、春は皐月賞3着、日本ダービー2着。デビュー前から3冠も狙える逸材と注目を集めていましたが、春は結局無冠に終わっています。

古馬になってどれだけ活躍しても、クラシックを1つでも獲っているのか無冠なのかでは、競走馬としての評価は大きく変わってきます。そういう意味でも、陣営のここに賭ける意気込みは並々ならぬものがあるかと思います。

ただ、前走の神戸新聞杯の内容は、この馬にかけられている期待から考えるとインパクトに欠けるというのが正直なところ。

最後キッチリ勝つのが強さの証明という評価も散見されますが、神戸新聞杯でこの馬の単勝を買っていた人からすると、ミッキーロケットに交わされたように見えたあのシーンは相当ヒヤっとしたはずです。

持ったままの圧勝まであるかなと思っていたわたしとしても、あれだけの着差しかつけられなかったことに関しては大きな不満が残ります。

ケチばかりつけてしまっているように、この馬から買いたいなという気持ちは正直湧かないのですよね・・・。

総合力がこのメンバーでトップなのは確かでしょう。でも、負けても納得出来てしまいそうな自分がいて、対抗か単穴評価はつけるでしょうが、元々穴党ということもあって、本命を打つことはないでしょうね。

ディーマジェスティの評価

2強のもう一方ディーマジェスティ。

ご存知の通り、皐月賞1着、日本ダービー3着。戦績だけで言えば、サトノダイヤモンドと互角か、皐月賞を制している分こちらが上と言ってもいいはずです。

それに加え、サトノダイヤモンドの神戸新聞杯のパフォーマンスが物足りなかっただけにディーマジェスティ優勢、といいたいところですが・・・ディーマジェスティについてもセントライト記念の内容が物足りません。

2着ゼーヴィントは確かに良い馬ではありますが、言ってもクラシック路線に乗れなかった馬。3着のプロディガルサンにしても、青葉賞4着、日本ダービー10着の馬です。

中山コースだから、という言い訳は立つにしても、もう少し着差をつけてもらいたかったというのが本音です。

特にディーマジェスティは、京都芝外回りの良馬場となると、瞬発力に少し欠ける印象もあります。春から大きな成長がないとなると・・・・・・こちらも人気ほどの絶対感はないというのが正直なところですね。

牡馬クラシックは連戦連勝。満場一致の菊花賞本命馬はこちら!

菊花賞2016の穴馬!

サトノダイヤモンド・ディーマジェスティ断然ムードの菊花賞ですが、このように、2頭で絶対!という印象はありません。

さすがに揃って馬券圏外へ消えることを前提とした馬券とするのは無謀な気がしますが、1角が崩れても何ら不思議ないと思っています。もちろんわたしは穴馬本命予定です。

現時点で注目しているのは人気ブログランキング※馬名はリンク先のプロフィール欄で公開しています。

先週の秋華賞は○◎△で3連単95,520円、パールコード本命から10点で的中。今週はもう少し点数が増えてしまうと思いますが、このあたりの馬を中心に、3歳G12連勝を狙いたいと思っています。

穴馬含めた他馬の取捨などはいつも通り、メルマガ配信する予定。興味ある人は下記から是非登録していってくださいね!

菊花賞の予想印や買い目情報は無料メールマガジンにて配信しています。配信希望の方は下記よりメールアドレスを送信して下さい。

利益優先主義の競馬ファン必見!今週末絶対買うべきレースはこちら!

219週連続的中継続中!今週は富士ステークスと菊花賞を無料提供!

現在、219週連続的中継続中!

今それを聞いて、

「え?嘘だろ?」

そう思った人も沢山いるでしょう。いきなり219週連続的中と言われて信じられない気持ち、確かに分かります。

ですが、これは紛れもない真実なのです。

妙高特別 馬単6,630円 ○◎ワイド1,330円 的中!
大阪スポーツ杯 △◎○3連単21,070円 的中!
スプリンターズステークス ◎ソルヴェイグ▲レッドファルクス ワイド3,470円 的中!
秋華賞 ◎ヴィブロス△パールコード ◎△馬単6,170円 的中!

更に詳しい過去の提供内容は全てサイト内で公開しているので、信じられない人はこちらをご覧ください。

何より、毎週土日のメインレースを無料提供していることが、それを証明しているでしょう。

普通に考えてみてください。

いかにも儲かってそうな競馬予想サイトは世に沢山ありますが、本当に儲かっているなら会員さんから高額な情報を取る必要はないはずです。

事実、私たちは競馬で本当に儲けているからこそ、無料で予想を提供することが出来るのです。1人でも多くの競馬ファンにもっと競馬を楽しんでもらいたい。全てはその一心ですね。

今週は菊花賞。これこそ私たちにお任せ下さい。

私たちが抱える名実ともに日本一の血統評論家、栗山求の腕が光ります。

百聞は一見に如かず。

こちらからメールアドレス登録するだけで菊花賞、そして富士ステークスの無料予想バッチリ見ることが出来ます。菊花賞を的中させたい人は是非ご覧ください。

数十万人の競馬ファンが愛用し、絶大な支持を集めているこのサイト。使ってみればその理由が分かると思います。

今週末から、皆さんも是非、これまでとは一味違う競馬ライフを送って下さいね。

※メールアドレス入力後、返ってきたメールアドレスに記載されたURLをクリックして登録を完了させてください。
※yahooなどのフリーメールでもOKです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする