京阪杯2016予想|2桁人気の馬が多数台頭するレース。今年狙いの穴馬は…

塾長代理のゆりです。

今週末、日曜京都のメイン重賞で京阪杯が開催されます。

番組表を既にご覧いただいている方は「あれっ?」と思ったかもしれませんが、今週末はジャパンカップデーということで京阪杯の開催は京都12R。

JRAやグリーンチャンネルなどでよくアナウンスがありますが、マークシートの塗り間違いなどしないように気をつけて下さい(笑)。

今日はその京阪杯について展望していきたいと思います。

京阪杯過去10年データ分析

まずはデータ面から京阪杯を見ていきます。

京阪杯の過去10年単勝人気別データ

まずは単勝人気別データから見ていきます。

1番人気 2-2-0-6
2番人気 1-0-3-6
3番人気 0-4-0-6
4番人気 3-1-0-6
5番人気 1-0-3-6

平均的に上位人気馬の成績はバラけた形。言い方を変えると、信頼度の高い人気馬はありません。

6番人気以下の穴馬も複数台頭しており、過去10年で1着3回、2着3回、3着4回。オッズの差を考えると、迷ったら人気のない方を上位評価するのも一つの手でしょうね。

京阪杯の過去10年枠番別データ

次いで枠番別データを見ていきます。

1枠 1-2-0-15
2枠 4-1-0-15
3枠 2-1-3-14
4枠 1-2-1-16
5枠 1-0-3-16
6枠 0-2-1-17
7枠 1-0-2-23
8枠 0-2-0-25

内枠優勢。1着8回、2着6回ですから、1-2着狙いの馬券は内枠重視でいいでしょう。

3着に目を向けると5枠から外が6回ですから、そちらに関してはほぼ互角と見ていいかと思います。

京阪杯の過去10年脚質別データ

脚質別データについても見ていきます。

逃げ 2-2-0-6
先行 6-0-3-29
差し 1-7-6-58
追込 1-1-1-48

1着馬に関しては逃げ・先行馬圧倒的優勢ですね。

2着馬、3着馬となると差し馬圧倒的優勢といった形。逃げ・先行か差し馬を軸にし、もう逆の脚質の馬へと流すのが良い作戦かもしれません。

京阪杯の過去10年年齢別データ

最後に年齢別データを見ていきます。

3歳 3-2-2-26
4歳 3-4-1-28
5歳 3-4-3-33
6歳 1-0-4-30
7歳 0-0-0-17
8上 0-0-0-7

3歳馬、4歳馬、5歳馬が互角の数字。

6歳馬以下は割り引きたいですね。

過去10年データまとめ

・人気面は上位人気馬の信頼性は今一つ。6番人気以下の馬が面白い。
・枠順面は1着、2着は内枠優勢。3着ヒモなら外枠も互角。
・脚質面は1着は逃げ先行馬。2着、3着は差し馬優勢。
・年齢面は3歳馬~5歳馬が互角。6歳馬以上は割引。

前走のレース別の成績や種牡馬別・騎手別の成績などは無料メールマガジンにて配信中!興味ある人は下記より登録をお願いいたします。

京阪杯【有力馬分析】

ここからは有力馬について個別に見ていきます。
取り上げるのは人気を集めそうな3頭。エイシンスパルタン・ネロ・メラグラーナの3頭です。

エイシンスパルタンの評価

まずはエイシンスパルタンから。

前走のスワンステークスは休み明けながら3着。1番人気だった春の京王杯SCでは人気を裏切りましたが、人気を落としたここできっちり巻き返しました。

条件戦時代から芝1400m戦を中心に使われてきているだけにポイントとなるのはこの距離短縮。春雷ステークスを制して芝1200mは1戦1勝ですが、重賞でも通用するのかその見極めがポイントでしょう。

この辺は、先週のマイルチャンピオンシップで「ネオリアリズムの距離短縮は全く問題ない!」と断言した、距離適性のスペシャリストがメールマガジンで解説予定ですので、そちらを是非参照いただければと思います。

ネロの評価

次いでネロの評価。

それまで重賞ではやや足りない競馬が続いていましたが、今夏以降、アイビスサマーダッシュ2着→セントウルステークス2着と連続好走。

スプリンターズステークスではさすがに力量不足といった感じでしたが、それでも8番人気6着と充分過ぎるほど好走しています。

今の充実ぶりからするとこのメンバーでは能力上位。セントウルステークスで脚質の広がりも見せ、中山より適性が高い京都変わりとなれば、人気でも高い評価が必要でしょう。現在、対抗の予定です。

メラグラーナの評価

最後にメラグラーナ。

今年の冬は今ひとつの成績でしたが、こちらも夏から1000万下2着→1000万下1着→1600万下1着と上り調子。騎手に変わってからこの成績ですから、福永騎手との相性も良いのかもしれませんね。

今回は初の重賞挑戦なだけに力関係がどうか気になるところですが、格上相手にも走れそうなタイプの馬だけに、その点は問題ないと思っています。

スプリンターながらパワー型という点で、今年のスプリンターズステークスを制したレッドファルクスに近いタイプでしょうね。

ポイントとなるのは、自分のリズムで走れるかどうかでしょう。

前述のようにパワー型で、一瞬のキレにはやや欠けるので、馬群に包まれ同士の展開になるとちょっと苦しいでしょうからね。

京阪杯総評

冒頭でもお伝えしたように、波乱傾向にある近年の京阪杯。この7年間で3着以内に入った2桁人気馬は7頭になります。穴党のわたしとしては、当然今年も波乱の結果に期待です。

ネロを対抗予定としているように、本命はもちろん、2桁人気が予想されるあの馬!近走では大敗もありますが、この条件でこの相手なら一発の可能性は充分あると思うんですよね!

その辺のことも、詳しくはメールマガジンでお伝え出来ればと思います。

先週のマイルチャンピオンシップは、詳しくはメールマガジンでと推した、本命ミッキーアイルと単穴ネオリアリズムがズバリと好走!データ的に絶好の4枠に入ったイスラボニータをバッチリ押さえて3連単40,290円ズバリ!

その他、日曜特別レースだけでも【赤松賞3連単27,420円】【霜月S3連単32,300円】的中など、絶好調の無料メールマガジン。今週末もこれを参考にバッチリ儲けてくださいね!

配信希望の方は下記にメールアドレスを記入して送信ボタンをクリック!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする