有馬記念2016予想|3連単1点で締めくくり!

塾長代理のゆりです。

今年もいよいよ有馬記念がやってきました。フルラインナップとはいかないものの、なかなか良いメンバーが揃いましたね。

古馬牡馬からキタサンブラック・ゴールドアクター。3歳牡馬代表でサトノダイヤモンドでまずは3強。いずれも良い枠順を引きましたから、自分の力は存分に発揮出来るでしょう。

伏兵にしても、古馬牡馬からサウンズオブアース・シュヴァルグランのジャパンカップ上位組。昨年と同じくステイヤーズステークスから参戦のアルバート。古馬牝馬からマリアライト・ミッキークイーン・デニムアンドルビー。骨っぽいメンバーとなりました。

サトノダイヤモンドを筆頭に、勝負付けが完全に済んだと思われるような組み合わせはないだけに、予想も盛り上がりそうですね!

下の画像をクリックした先からメールアドレス登録して無料予想も受け取って下さいね!

有馬記念【過去10年データ】

そんな有馬記念ですが、まずはデータ面から見ていきたいと思います!

有馬記念の過去10年単勝人気別データ

まずは単勝人気別データから見ていきます。

1番人気 5-2-1-2
2番人気 2-0-2-6
3番人気 0-0-1-9
4番人気 1-1-1-7
5番人気 0-2-0-8

今一つな成績となっている2番人気~5番人気馬に対し、勝率5割・連対率7割・複勝率8割の1番人気の成績が圧倒的!

有馬記念で1番人気となるのは、その年活躍して、今一番強いと多くの競馬ファンが思っている馬ということですからね。やはりそれなりに信頼性は高いということでしょう。

有馬記念の過去10年枠番別データ

次いで枠番別データを見ていきます。

1枠 1-2-0-14
2枠 2-1-1-13
3枠 2-2-1-13
4枠 1-3-2-14
5枠 1-1-2-15
6枠 1-0-2-17
7枠 1-0-2-17
8枠 1-1-0-18

大きな偏りはほぼ見られません。

さすがというかなんというか、有馬記念に出走してくるレベルの馬、そして騎手であれば、枠順が大きく影響するようなレベルではないということですね。大きく気にする必要はないと言って良いでしょう。

有馬記念の過去10年脚質別データ

脚質別データについても見ていきます。

逃げ 1-0-1-9
先行 5-4-4-30
差し 3-5-3-44
追込 1-1-2-37

追込馬にはやや苦しいデータとなっていますが、それ以外はどの脚質も大きな差はありませんね。

枠順同様、有馬記念に出走してくるような馬はそれまでその脚質で結果を残し続けてきた訳ですから、自分の競馬を出来れば脚質はそう関係ないということでしょうね。

成績が今一つの追込馬についても、それは同じ。数字が今一つなのは力量不足な馬の出走が影響しているだけで、実力上位の追込馬であれば、脚質を大きく気にする必要はないでしょう。

有馬記念の過去10年年齢別データ

最後に年齢別データを見ていきます。

3歳 3-3-2-27
4歳 4-4-2-28
5歳 3-2-3-35
6歳 0-0-1-18
7歳 0-1-1-10
8上 0-0-1-3

3歳馬から5歳馬中心。

本当に強い馬は牡馬であっても5歳で引退することが多いですから、6歳以上の馬の成績が今一つというのは納得いく結果ですね。

過去10年データまとめ

・人気面は、1番人気が圧倒的優勢。高評価必要。
・枠順面は、特に気にする必要なし。
・脚質面は、特に気にする必要なし。
・年齢面は、3歳馬~5歳馬が中心。

有馬記念【有力馬分析】

それではここから、有馬記念に出走する有力馬について見解していきましょう。とりあげるのは、キタサンブラック・ゴールドアクター・サトノダイヤモンドの3頭です。

キタサンブラックの評価

まずは1番人気が予測されるキタサンブラックについて。

ご存知の通り、有馬記念というのは、普段馬券を買わない人も可能性がある数少ないレースですから、武豊×北島三郎ブランドのキタサンブラックは、本来の実力以上に人気しそうですね。

そういう意味では穴党のわたしとしては全く旨みがない馬ではあるのですが・・・

さすがにここは高評価しなくてはいけないのかなという気持ちが強いです。

今年に入って完全本格化したキタサンブラックですが、この前のジャパンカップでいよいよ完成したと言って良い競馬っぷり。

武豊騎手とはまさに人馬一体といった感じで、これといった大きな欠点も見当たりません。

先に挙げたように有馬記念は1番人気が強いレースですし、少なくとも対抗以上の評価は必要でしょうね。

ゴールドアクターの評価

そのキタサンブラックに昨年の有馬記念で先着し優勝したのがゴールドアクター。

ジャパンカップは4着に惜敗してしまいましたが、元々が左回りより右回りの方が言われていた馬。

キタサンブラックが自身のリズムで完璧なレースをし、それに付き合わされる形になってしまったことを考えると悲観するような内容ではなかったでしょう。

今度は昨年優勝した舞台、逆転を期待している人も多いかと思います。

実際その確率はどうなのかというと・・・

知る人ぞ知るあのメルマガを読んだ人はもう知っていると思いますが、とんでもない話がこの前入ってきましたよね?

3強の中で最も評価が難しいと思っていましたが、あの話を読んで「ゴールドアクター●●で決定!」と今は自信を持っていうことが出来ます。

その辺、詳しくはメールマガジンで解説しますので、興味ある人は最後に是非登録していって下さいね!

サトノダイヤモンドの評価

最後に、3歳代表サトノダイヤモンド。

このブログでも度々そのフレーズを使ってきましたが、今年の3歳牡馬世代は、近年最強世代と言われてきました。

皐月賞以降特に注目を集めてきたのが、ディーマジェスティ・マカヒキ・サトノダイヤモンドの3頭。この3頭を3強と呼ぶ声も多く聞かれました。

しかし、その一角であるマカヒキが凱旋門賞で惨敗。ディーマジェスティもジャパンカップで惨敗。「実はこの世代、大したことないんじゃないか?」という声も囁かれ始めました。

そこにきてのサトノダイヤモンド登場。

「ディーマジェスティやマカヒキがあの結果。サトノダイヤモンドもたかが知れてる」
「いや、サトノダイヤモンドだけは違う」

色んな意見が聞かれるようになりました。

皆さんはどちら派ですか?また、その意見に自信はありますか?

はっきり言って、わたしたち養成所は、サトノダイヤモンドの能力分析に絶対の自信を持っています。

3強の中で最も評価が難しいと思っていたのがゴールドアクターなら、3強の中でその評価に最も自信があるのがサトノダイヤモンドです。

このサトノダイヤモンドについては、デビュー戦から菊花賞まで、その着順を一つも間違えず完璧に的中し続けた当養成所が抱えるサトノダイヤモンドマイスターがメルマガで徹底解説。

必ずお役に立てるという自負がありますので、是非1人でも多くの人にこのメルマガを読んでいただきたいです。

驚きを隠せなかったゴールドアクター絡みの裏話。そして、マイスターによるサトノダイヤモンド評。

グランプリ有馬記念ということで、日曜朝まで配信する今週のメールマガジン、いつも以上に気合い入れてお届けします!

そして気になる買い目は、1年の締め括り。3連単1点でいく予定です!

養成所の威信をかけて、ここは3連単1点で全力で当てにいく。皆様に最高のクリスマスプレゼントをお届け出来るよう精一杯努めさせていただきます。

是非、下記メールフォームよりメールアドレス登録していってください。