【阪神カップ2016予想】穴馬が毎年台頭しているレース。今年の穴馬はコレだ!

塾長代理のゆりです。

今週はいよいよ有馬記念ウィーク。そして23日の祝日からの3日間開催。1年の最後を感じる雰囲気で、今からワクワクしている競馬ファンの人も多いのではないでしょうか。もちろんわたしもその1人です。

そんな今週は有馬記念・ホープフルステークス・阪神カップと重賞が組まれていますが、まず最初に行われるのが土曜日に阪神芝1400mで開催される阪神カップ。

例年結構良いメンバーの揃うレースですが、今年も良いメンバーとなりましたね。

まずは何よりマイルチャンピオンシップ優勝のミッキーアイル、イスラボニータが参戦してきた。

その他にも上がり馬であるエイシンスパルタン・グランシルク。実績馬ではフィエロを筆頭にダンスディレクターやスノードラゴン、シュウジ。他にもトウショウドラフタなど。伏兵馬も五指に余ります。

今日は、有馬記念前の資金稼ぎに絶対的中させたい、この阪神カップについて取り上げたいと思います!

阪神カップの過去10年単勝人気別データ

まずは単勝人気別データから見ていきます。

1番人気 2-1-1-6
2番人気 1-0-1-8
3番人気 2-1-0-7
4番人気 1-0-1-8
5番人気 0-3-2-5

全体的に人気馬不振、といったところですね。1着こそ0回ですが、馬券に絡んだ回数でいえば、過去10年で5番人気馬の5回がトップというあたりにもそれが表れていると言って良いでしょう。

6番人気以下の穴馬に本命を打つか、上位人気馬に本命を打つなら相手には必ず6番人気馬を、というのが過去のデータを見る限り賢明ですね。

穴党の人としては、有馬記念の前に、気合いの入るレースと言えるのではないでしょうか。

阪神カップの過去10年枠番別データ

次いで枠番別データを見ていきます。

1枠 1-0-1-17
2枠 1-1-2-16
3枠 0-0-0-20
4枠 1-1-2-16
5枠 2-1-0-17
6枠 0-0-0-20
7枠 4-4-3-17
8枠 1-4-1-24

一目瞭然で目立つのが7枠の大活躍。8枠の2着回数も目立ちますから、まずは外枠に大注目と言って良いでしょう。

後目立つのは、これといった根拠付けは出来ないものの、3枠と6枠が完全な死に目。

データを重視する人、最後の最後、各馬の評価付けに悩んだ場合などは、この辺りを考慮して見るのも良いかと思います!

阪神カップの過去10年脚質別データ

脚質別データについても見ていきます。

逃げ 1-1-0-8
先行 2-3-2-34
差し 6-5-6-56
追込 1-2-1-48

差し馬がやや優勢といったところでしょうか。ただ、出走頭数も多いので極端に気にする必要はないと言って良いでしょう。

次いで先行馬が優勢なことも含め、他のレースと比較して概ね目立った特徴はありません。脚質を気にする必要は特にないでしょうね。

阪神カップの過去10年年齢別データ

最後に年齢別データを見ていきます。

3歳 1-3-2-26
4歳 2-2-4-27
5歳 3-2-2-39
6歳 3-3-1-35
7歳 1-1-0-14
8上 0-0-0-6

出走頭数を考えると7歳馬もまずまず走っていますし、3歳馬の好走も目立ちます。年齢面は特に気にする必要ないと言って良いでしょう。

過去10年データまとめ

・人気面は、上位人気馬の不振が目立つ。6番人気以下に要注目!
・枠順面は、外枠の好走が圧倒的に目立つ。7枠・8枠は注意。
・脚質面は、差し馬やや優勢も、特に気にする必要なし。
・年齢面は、特に気にする必要なし。

その他、過去の好走馬・穴馬に共通するデータを無料メールマガジンにて配信しています。配信希望の方は下記よりメールアドレスを送信して下さい。

下の画像をクリックした先からメールアドレス登録して無料予想も受け取って下さいね!

