ホープフルステークス2016予想|レイデオロから3点的中でイケる!

塾長代理のゆりです。

ご存知の通り、今週のメインレースは有馬記念。皆さん、今からとても楽しみにしていることでしょう。

でも!その前に行われるホープフルステークスも忘れてはいけません。

阪神JFのソウルスターリング・朝日杯FSのサトノアレスと2歳G1を連勝した藤沢厩舎ですが、ここにまた来年注目の1頭を送り込んできていますよね。来年のクラシックに向けて、こちらも見逃せないレースとなっています。

今日は、そんなホープフルステークスについて展望していきます。

ホープフルステークス【過去10年データ】

まずは、重賞昇格前を含め、過去10年のホープフルステークスをデータ面から見ていきます。

ホープフルステークスの過去10年単勝人気別データ

まずは単勝人気別データから。

1番人気 2-3-0-5
2番人気 3-1-3-3
3番人気 1-2-1-6
4番人気 1-0-1-8
5番人気 1-0-1-8

連対数で見ると1番人気の5回が最多ですが、馬券に絡んだ回数を見ると2番人気がトップ。複勝率7割はなかなか立派で、3連系の馬券を買う人は、2番人気馬中心に攻めるのが良さそうですね。

4番人気、5番人気が不振。ヒモには6番人気以下の馬も加えておきたいところです。

ホープフルステークスの過去10年枠番別データ

次いで枠番別データを見ていきます。

1枠 2-0-1-11
2枠 1-1-1-12
3枠 0-1-0-14
4枠 0-2-2-14
5枠 3-3-0-11
6枠 2-1-2-13
7枠 2-2-1-14
8枠 0-0-3-19

内外で分けると外枠の方が優勢の傾向が出ています。

中山芝2000mというと外枠はちょっと不利なイメージがありますが、ホープフルステークスに関してはむしろ外枠が狙い目になりそうですね。

ホープフルステークスの過去10年脚質別データ

脚質別データについても見ていきます。

逃げ 0-0-0-11
先行 7-6-2-23
差し 2-3-6-36
追込 1-1-2-38

逃げ馬は厳しいですね。

この時期の2歳戦で逃げて結果を残しているような馬は短距離馬のケースが多いですから、これは至極当然と言えるでしょう。

大方のレースで互角に近い結果となっていることの多い先行馬と差し馬の比較では、先行馬が圧倒的優勢。

2歳のこの時期では中距離のレースが少ないですし、この距離で良い脚を使える馬は本当に強い馬くらいです。同じくらいの力量なら、先行馬を上位に取って良いのではないでしょうか。

過去10年データまとめ

・人気面は、2番人気が特注。6番人気以下のヒモ穴も狙える。
・枠順面は、外枠が優勢。
・脚質面は、先行馬が優勢。

注目はレイデオロ!

そんなホープフルステークスで注目を集めるのは、冒頭でも触れましたが、藤沢厩舎のレイデオロでしょう。

新馬戦→葉牡丹賞と、共に単勝1倍台の断然人気で快勝。

新馬戦は好位から高いセンスを見せて抜け出し、葉牡丹賞は中山芝2000mを考えると絶望的な4コーナーの位置取りから、坂下、加速がついてから異次元の末脚。上がり3Fの数字以上のインパクトがありました。

この2戦を見る限り、素質はクラシックで戦っていくに充分なものを持っているのは確か。

今年の牡馬はクラシック路線で有力な馬がまだあまり出てきていませんから、ホープフルステークスのパフォーマンス次第では、一躍、クラシック路線の主役候補に名乗り挙げることになるでしょう。

基本的に穴党のわたしですが、来年のクラシックを盛り上げるために、ここはレイデオロに良いレースを見せて欲しいと思っています!

ホープフルステークス2016総評

そんな訳で、ここは珍しく断然人気のレイデオロを本命予定!

◎レイデオロ
人気ブログランキング※リンク先のプロフィール欄で公開中!
▲メルマガ推奨穴馬!
△グローブシアター

印はこんな感じでいきたいと思います。

レイデオロ本命ではさすがに点数は増やせないですからね。ここは、メルマガで推奨予定の穴馬が来るかどうかが好走の鍵を握ってきそうです。

人気では少し離されるかもしれませんが、中山芝2000mは恐らくベストの条件。この条件替わりで前走から更にパフォーマンスを上げてくるなら、決しては差はないと思っています!

気になる穴馬はホープフルステークス当日朝に配信させていただきますので、興味ある方は下記メールフォームから是非登録していってくださいね!