府中牝馬ステークス2016予想|データ分析と有力馬分析

塾長代理のゆりです。

今週末、東のメインは府中牝馬ステークス。ご存じ、エリザベス女王杯の重要ステップレースです。

多くのG1レースはメインのステップレースを2つは設けていますが、エリザベス女王杯の明確なステップレースはこの府中牝馬ステークスだけ。それだけに見逃せないレースです。

まずは登録馬を見てみましょう。

アスカビレン
カフェブリリアント
カレンケカリーナ
クイーンズリング
シャルール
シュンドルボン
シングウィズジョイ
スマートレイアー
ハピネスダンサー
マジックタイム
メイショウスザンナ
メイショウマンボ
リーサルウェポン

頭数こそ少ないものの、重賞実績豊富な馬多数。馬券的には非常に面白いレースとなりそうです。

府中牝馬ステークス過去10年データ傾向

それではいつものように、まずはデータ面から分析していきます。

府中牝馬ステークスの過去10年単勝人気別データ

まずは人気別のデータです。

府中牝馬ステークスの過去10年単勝人気別データ
1番人気 0-4-2-4
2番人気 1-0-3-6
3番人気 0-1-2-7
4番人気 5-2-0-3
5番人気 1-2-1-6

まず目を惹くのが、過去10年、1番人気馬から1頭も優勝馬が出ていない点。

2番人気馬、3番人気馬まで見てみても、過去10年で優勝したのは2番人気の1回のみ。このデータは要注目ですね。

そんな中で驚異的な勝率を残しているのが1着5回の4番人気馬。

2着、3着には1番人気馬も多数絡んでいますが、1着狙いとしては、その4番人気馬を筆頭に、優勝実績のある10番人気、11番人気馬など、下位人気馬からピックアップするのが良さそうですね。

府中牝馬ステークスの過去10年枠番別成績データ

府中牝馬ステークスの過去10年枠番別データ
1枠 0-1-2-15
2枠 2-1-0-15
3枠 0-1-2-15
4枠 2-2-1-14
5枠 0-1-1-18
6枠 0-0-1-19
7枠 4-0-1-17
8枠 2-4-2-18

次いで枠番別のデータを見てみます。

開幕2週目の芝1800メートルといえば基本内枠有利になってもおかしくないのですが、活躍が目立つのは7枠と8枠。

7枠は1着4回、8枠は連対6回と、出走頭数が多いことを差し引いても、率でもトップの数字を残しています。

まだ馬場の良い開幕2週目だからといって外枠を軽視すると、このレースに限っては痛い目に遭いそうですね。

府中牝馬ステークスの過去10年脚質別データ

次いで脚質別データを見てみます。

府中牝馬ステークスの過去10年脚質別データ
逃げ 1-0-0-10
先行 3-5-3-23
差し 3-2-3-56
追込 3-3-4-42

こちらも、開幕2週目にしては追込馬が多数台頭している印象。

連対率、複勝率を見るといずれもトップの先行馬が中心で良いとは思うのですが、逃げ馬や差し馬より、追込馬の方が連対率、複勝率で上回っている点は注目でしょうね。

枠順共々、開幕2週目のイメージは捨てた方が良さそうです。

府中牝馬ステークスの過去10年年齢別データ

最後に年齢別のデータを見てみます。

府中牝馬ステークスの過去10年年齢別データ
3歳 0-0-2-1
4歳 5-4-5-45
5歳 5-5-2-58
6歳 0-1-1-17
7歳 0-0-0-9
8上 0-0-0-1

4歳馬と5歳馬が中心。

ただ、これは、繁殖のため早めに引退するため高齢馬の出走が少ないこともあるだけにあまり有益なデータとは言えなそうですね。

19頭の出走がある6歳馬の成績も今一つではあるだけに、4歳馬、5歳馬が有利なのは確かでしょうが、有力な高齢馬が出走してきた場合、極端に割引く必要もないのではと思います。

府中牝馬ステークスの過去10年データまとめ

・単勝1番人気馬は過去10年1着なし。頭は4番人気以下で高配当狙い。
・開幕2週目でも外枠優勢。
・開幕2週目でも追込馬の台頭目立つ。
・年齢面はあまり気にしなくて良さそう。

繰り返しになりますが、開幕2週目という頭を切り替えないと痛い目に遭いそうなレースですね。

予想をする際は、他のレースと頭を切り替えた方が良いかもしれないですね!