阪神カップ有力馬分析

ここからは阪神カップに出走する有力馬を個別に見ていきます。

取り上げるのはミッキーアイル・イスラボニータ・グランシルクの3頭。他有力馬については、メールマガジンの方でお伝えする予定です。

ミッキーアイルの評価

まずは1番人気が想定されるミッキーアイル。

ゴール前で他馬に迷惑をかけたことに対する批判は集まったものの、今年のマイルチャンピオンシップを勝利。

それまでの実績から芝1600mは不安視されていましたが、それを克服しましたね。この馬が完成期に入った一つの証明かと思います。

今回は距離短縮して阪神芝1400m。

一昨年の阪神カップでは1番人気7着と人気を裏切ってしまいましたが、同条件で行われる阪急杯が、昨年2着、今年1着。この条件替わりは確かなプラスでしょう。

スプリンターズステークス2着→マイルチャンピオンシップ1着と、今期は過去最高の成績。今の充実ぶりなら当然、高評価は必要でしょうね。

イスラボニータの評価

マイルチャンピオンシップで、惜しくもそのミッキーアイルに敗れてしまったのがイスラボニータ。

富士ステークス2着→マイルチャンピオンシップ2着と、ミッキーアイル同様、近年の中では最も良い成績を残している今期ですが、どんな条件でもどうしても最後、ちょっと甘くなってしまいますよね。

初の芝1400m、そしてこの距離短縮で、その甘さ解消に活路を見出せるか?

皆さんが気になるのはその点だと思いますが、この距離短縮でも、イスラボニータが大きな前進をすることはないように思います。

阪神芝1400mは、先行馬にしろ追込馬にしろ長く良い脚を使うことが求められますが、イスラボニータはそれに欠けているからです。

最大目標はマイルチャンピオンシップにおいていたはずで、状態面が多少なりとも下降していることを考えても、ここは押さえ評価までですかね。

エイシンスパルタンの評価

最後にグランシルク。

相模湖特別→奥多摩ステークスを優勝しての重賞挑戦ですが、元々はNHKマイルカップでも1番人気に支持されていた馬(結果5着)。

昨年、京成杯AHや富士ステークス、今年も東京新聞杯へ出走しているのでマイラーのイメージが強いかもしれませんが、その相模湖特別と奥多摩ステークスは共に芝1400m戦。実は芝1400m戦は2戦2勝なのですよね。

加えて、阪神芝1400mに必要なスピードと持続力も秘めているので、この条件はピッタリかと思います。

古馬混合戦となってからはG3でも馬券に絡んだことがないのでG2でどうかという点がポイントになりますが、今の勢いなら通用する可能性は充分あると見ています。

さきほど書いたよう、イスラボニータには付け入る隙も充分あると思うので、逆転候補の単穴として期待しています。

阪神カップ2016総評

◎メルマガ公開の穴馬!
○ミッキーアイル
▲グランシルク
×人気ブログランキング※リンク先のプロフィール欄で公開中!
△イスラボニータ、他

データ、そして有力馬について見てきた阪神カップですが、わたしの本命予定馬はここまで名前を挙げていないアノ穴馬!

穴党の人は知っているかと思いますが、阪神カップは毎年のように穴馬が台頭。ここ5年を見ましても、

2011年フラガラッハ→13番人気3着
2012年ガルボ→14番人気2着
2013年ガルボ→10番人気2着
2014年リアルインパクト→8番人気1着

など。他にも中位人気馬も台頭している波乱傾向のレースです。

・・・この4頭、よく見ると、ある共通点があると思いませんか?

そして・・・いますよね?今年も。その共通点を持った馬。

わたしは当然、その馬を本命予定。ここでバッチリ穴馬券を仕留めて、有馬記念の軍資金にしたいと思います。

もちろんその穴馬はメールマガジンで公開予定!有馬記念の軍資金を作りたい方は是非、下記メールフォームからメールアドレスを登録していってくださいね!