【阪神ジュベナイルフィリーズ2016予想】高レベルの2歳牝馬!本当に強い馬はどれ?

塾長代理のゆりです。

先日更新したカペラステークスの記事でも少し触れましたが、今年の2歳牝馬はレベルが高いと言われています。

その筆頭との評価を受けているミスエルテは、なんと、牝馬ながら来週の朝日杯FSへエントリー。仮にそこを勝つようなことがあればとんでもないことですよね。注目です。

その前にまず今週は阪神ジュベナイルフィリーズが開幕。

そのミスエルテが抜けても充分過ぎるほどのメンバーと言えるあたりに、今年の2歳牝馬のレベルの高さが現れています。

注目馬を50音順に挙げると

2戦2勝で新潟2歳ステークスを制したウゼットジョリー。
3戦3勝でデイリー杯2歳ステークスを制したジューヌエコール。
2戦2勝でアイビーステークスを制したソウルスターリング。
2連勝でアルテミスステークスを制したリスグラシュー。
2連勝で小倉2歳ステークスを圧勝し、京王杯2歳ステークスでも2着したレーヌミノル。

重賞で牡馬を蹴散らしてきた馬が複数いるのですから、レベルが高いという評価を受けるのも頷けますよね。

今日は、この阪神ジュベナイルフィリーズについて展望していきたいと思います。

下の画像をクリックした先からメールアドレス登録して無料予想も受け取って下さいね!

阪神ジュベナイルフィリーズ【データ分析】

まずはデータ面から見ていきます。

阪神ジュベナイルフィリーズの過去10年単勝人気別データ

まずは単勝人気別データから見ていきます。

1番人気 3-2-1-4
2番人気 1-1-2-6
3番人気 1-1-1-7
4番人気 2-1-2-5
5番人気 3-1-0-6

まず注目に値するのは、過去10年の勝ち馬いずれも5番人気以内の馬ということ。

データはデータでしかありませんが2歳G1は力関係がある程度ハッキリしているケースが多いので、素直に考えるなら今年も5番人気以下から勝ち馬を探すのが良いでしょう。冒頭で挙げた5頭はデータ面からも有力ということですね。

ポイントとなるのは、1番人気が3勝してはいるものの、1番人気馬~5番人気馬で、人気差ほど好走率には差がないという点。

あくまで5番人気以下の馬という条件はつきますが、迷ったら人気のない方を本命にするほうが良いかもしれません。

阪神ジュベナイルフィリーズの過去10年枠番別データ

次いで枠番別データを見ていきます。

1枠 3-1-0-16
2枠 0-1-2-17
3枠 0-1-1-18
4枠 1-1-0-18
5枠 0-3-3-14
6枠 1-2-1-16
7枠 3-1-1-25
8枠 2-0-2-26

全体的に外枠の方が優勢になっていますね。

ただ、1枠からも3勝。揉まれる心配の低い外枠か、ロスなく運べる最内枠のいずれかが狙い目と言えるでしょう。

阪神ジュベナイルフィリーズの過去10年脚質別データ

脚質別データについても見ていきます。

逃げ 0-0-1-9
先行 1-3-2-32
差し 8-5-5-60
追込 1-2-2-49

追込馬がそれなりに台頭していることもあり、全体的に見ると差し馬優勢となっていますね。

逃げ馬は過去10年で連対なし。多少割り引いた方がいいでしょう。

過去10年データまとめ

・勝ち馬は全て5番人気以内。その中で人気による好走率の差はほぼない。
・全体的に外枠優勢も、3勝している1枠は特注。
・差し脚を持っている馬優勢。


過去の好走馬・凡走馬に共通する更に馬券に直結するデータはメールマガジンで配信!
希望する方は下記からメールアドレスを登録していってください!

阪神ジュベナイルフィリーズ【有力馬分析】

ここからは、阪神ジュべナイルフィリーズの有力馬を個別に見ていきます。

取り上げるのは、中でも特に人気を集めそうなソウルスターリング・リスグラシュー・ジューヌエコールです!