府中牝馬ステークス2016有力馬展望

ここからはいつものように有力馬について見解していきます。

クイーンズリング

まずはクイーンズリング。

昨年は桜花賞4着、オークス9着、秋華賞2着、エリザベス女王杯8着。今年のヴィクトリアマイルは8着。

どんな条件でも大崩れなく走るのは立派ですが、G1となるとどうしてもワンパンチ足りない印象です。

ですが、重賞となると力量上位は明白。

ローズステークスは5着だったものの、フィリーズレビュー・京都牝馬ステークスが1着。3戦2勝立派な戦績です。

ポイントとなるのは、重賞勝ちはいずれも芝1400メートル戦だったということ。

秋華賞で2着しているよう、距離が全くこなせないということはありませんが、芝1800メートルでどこまでのパフォーマンスを発揮出来るのか、その見極めが重要となってくることでしょう。

シャルール

次いでシャルール。

クイーンズリングと同じ4歳馬ですが、こちらは昨年のクラシックへの出走はなし。実績で劣る部分があるのは否めません。

しかし、昨夏から9戦して8連対の成績は特筆もの。

ヴィクトリアマイルこそ崩れてしまいましたが、福島牝馬ステークス、クイーンステークスとも、1番人気を背負っての2着は評価に値するところ。

しかも両レースはいずれも、今回と同じ芝1800メートル。距離適性も文句なしです。

後は、その芝1800メートル戦で唯一崩れたスイートピーステークスの敗戦をどう評価するか。

本格化前なので無視していいのか、東京芝1800メートルへの適性が低いと見るのか。その見極めは重要でしょうね。

スマートレイアー

次いでスマートレイアー。

G1や重賞での数々の実績は説明不要ですよね。実績だけならこのメンバーでは文句なしに上位です。

当レースも昨年2着と適性面も問題なし。

6歳牝馬ということで能力の衰えが気になるところも、今年に入って重賞2連勝、過去2年人気を裏切っているヴィクトリアマイルでも今年は自身最高着順の4着とその心配はありません。

ポイントは休み明けでどの程度の仕上がりにあるか。

繁殖入りが視野に入る年齢を考えると、今秋がG1のラストチャンス。陣営としても、何とかG1タイトルを獲って繁殖入りさせたいはず。

当然、メイチ仕上げはここを使った次走以降。今回どこまで仕上げてくるのか、陣営の思惑に注目です。

マジックタイム

最後にマジックタイム。

昨年の秋からメキメキと力をつけ、7戦して馬券圏内6回。唯一馬券圏外となったヴィクトリアマイルも6着と好走しており、完全に本格化しました。

重賞でも、京都牝馬ステークス2着、ダービー卿CT1着、関屋記念3着と常に安定したパフォーマンス。ここでも力量上位は間違いありません。

後は、芝1800の距離がどうか。

デビュー戦で2着のある距離ですが、芝2000メートルのフローラステークスが1番人気6着、芝2400メートルのオークスが6番人気13着と、距離が延びれば延びるほど実績が劣るのは確かです。

本格化した今ならこの距離もこなせるのかどうかがポイントでしょうね。

府中牝馬ステークス2016注目馬

そんな府中牝馬ステークス2016ですが、連勝中のアスカビレン、昨年の3着馬で前走京成杯AH2着のカフェブリリアント、中山牝馬ステークスでルージュバックを負かしたシュンドルボン、芝1800メートルの重賞で何度も穴を開けているメイショウスザンナ、一昨年の2冠馬メイショウマンボと、少頭数ながら実力馬が多数出走しております。

この中で私が注目しているのは人気ブログランキング※馬名はリンク先のプロフィール欄で公開しています。

わたしが参考にしている競馬関係者のメルマガでも「ここメイチ勝負をしてくるらしい」と、勝負仕上げの裏がキッチリ獲れている状況。人気も手頃で、馬券的な狙い目としては絶好でしょうね。

昨年も同じようにメルマガ情報を参考に、11番人気の大穴馬ノボリディアーナを単穴として渾身推奨、3連単163,830円をお届けすることが出来ましたが、今年はそれ以上に自信あり!

府中牝馬ステークスの更に詳しいデータ、有力馬の更に詳しい見解、メイチ仕上げのあの馬など、詳しくは無料メルマガで更に掘り下げていきますので、興味ある人は是非メルマガ登録していって下さいね。ゆりでした。

府中牝馬ステークスの予想印や買い目情報は無料メールマガジンにて配信しています。配信希望の方は下記よりメールアドレスを送信して下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする