ジャパンカップ2016予想|雨予報で浮上してくる穴馬は?

塾長代理のゆりです。

今週末、日曜東京のメインレースはジャパンカップ。年末に有馬記念の開催もありますが、実質は、古馬芝中長距離のナンバーワンを決めるといっても過言のないレースです。

その割りに手薄なメンバーとなってしまうことも多い近年ですが、今年はなかなか良いメンバーが揃いました。

古馬からは、ゴールドアクター、キタサンブラック、リアルスティールの参戦。サウンズオブアース・シュヴァルグラン・ルージュバックと、その脇を固める面々にも不足はありません。

そして、近年最強世代と言われる3歳牡馬勢からも皐月賞馬ディーマジェスティと、前走菊花賞でそのディーマジェスティに先着したレインボーラインも参戦。

古馬2強で強いのはどちらか?3歳勢との力関係は?見所の多いレースとなっており、レースも予想も楽しみにしている人は多いのではないでしょうか。

今日は、このジャパンカップについて展望していきたいと思います。

ジャパンカップ【過去10年データ分析】

それではまず、データ面からジャパンカップに切り込んでいきたいと思います。

ジャパンカップの過去10年単勝人気別データ

まずは単勝人気別データから。

1番人気 3-3-2-2
2番人気 1-1-2-6
3番人気 1-1-1-7
4番人気 3-1-0-6
5番人気 1-1-0-8

勝率30%、連対率60%、複勝率80%の1番人気馬が目立ちます。

ジャパンカップで1番人気に支持されるほどの馬であれば、実績・能力・適性・調子、いずれも最高級にあるはずですから、馬券の中心からは当然外せないということでしょう。

他、上位人気馬では、4番人気馬の勝率が目立ち馬。単勝、馬単、3連単フォーメーション1着で好配当を狙うなら4番人気も注目ですね。

もう1つ注目点を挙げるなら、過去10年中5年で3着馬が6番人気以下という点。3連単の3着ヒモは穴馬を狙うのも手でしょう。

ジャパンカップの過去10年枠番別データ

次いで枠番別データを見ていきます。

1枠 1-2-3-13
2枠 2-0-1-16
3枠 2-1-3-13
4枠 1-0-0-18
5枠 0-3-1-15
6枠 1-1-0-17
7枠 1-0-2-23
8枠 2-3-0-23

見ての通り、大きな偏りはありません。強いて言えば、若干内枠が有利なのかなといった程度ですが、枠順に関しては特に気にする必要はないでしょう。

ジャパンカップの過去10年脚質別データ

脚質別データについても見ていきます。

逃げ 0-0-0-11
先行 3-4-4-30
差し 7-4-4-54
追込 0-2-2-42

逃げ馬が壊滅的な数字。

ジャパンカップにはなかなか有力な逃げ馬が出てこないというのはありますが、逃げ馬は軽視の方向でいきたいですね。実際逃げるかどうかは分かりませんが、その可能性のあるキタサンブラックにとってはちょっと嫌なデータと言えそうです。

後は見ての通り、先行馬、差し馬中心。

率は大差ありませんが、勝ち切るという意味では、舞台的にも差し馬の方がやや優勢と見て良いかもしれませんね。

ジャパンカップの過去10年年齢別データ

最後に年齢別データを見ていきます。

3歳 2-3-2-24
4歳 6-3-2-36
5歳 2-3-4-36
6歳 0-1-0-22
7歳 0-0-2-12
8上 0-0-0-8

4歳馬が中心ですね。実力馬が4歳秋を迎えての出走となれば、こういう結果となるのも頷けます。

次いで3歳馬、5歳馬。この辺も大体イメージ通りの人が多いのではないでしょうか?

レベルの高いメンバーで東京芝2400メートルへの出走ですから、多少でも力が衰えだす6歳以上の馬にとっては苦しい数字となっていますね。

3歳代表ディーマジェスティ、4歳代表キタサンブラック、5歳代表ゴールドアクターにとっては、どれが好走してもおかしくないと見てよいでしょう。

過去10年データまとめ

・人気面は1番人気中心。3着ヒモには6番人気以下を警戒。
・枠順面は大きな偏り無し。
・脚質面は先行馬、差し馬中心。1着なら差し馬優勢。
・年齢面は4歳馬中心。3歳馬~5歳馬がそれに次ぐ形。6歳馬以上は割引。