ソウルスターリングの評価

まずは1番人気が想定されるソウルスターリングです。

他の上位人気馬がそれぞれ重賞で結果を出してきているのに対し、ソウルスターリングの実績は少頭数でのオープン特別勝ちのみ。

それでいてこれだけ人気を集めるのは、元々の評判に加え、怪物フランケル産駒・社台・藤沢厩舎・ルメール騎手鞍上というネームバリューの影響も大きいでしょう。

まずは、その評判、そしてネームバリューと実力が乖離していないか。その見極めが大切になるでしょうね。

わたしとしては、藤沢厩舎というのが、失礼ながら少し気になります。

以前は名実共にトップトレーナーと呼ばれていましたが、直近のG1制覇は2014年、天皇賞秋のスピルバーグ。その前は、8年さかのぼって、2006年ヴィクトリアマイルのダンスインザムードです。少なくとも現在、G1で強い調教師とはいえません。

その路線の頂点を決めるG1ともなると、他のレースと比較し、騎手や調教師といった人の力も大きく作用してきます。近年G1実績の薄い藤沢厩舎、正直、少し不安ですね。

マイル実績ある馬が多数いる中、初距離というのも少なくともプラスには考えづらいです。1番人気となると、押さえ評価程度に留めたい印象です。

リスグラシューの評価

そのソウルスターリングと人気を分け合いそうなのがリスグラシュー。

上がり33.0の脚を使いながらも展開と位置取りに泣かされ緒戦こそ敗れてしまったものの、2戦目の未勝利戦をレコード勝ち、アルテミスステークスを上がり33.5の脚で差しきりと、ここ2走のパフォーマンスは見事です。

気になるのは馬体の小ささですかね。

アルテミスステークスから充分な間隔になってはいますが、関東へ輸送してあのパフォーマンスをし、その反動がないかどうか。最終追切と当日の馬体重はよく確認した方がいいでしょう。

その辺問題ないようでしたら、コース実績・距離実績からも、対抗か単穴評価はする予定でいます。

ジューヌエコールの評価

最後にジューヌエコール。

新馬戦→オープン特別→重賞と、黄金ルートを連勝。しかも最後の重賞が牡馬を負かしてのものとなれば、例年なら1番人気に推されてもおかしくない戦績。3番人気とはいえ、実績だけ見れば充分過ぎるものがあります。

それでいて3番人気に甘んじそうなのは、先の2頭の方が素質が高いという見解からでしょう。

ただ、競馬というのは素質が高ければ必ずしもレースで走れる訳でもありません。むしろ、このジューヌエコールのように、どんな条件でも安定して走れる馬の方が馬券を買う立場からすると心強かったりするものです。

わたしとしては、未知な部分が多いソウルスターリングよりは、このジューヌエコールの方が買いやすいですね。本命候補には入りませんが、リスグラシュー次第では、対抗・単穴評価は充分考えています。

阪神ジュべナイルフィリーズ本命馬はこれ!

勘の良い人はこの時点で気付いているかと思いますが、ここまで挙げたソウルスターリング・リスグラシュー・ジューヌエコールの中に本命予定の馬はいません!

「勝つ!」となると確かにこの3頭と比較すると可能性は低いかもしれないですが、「馬券に絡む!」という意味で考えると、この3頭以上に高いと思える馬がいますよね?

しかもその馬の方がこの3頭と比較して人気がないなら、これはもう、本命にするっきゃないでしょう!

そしてそして。

もう1頭忘れちゃいけないのがあの馬!

先に挙げた3頭に加えて、レーヌミノル・ウゼットジョリー・ディーパワンサまでが人気を集め、それ以下の馬は人気で大きく離されそうな阪神ジュベナイルフィリーズですが、その中に、阪神芝1600m替わりで面白い馬がい~るじゃないですか!

さすがに展開がハマってという感はありますが、この馬が3着にでも入れば3連単高配当は確実ですから、3連単派の人は、ヒモに100円でも買っておくことをお薦めしたいです!

これらの馬については、レース当日朝、メールマガジンにてバッチリご報告予定!先週も万馬券3本的中!配信希望の方は下記からメールアドレスのご登録を宜しくお願いいたします!