前走のレース別の成績や種牡馬別・騎手別の成績などは無料メールマガジンにて配信中!興味ある人は下記より登録をお願いいたします。

ジャパンカップ【有力馬分析】

さて、それではここからは有力馬個別に見ていきたいと思います。

五指に余る注目馬ですが、ここではゴールドアクター・キタサンブラックと、3歳代表ディーマジェスティの3頭について取り上げたいと思います。

もちろん、メルマガの方では残りの馬についても全頭解説しますので、他馬についてもそちらできっちり確認して下さいね。

ゴールドアクターの評価

ではまずゴールドアクターから。

今年の天皇賞春こそ惨敗で1番人気を裏切ってしまいましたが、それを除けば、昨年の有馬記念→今年の日経賞→今年のオールカマーと連勝中。

休み明けだった前走のオールカマーにしても、着差以上の完勝劇。条件戦から数えれば7戦6勝と全く底を見せていません。人気になるのも頷けます。

ただ、じゃあここもゴールドアクターで絶対なのか?となると、そんなこともないと思っているのですよね。

気になるのはやはり天皇賞春の惨敗。

その敗因については以前メールマガジンでお伝えした通りで、今週もまた改めて触れたいとは思いますが、そういう事情があるだけに、死角が全くない訳ではありません。

実績・実力は確かですが、その点が気になるだけに、ここは対抗評価までに留めるかと思います。

キタサンブラックの評価

そのゴールドアクターと人気を分け合うのがキタサンブラック。

直接対決した昨年の有馬記念ではゴールドアクターに先着を許す結果となっていますが、当時のキタサンブラックは3歳馬。今年の天皇賞春前後から更に力をつけた印象があることを考えると、勝負付けはまだまだ済んでいません。

宝塚記念は3着となっていますが、展開や馬場を考えると悲観するような内容ではなし。

前走の京都大賞典では、休み明けながら決して得意とは言えない瞬発力勝負で完勝。どんな条件でも確実に好走してくるのは実力の証でしょう。

今回ポイントとなるのは、東京芝2400mへの適性がどうかという点。

今、どんな条件でも確実に好走してくると書きましたが、そのキタサンブラックがこれまで唯一馬券圏外となったのが、この東京芝2400mで行われた昨年の日本ダービー。6番人気ながら14着と敗れています。

もちろん、当時のキタサンブラックは、今より実力は遥かに下でした。

ですが、昨年の日本ダービーは、勝ったドゥラメンテを除けば、今年の日本ダービーと比較すると1枚は確実にレベルが落ちるといって良いようなメンバー構成でした。

逃げ馬が明確に不利というデータが出ていることに加えて、この気になる要素。

それを踏まえてキタサンブラックをどう評価するのかというのは、ジャパンカップ的中へ向けて、大きな大きなポイントといっても過言ではないでしょう。直前まで検討に検討を重ねた上で、当日朝、メールマガジンで配信させていただきます。

ディーマジェスティの評価

最後にディーマジェスティ。

今年の皐月賞で伏兵の立場ながらマカヒキ・サトノダイヤモンドを差しきったことで、一転、2頭と並び3強の1角へ。その後は、日本ダービー3着→セントライト記念1着→菊花賞4着。

これをどう評価するかですが・・・・・・日本ダービーとセントライト記念はまだしも、菊花賞4着はちょっと物足りないなあというのがわたしの正直な感想です。

確かに、適性云々といった話はあると思います。でも、今後大きな活躍を期待するには、サトノダイヤモンド以外これといった強豪がいなかっただけに、少なくとも3着には入線して欲しかったところです。

菊花賞の舞台である京都芝3000mと比較すれば、今回の東京芝2400mはディーマジェスティにとっては良い条件でしょう。

でも、菊花賞が物足りないだけに、古馬2強をまとめて負かす高い期待を持てるかなあと考えると、ちょっと微妙だなあというのが正直なところ。

土曜競馬終了後、愛用している各種メールマガジンから驚きの裏話でも入ってくれば評価を一気に上げる可能性も残りますが、そうでないなら押さえまで・・・というのが現時点の評価となります。

ジャパンカップ総評

注目集まるゴールドアクター・キタサンブラック・ディーマジェスティの実力が、今回のメンバーでややリードしているのは確かだと思います。

でも、今書いたよう、各馬とも絶対的な存在ではないというのもまた事実で、本命はこの3頭以外を推す予定です。もちろん、リアルスティールでもありません!

…って、ここまで書いたら何を本命にするかバレバレですかね(笑)。

何といったって明日は雨予報。

雨になれば能力200%増しのあの馬が、前売り時点でこれだけ人気ないならわたし以外にも狙っている人は沢山いるでしょうからね。

いずれにしても、ジャパンカップの注目点を徹底分析した結論はメールマガジンで配信!予想がまとまっていない、これ、どうなんだろう?と思う部分がある人は、その疑問を全て解決しますので絶対登録していって下さいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする